空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年7月4日  授業風景

【1回生】授業風景_ZINE

 

こんにちは、空デ研究室です。

 

ジメジメした天気が続いていますが、

もう早くも前期授業が終わりに近づきつつあります。

 

それぞれの授業、中間プレゼンも増えてきました。

 

今回は1回生のプレゼンの様子をお伝えします。

 

 

   /////////////////////////////

 

 

以前にもお伝えした1回生前期授業の「ラーニングリテラシー」

 

前半はオリエンテーションを交えた授業でしたが、

後半は先生も変わり、ZINEの授業になります。

 

 

■ ZINE ■

ZINE(ジン)とは、個人の趣味でつくる雑誌

雑誌規定の概念にとらわれることなく、個人が自由に発信するためのmagazine

 

かたちやサイズも自由で、最近はカルチャー誌でもよく見かけますし、

オシャレなデザインのものが多いように思います。

 

 

 

第一課題のZINEは、「おいしいZINE」です。

 

みんなテーマに基づき、いろんな「おいしいZINE」を制作しました。

 

第一課題なので、統一のためA3サイズの紙を指定サイズとし、

折り方もみんな同じで制作しました。

 

_DSC0026

机に並べ、みんなで見て回ります

_DSC0020_DSC0030

▼2回生の先輩も見に来ていました。今だったらどんなZINEをつくってくれますかね ^^

_DSC0018

 

みんなそれぞれ自由に見て回った後は、投票タイムです!

_DSC0037

 

名前を書いた付箋を、気に入ったZINEの机に貼っていきます

今回の選択基準は

 

・好きなZINE

・家にほしいZINE

 

 

_DSC0039_DSC0040_DSC0053

悩みながら付箋を貼っていきます

 

_DSC0051_DSC0068

カラフルな付箋のおかげもあり、

貼られた光景はとても華やかでワクワクします

 

いざ、票数の集計です!

 

_DSC0077_DSC0070

 

何票獲得したか先生が聞いていきます

実際に数字になって分かると おおっ という声も上がりました

 

毎年票数のバランスは変わるのですが、今年は飛び抜けて高い票数がでましたね

 

 

_DSC0083

_DSC0100

 

▼36票獲得した学生のおいしいZINE

名画にコラージュを施し、センスある題名がつけられています

 

キャッチーさとかわいいがちょうど良いバランスで素敵でした

 

_DSC0090

_DSC0089

▼こちらも票数の高い作品でした

色鮮やかな着色が目を惹きます〜〜〜

 

_DSC0092

 

最後は作者のコメントを発表

 

_DSC0093

 

先生からも講評をもらいます

_DSC0099_DSC0101

 

最終課題のZINEテーマは「編む:手帳 ZINE」

 

サイズなどのかたちや、使用する素材も自由になります!

 

入学して早4ヶ月、1回生の学びの成長も早く、どんどんいい作品ができています。

今回のを受け、みんなが次回どんなZINEをつくるかとっても楽しみです!

 

 

_DSC0085

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年6月18日  授業風景

【授業風景】総合デザイン演習『糸』_ 3回生

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

梅雨入りしたとのことですが、

なんだか涼しい日が続いていますね。

 

新校舎も着々と完成へ近づいてきていて、

研究室からの景色が日ごとに変わるので楽しいです ^ ^

 

IMG_0753

 

 

さて、今回は【総合デザイン演習】という授業風景を紹介します!

 

 

■ 総合デザイン演習 ■

 

テーマ:Strings(糸)お研究から展開するデザイン

 

この授業はハレ・ブルグ・ギービヒェンシュタイン美術学校との共同研究・制作プロジェクトとなる。

よって両校の学生が行き来し、共同で研究を行う。

 

パリコレクションで発表された最新デザインが2日後にはコピーされ、偽物が販売されるような時代には、

「最新」の価値は低下し、さらに数ヶ月後にはまた「最新」が出て価値がなくなる。

これは何もファッションに限ったことではない。

このような、めまぐるしい速度で変化する時代において、「変わらないこと」「古くあり続けること」によって

世界でも有名なブランド都市となった京都の秘密を自分の体で調査し、感じて、自身のデザインエッセンスとして取り込む。

この授業ではHalle美大の学生とペアになり、西陣や花背において広い意味での「糸」を研究し、イノベーティブな制作に取り組む。

 

 

 /////////////////////////////////////////

 

 

3回生が対象で、選考を通った学生が受講できます

 

 

また、夏期集中授業でもあるこの授業は変則的な日程で行われており、

先月にはさっそくHalle美大の学生さんとペアになり、取り組み・制作をした『糸』のプレゼンがありました

 

DSC_0097

 

チームで西陣に赴き、フィールドワークや地域の人にインタビューをして、

生活とものづくりの繋がりのリサーチ結果をもとに、作品にしていきます

 

空デの学生が日本語で、Halleの学生が英語で発表していきます

(Halleの先生が通訳もしてくださってました)

 

DSC_0001DSC_0008DSC_0012DSC_0098

空デの先生とHalle美大の先生、

そして学生みんなの真剣な空気感に、撮影係の副手が緊張してしまいました、、、笑

 

DSC_0047

 

 

DSC_0027

英語のわかる子は自分で英語で答えたりしていましたね

英語がささっと話せるのは素晴らしいです、、!

 

DSC_0037

▲西陣で入手した糸たち

みんなにプレゼントとして持って帰ってきてくれました

 

DSC_0040 DSC_0043

DSC_0057DSC_0068

ジェスチャーも交えつつどんどん発表!

 

DSC_0073DSC_0092DSC_0096

 

中央のテーブルにはそれぞれチームの作品を並べていきます

「糸」というテーマから、いろんなかたちのモノができていくのが空デの特徴ですね

 

言葉が通じずとも、コミュニーケーション能力を用いて制作していきます

 

今回はドイツよりHalleの学生さんが来てくれましたが、

10月あたりに空デの学生もドイツへ向かいます!  

ぜひとも外国でいろんなものを吸収してきてほしいですね

 

 

次回は京都・花背にてフィールドワークを実施し、

藁細工について勉強します

 

伝統的な技法や文化を知り、イノベーティブな作品創りへ繋げてもらいたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年5月28日  授業風景

【授業風景】1回生

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

最近は急に暑くなったりで着るものも悩みがちですが

空デの学生はオシャレな子が多く、

毎日のコーディネートも楽しみだったりしています、、、笑

 

/////////////////////////////

 

 

さて、今回の授業風景は、入学して1ヶ月が経ち、

だんだんと自分たちの個性が出始めている1回生を紹介します

 

 

1回生ではコース合同の授業が2種類あり、その内のひとつが【ラーニングリテラシー】という授業です

実際のシラバスから抜粋しますと、、

 

  ———–

大学で学ぶとは、どういうことだろう。
これまでの教科単位での学びとは違い、専門性を深く学んでいくことが大学の学びの中心となります。
しかし、いきなり専門的なことだけを与えられても、吸収できる状態にあるかどうかわかりません。

ここでは、どうすれば学びをきちんと受容し、それを次に生かしていくことができるのかを皆で考えていく時間とします。
入学前プログラムから続く、大学の学びへの接続授業です。

話すことや聞くことといった当たり前のコミュニケーションや、伝えるというプレゼンテーションなどを重視しながら、

学ぶとは、学んだとは、ということを学修していきます。

  ———————–

 

オリエンテーションやワークショップを通して

他者とのコミュニケーションを築き、自分たちの視点を見つけ出す授業になります

 

 

DSC_0058

この授業を通じて、1回生たちは仲を深めていけますよ

 

そして1回生にとって初めてのグループプレゼンが行われました

名画から自分たちで分析したことを、一枚の模造紙にデザインして発表します

 

DSC_0019

まずはチームに分かれてミーティング

DSC_0011DSC_0035DSC_0042DSC_0041

DSC_0055

DSC_0006

先生とも相談しながら、楽しげに進めていました

DSC_0048

DSC_0009

 

1週目をミーティングの時間とし、2週目にプレゼン!!

一部をご紹介です

 

 

DSC_0002

DSC_0003

プレゼンでもチームによって模造紙の使い方に工夫が見られ、

質問を投げかける発表方式などチームの色がでていて良かったです

DSC_0019 (1) 

発表するたびに先生より講評をいただきます

 

みんなの新しい視点で読み解かれた名画の分析や

そこから生み出されたストーリーは聞いていてとても楽しいものでした

 

DSC_0023 DSC_0025

 

ラーニングリテラシーは研修旅行を間に挟み、

前半後半とカリキュラムが分かれ、今週より新しい授業内容となります

 

またおもしろい作品たちを紹介できるかと思いますが、

次回はその研修旅行のレポートをしようと思います♩

  • LINEで送る

2019年5月16日  授業風景

【授業風景】木工制作①

 

こんにちは

空デ研究室です!

 

今回は授業風景について紹介しようと思います!

 

////////////////////////////////////////////////////////

 

空間デザインコース2回生の前期木曜日では、

カリキュラムの中に木工制作があり、

ウルトラファクトリーの木工室を使用します!

 

写真は2講時目の様子です

 

DSC_0175

 

例年カトラリーや椅子などを制作し、

京都市内で開催されているマルシェに出店、販売を行っています。

 

ひとつひとつ、手作業で取り組んでいきます

 

DSC_0174

DSC_0149

DSC_0154

■ ベビースプーンなどのちっちゃいものも作ります

 

DSC_0153

DSC_0163

DSC_0165

 

木曜日の1講時から4講時を使っての制作になるので

しっかりと木工技術を身につけることができ、

ウルトラファクトリーの木工ライセンスも取得できます!!

 

DSC_0161

■大きな機械を使って木材のカッティング / しっかりと先生の指導のもと行います

 

 

DSC_0171

油断すると大怪我につながる機械たち、、、、

初回授業では彫刻刀でも怪我が多発します!

 

DSC_0155

それでもお喋りしながら、楽しげに制作に取り組む学生が多いので、

制作物もいいものが完成する予感です!

 

DSC_0176

DSC_0166

 

また次のステップに進んだ頃に、レポートしようと思います!

 

次回もお楽しみに〜〜〜〜

 

 

////////////////////////////////////

 

マルシェ出店の予定が分かりましたら、こちらでお知らせします♩

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年4月25日  授業風景

【ファッションデザインコース1回生】ミシン講習のようす

 

 

 

 

 

こんにちは。

4月もあっというまに下旬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログでは、

ファッションデザインコース1回生の授業で

行われたミシン講習の様子をお届けします。

 

 

ファッションを学び、

制作していく上で欠かせない”ミシン”!

 

講習を通じてミシンの使い方を基礎から学んでいきます。

 

 

 

ミシン講習は毎年ファッションの1回生を対象に開いており、

この時期になると改めてミシンの凄さにしみじみする副手であります。

ミシンを考えた人は天才ですね。すごいマシーンです!

 

 

 

 

 

 

今回使用するミシンは

直線ミシンとロックミシンの2種類。

 

ロックミシンチームと直線ミシンチームの

二手に分かれて講習を受けます!

 

山一ミシンさま、baby lockさまにお越しいただき、

ミシンの使い方を教わります。

 

 

 

▽こちらは直線ミシンチーム。

学科のミシン室には工業用ミシンがずらっと並んでいます。

DSC_0054

DSC_0055やさしく丁寧に教えてくださいます*

 

 

 

 

 

 

 

▽続きまして、ロックミシンチーム。

DSC_0069 DSC_0068 DSC_0064

DSC_0062

どの糸がどの部分を縫っているのか、

仕上がりを見て分かりやすいよう、糸の色を変えています。

 

 

 

 

 

 

 

最初は針を折ってしまったり、糸を通す向きに混乱しますが

慣れていけばサラッと使いこなせるようになるはずです!

 

凄腕のミシン使いになれるよう、練習を積んで

腕を磨いていって欲しいなと思います***

 

 

 

1回生の最初の課題はオープンカラーシャツの制作です。

今回学んだことを忘れずに、課題に活かしていってくださいね。

応援しています!

 

 

 

 

 

 

また、今週末の4/29(日・祝)は

春のオープンキャンパスです。

(↑詳細はこちらから◎)

 

空間演出デザイン学科のブースは

人間館1回オーブの入り口付近です。

(白い屋根のテントが目印です!)

 

学科一同、お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

●●●●●●●●

 アボカド日記

●●●●●●●●

 

 

新入りの子がやってきました! 笑

 

右側の葉っぱは前々回のブログでも紹介した

たくましく成長中のアボカドちゃんです。

 

IMG_2786

 

 

IMG_2787

成長がたのしみです!

 

 

 

 

アボカド以外にも空D研究室には植物がたくさんあります。

IMG_2782 IMG_2783

 

今年はサボテンにお花は咲くのでしょうか?

ひそかにたのしみしています。

 

 

 

 

 

 

1 2 3 10

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。