空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年12月8日  授業風景

卒制最終審査が行われました

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

以前の更新からあっという間に1ヶ月が過ぎようとしていました、、

これからは週1更新を目標に、授業のことや、ちょっとしたことまで更新できるように頑張ります。

 

コロナ禍でも元気な学生たちの日常を発信していきますね!

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

さて、今回は卒制の【 最終判定審査 】について写真でのレポートです。

 

 

“最終”ということなので、今回の審査発表で “ 卒業判定 ” がなされます。

みんな前日ギリギリまで準備に追われいている様子でしたが、当日も緊張感が感じられました。

 

 

写真と共に紹介です。

 

 

 

 

7日を空間デザインコース、8日をファッションデザインコースと分かれて実施。

 

今回は学科審査となりますので、両コースの先生全員が審査員です。

 

 

_DSC0047

_DSC0052

_DSC0054 _DSC0056 _DSC0058 _DSC0063 _DSC0066

審査といえ、時には和やかなムードも◯

 

_DSC0073 _DSC0077

ベランダつきの学科教室があります!

天気もよくて一安心。

 

_DSC0079 _DSC0084 _DSC0087

 

 

ファッションデザインコース!

 

 

_DSC0091 _DSC0098

ファッション作品の構造を実際に見せながら説明します。

 

_DSC0099 _DSC0102 _DSC0104

コンセプトなどを説明したボードも使いながら発表。

 

はじめて見る人が作者なしでも理解できるようにまとめることが重要ですね。

 

_DSC0107

 

 

今年の卒展会期は2月6日(土)から。

そう考えるとなかなか時間もなくなってきました。

 

 

明日には今回の審査を受けての判定結果の発表がありますが、

それからもブラッシュアップを重ね、展示に向けて制作していきます。

 

 

作品を詳しく説明したい気持ちもありますが、卒展本番を期待していてください!

 

あとはコロナの感染拡大が今以上に酷くならないことを祈ります、、

 

 

 

 

 

 

 

 

卒展まで約2ヶ月。

 

卒業まではあと3ヶ月です。

4回生の制作風景が見れるのもあとわずか。

 

少し寂しい感じもしますが、みんなには最後まで頑張ってもらいたいですね。

 

 

 

 

 

▼審査1、2週間前の4回生たち

_DSC0002 _DSC0004 _DSC0005 _DSC0006

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年11月13日  授業風景

1回生 _ デザイン表現基礎A

こんにちは、空デ研究室の近持です!

 

今年もこのデザイン表現基礎Aのご紹介です!

(「A」は空間デザインコースの授業にあたります。)

 

 

 

 

毎年こちらの授業では、週ごとに取り組む素材や課題が変わっていき、

短いスパンで”実験”のように、素材研究やデザインの基礎、モノの捉え方の応用などを行っています。

 

去年も隔週ごとに制作物が移り変わりつつも、学生らは面白くもクオリティの高い作品を仕上げています。

 

 

 

今年は近日制作された「パスタ」と「ねんど」を紹介◯

 

 

 

 

 

////////////////////////////////

 

 

 

「   パスタ   」

 

 

パスタを使って、プロダクトをつくってみる!

 

グルーガンを使用しつつ、2週にわたり制作。

 

 

昨年も身につけるアイテムが多かったですが、

今年もなかなかの完成度の高い作品が揃いました!

 

 

 

 

 

 

▼クラゲ

手にとまっているクラゲだそうです。確かに、、。

足の揺れている感じがうまく表現できていますよね。

徳田

 

▼華冠

大きさが違うデザインが動きがあって素敵ですよね。

パスタの色味が華やかさを増している気もします。

松川

 

▼ネクタイ&腕時計

見てください。腕時計のクオリティ!(きちんと留め具までつくってました)

ポージングも決まってます!

平井②

▼パンプス

大きなリボンがあしらわれたフラットなパンプス。

構造の作りもポイントを抑えていていいデザインですよね。(きちんと足にハマってます)

千葉

 

 

 

 

合評日の授業終了後、1回生の学生らから撮影のお願いをされて教室に行きました。

 

すると制作したパスタ作品を崩すところも撮影していて、

ただ捨てるだけでなく、破壊する行為もアーカイブに残すあたりが素敵に思いました!

 

(接着剤を食用のもので代用できれば、美味しくいただくこともできるかもしれませんね)

 

 

▼ その動画を学生よりもらったので、紹介しておきます〜〜

 

 

 

 

 

 

さて、次は「   ねんど   」

 

 

 

 

 

身の回りに” モデル “を見つけ選択。

 

その” モデル “とそっくりに紙粘土でコピーを制作しました!

 

 

 

 

どちらが” 本物 “でしょう!

 

 

 

23_浜嶋咲良

13_徳田帆夏

12_千葉涼花

24_濱田綾

06_植田遥菜

 

 

 

コピー能力の高さにも驚きましたが、

これが紙粘土でできていると思わせない細やかな手作業にも拍手です!

 

 

 

以上、1回生の作品紹介でした!

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年11月10日  授業風景

卒制審査!

 

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

今回は、4回生の卒業制作審査の実施をご報告します!

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

後期での卒制審査も残り1回となりました。

 

早いもので、来月が最終審査となり、卒業の合否をかけた制作審査です!

 

今回の『 卒制設置審査(進捗審査) 』は最終調整に向けた、先生への進捗報告のようなもの。

皆さんのこれまでの頑張りを先生方はチェックされていきます。

 

 

 

 

▼作品を前にして先生方へプレゼン

 

_DSC0008

_DSC0011

_DSC0014

_DSC0021

 

これまでの制作の背景や過程、制作物などをメインにプレゼンを行ってきましたが、

 

今回の設置審査は、上記はもちろん、本番展示に向けてのプランなども審査!

実際の什器のモデルを作成したり、模型やプラン図も用意している学生たち!

 

 

 

 

 

まだまだ完成とは言えないみんなでしたが、これから来月の審査までに毎年飛躍する人ばかりなので楽しみです!

 

 

 

ファッションコースは、先生方がひたすら作品を前にチェック。

 

キャプションや作品説明が乏しく、伝わりにくいと指摘される人が多数、、、、

来月に期待です!!

 

 

_DSC0004 2

_DSC0002 2

 

 

 

ファッションコースは衣服を制作する人が多いですが、ただの衣服作成で止まらず、

その作品のコンセプトやテーマ背景が魅力的なので、他者へ伝える努力やツールが重要となります。

 

審査を通過することも大事ですが、

本展示となった際に、作品を初めて見る来場者の方にも伝わるように、みんなには頑張ってほしいですね。

 

 

 

 

ジュエリー専攻の学生も、細やかな作業が必要になってきますが、

クオリティ意地や向上のためにも、あと1ヶ月間が勝負となりそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

前期の審査では、テーマが定まらない人や、制作の着地点が不安定な人も見受けられましたが、

さすが4回生。ここに来てぐっと魅力的な作品を仕上げてきています。。

 

 

審査に通過 = 卒業認定 でもあるので、最後までしっかり頑張ってほしいですね!!

 

 

 

 

 

 

 

来月の『 卒業判定審査 』も報告します!お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年10月6日  授業風景

卒制審査!

 

 

お久しぶりの更新となってしまいました、空デ研究室です!

 

後期も始まり、ウィズコロナでの開講にも少しずつ慣れてきました。

今回は、そんな中での卒制審査の様子を紹介です!

 

 

 

 

これまでにも、ブログでは例年 卒制審査について紹介していますが、

新型コロナウイルスにより、これまでの審査はZoomを使用してのオンライン開催でした。

 

先日の10月3日では、今年度はじめてとなる対面での開催となり、

教職員で感染防止のため会場準備など行い、体調不良者も出ることなく無事に終了することができました!

 

 

 

 

発表者は同じ教室でプレゼンでしたが、

発表者でないコースはゼミ室より遠隔参加の対応にしましたので、Zoomが活躍しています。

 

マスク着用でも、大きな発声では飛沫が飛びますので感染リスクも上がります。

 

開始冒頭は会場との連携確認やマイクテストなどでざわつきましたが、

うまくいろんなツールを使い、安全確実に実施できました!

 

 

 

 

▼教室入り口には手指消毒と、空間除菌のための噴霧器を設置

_DSC0162

 

 

今回の審査は「中間審査」でしたので、午前をファッションコース、午後を空間デザインコースという日程で発表。

所属コースと、そうでないコース両方の参加が必須ですので、今回は終日授業ということです!

 

 

 

 

▼教室内には大・小の噴霧器を計5個設置しました。

もちろん全ての開放部を開け、換気にも配慮しています。

_DSC0165

 

 

 

 

 

前期での審査を通過し、4回生それぞれ自分の作品をブラッシュアップさせ続けているみんなですが、

今回の審査では進捗と合わせ、さらなる進歩を計画している人ばかりです。

 

後期の審査は、残すこと2回。

卒業判定審査は12月に控えていますので、スケジュール管理が必須ですね、、!

 

 

 

▼Zoomを使いつつ、プレゼン者は前に出て発表。

先生方からコメントをいただいていきます。

_DSC0160 _DSC0166

 

 

 

 

 

 

 

 

空間演出デザイン学科の卒業制作は、第3者からの評価や、制作目的が他者にあることが重要とされています。

 

誰かのため、何かのため。

この4年間で学んだことを生かし、人または社会のためのデザインを考える。

 

 

 

自分1人でできる制作はありませんが、このコロナ禍において、みんなの最終着地点がとても楽しみになるプレゼン内容ではありました。

 

 

ここからさらなる猛スピードで、頑張ってもらいたいです!

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年8月28日  授業風景

合評風景 – guest : studio note 寺山紀彦 氏 –

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

今週で前期授業も最終となり、全学年で最終合評が行われています!

 

今回は、空間デザインコース3回生の合評風景を紹介します◯

 

 

 

//////////////////////////////////

 

 

 

『 空間デザイン演習Ⅲ 』

 

担当は昨年同様、吉行良平先生です

 

▶︎▶︎ 吉行先生:吉行良平と仕事

 

 

日常のふつうと呼ばれる状況を、多様なあるいは微細な視点から観察し、そこでのもののあり方や人の行為から、既存の意味に限定されない新たな意味が見出されることを理解する。

それをもとにデザインを起こしていくことで、これまで気づかれてこなかった新たなものの存在が見いだせることを学んでもらいたい。

 

そして、そこから形成されるプロダクトは、人の行為を誘発し、新たな意味を生成するものであり、日常を豊かにしながら、社会の中で新たに機能するデザインとなっていく。

 

という授業目的の中、学生らはいろんな実験課題を通して、

今回の対象を選び出し、分析や実験を繰り返してきました。

 

 

 

今回の最終合評は、そういった過程を得て完成したもの・または現在状況(進行形)をプレゼンしていました!

 

 

 

ゲストも昨年同様、studio noteの寺山紀彦さんです!

 

▶︎▶︎ 昨年の授業風景  check!

 

 

 

作品を一部紹介

 

 

サイフォンコーヒーのかたちに着目したところから、形状を分析していきます

2

ペレットと呼ばれるプラスチック粒子を使って形成作業の繰り返し

3

この学生さんは現在の着地点として「花瓶」としていましたが、

吉行先生と寺山さんは、あえてモノに着地せずにもっと作ることを繰り返してもいいかも、

かたちに興味があったなら、このまま続けたら新しいナニカを発見できるかも と、、、

 

現在の成果物にもコメントを出しつつも、モノつくりの思考を終わらせないという考え方がお二人らしく、新鮮に感じました

 

 

なにか着地点を設けることは大事だけど、続ける・突き詰めるという考えもモノ作りには大切ですね!

 

 

 

 

 

 

こちらは縄ないに興味をもち、鴨川沿いの雑草から縄ない制作の実験

(縄ない:ねじりをかけた2本のワラ束を巻き合わせて1本の紐にすること)4

 

ワラ以外にも縄ないに最適な草はあるのかどうか

 

日常にある草から縄を作ることができれば、非常時の際にも生きる術として活用できる!

 

とっても空デらしい考えの制作結果です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業内で吉行先生がおっしゃっていましたが、

 

できていないことをネガティブに捉えず、

先の可能性を考えて、とにかく作り上げていく

 

そういった行為が大切だとおっしゃっていて、はっとしました。

 

 

 

合評など多いと、課題が重なって思い通りに課題が完成できず、マイナスに捉える人が少なくありません。

 

完成できたら一番いいのかもしれないですが、

 

時には「完成している」ということよりも「今後をどう見ているか」

 

そういった考えの方が重要になる場面もあるかと思いますね!

 

 

 

作り続けると、どこかで新しい視野が開けて、さらにおもしろい試みを発見することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合評終了後には、寺山さんより講評いただき、上位優秀者には作品プレゼントが!

 

寺山さんがデザインされたプロダクト作品を贈っていただきました!!

 

 

▼awa glass

 

砂時計のガラスの中に、シャボン玉溶液を閉じ込めた、泡との時間を楽しむ泡時計。

泡がつくられる時の音がとっても気になります、、

 

 

スクリーンショット 2020-08-28 11.36.22

 

 

 

▼ 花定規( f,l,o,w,e,r,s )

 

野原に寝転んだら、等間隔に並んだ花で身長が計れる、という発想から生まれた1cm感覚で並んだ花定規

 

発想がとってもロマンがあって素敵ですよね、

サイトでもご覧になれますが、定規の側面から見ても素敵な表情のアイテムです。

 

スクリーンショット 2020-08-28 11.36.05

 

 

 

掲載元:studio note

 

 

 

 

めでたく選抜された学生らも喜んでいました、、、

 

学生らへの授与は後期になりますが、とっても羨ましいプレゼントです。

 

皆さんの頑張りですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次回も合評風景や最終課題作品を紹介できたらと思います!

 

お楽しみに!!

 

 

1 2 3 16

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。