空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年8月28日  授業風景

合評風景 – guest : studio note 寺山紀彦 氏 –

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

今週で前期授業も最終となり、全学年で最終合評が行われています!

 

今回は、空間デザインコース3回生の合評風景を紹介します◯

 

 

 

//////////////////////////////////

 

 

 

『 空間デザイン演習Ⅲ 』

 

担当は昨年同様、吉行良平先生です

 

▶︎▶︎ 吉行先生:吉行良平と仕事

 

 

日常のふつうと呼ばれる状況を、多様なあるいは微細な視点から観察し、そこでのもののあり方や人の行為から、既存の意味に限定されない新たな意味が見出されることを理解する。

それをもとにデザインを起こしていくことで、これまで気づかれてこなかった新たなものの存在が見いだせることを学んでもらいたい。

 

そして、そこから形成されるプロダクトは、人の行為を誘発し、新たな意味を生成するものであり、日常を豊かにしながら、社会の中で新たに機能するデザインとなっていく。

 

という授業目的の中、学生らはいろんな実験課題を通して、

今回の対象を選び出し、分析や実験を繰り返してきました。

 

 

 

今回の最終合評は、そういった過程を得て完成したもの・または現在状況(進行形)をプレゼンしていました!

 

 

 

ゲストも昨年同様、studio noteの寺山紀彦さんです!

 

▶︎▶︎ 昨年の授業風景  check!

 

 

 

作品を一部紹介

 

 

サイフォンコーヒーのかたちに着目したところから、形状を分析していきます

2

ペレットと呼ばれるプラスチック粒子を使って形成作業の繰り返し

3

この学生さんは現在の着地点として「花瓶」としていましたが、

吉行先生と寺山さんは、あえてモノに着地せずにもっと作ることを繰り返してもいいかも、

かたちに興味があったなら、このまま続けたら新しいナニカを発見できるかも と、、、

 

現在の成果物にもコメントを出しつつも、モノつくりの思考を終わらせないという考え方がお二人らしく、新鮮に感じました

 

 

なにか着地点を設けることは大事だけど、続ける・突き詰めるという考えもモノ作りには大切ですね!

 

 

 

 

 

 

こちらは縄ないに興味をもち、鴨川沿いの雑草から縄ない制作の実験

(縄ない:ねじりをかけた2本のワラ束を巻き合わせて1本の紐にすること)4

 

ワラ以外にも縄ないに最適な草はあるのかどうか

 

日常にある草から縄を作ることができれば、非常時の際にも生きる術として活用できる!

 

とっても空デらしい考えの制作結果です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業内で吉行先生がおっしゃっていましたが、

 

できていないことをネガティブに捉えず、

先の可能性を考えて、とにかく作り上げていく

 

そういった行為が大切だとおっしゃっていて、はっとしました。

 

 

 

合評など多いと、課題が重なって思い通りに課題が完成できず、マイナスに捉える人が少なくありません。

 

完成できたら一番いいのかもしれないですが、

 

時には「完成している」ということよりも「今後をどう見ているか」

 

そういった考えの方が重要になる場面もあるかと思いますね!

 

 

 

作り続けると、どこかで新しい視野が開けて、さらにおもしろい試みを発見することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合評終了後には、寺山さんより講評いただき、上位優秀者には作品プレゼントが!

 

寺山さんがデザインされたプロダクト作品を贈っていただきました!!

 

 

▼awa glass

 

砂時計のガラスの中に、シャボン玉溶液を閉じ込めた、泡との時間を楽しむ泡時計。

泡がつくられる時の音がとっても気になります、、

 

 

スクリーンショット 2020-08-28 11.36.22

 

 

 

▼ 花定規( f,l,o,w,e,r,s )

 

野原に寝転んだら、等間隔に並んだ花で身長が計れる、という発想から生まれた1cm感覚で並んだ花定規

 

発想がとってもロマンがあって素敵ですよね、

サイトでもご覧になれますが、定規の側面から見ても素敵な表情のアイテムです。

 

スクリーンショット 2020-08-28 11.36.05

 

 

 

掲載元:studio note

 

 

 

 

めでたく選抜された学生らも喜んでいました、、、

 

学生らへの授与は後期になりますが、とっても羨ましいプレゼントです。

 

皆さんの頑張りですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次回も合評風景や最終課題作品を紹介できたらと思います!

 

お楽しみに!!

 

 

  • LINEで送る

2020年8月21日  授業風景

3回生 / 亀岡ゼミの制作物紹介☆

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

 

前期授業も残り1週間となりました!

5月より遅れながら始まり、あっという間な前期でした。。。。

 

今週より各授業では合評や最終課題ウィークへと突入し、学生みんなの忙しさも拍車がかかっています!

 

 

 

今回は、前回も紹介しました3回生選択ゼミ「亀岡ゼミ」の紹介です◯

 

 

 //////////////////////////////////////////

 

 

今年度の制作物は、、、、

スクリーンショット 2020-08-21 12.37.32

 

 

こちら!

 

 

 

 

『  kame hako  』

 

 

 

 

学生たちが亀岡のよさを調査・発見し、

まだ知られていない場所やモノを詰め込んだギフトボックスをプロデュースしました!

 

 

パッケージやロゴ、内容物のデザインなど全て学生らで考案!

 

 

キャッチーな見た目も素敵ですね。。

 

ギフトを包む風呂敷も学生らがデザイン・制作しました!

 

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.37.40

透け感ある素材が、今の季節にもぴったりですね。

 

ちょっとしたお土産を渡しに行く際のお包みにも使ってもらえますし、

エコバッグが必須になっている現在、普段遣いにも活躍しそうですね!!!

 

 

 

 

気になる柄ですが、、、

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.38.04

 

 

” kame hako “のロゴにも使用されている、若竹を用いての柄になっています。

 

 

品を感じる柄ですよね。

 

 

 

 

 

気になるボックスの中はこちら!

 

 

・亀岡のお野菜(レシピ付き)

 

・そば打ちセット

 

・霧の写真集

 

・霧スクラッチ

 

 

 

 

 

そば打ちセットはなんと綿棒もセットになっています。

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.38.40

「そばこ」「うちこ」の文字も学生が制作

いい雰囲気ですね!

 

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.38.24

▲美味しいお蕎麦になりますよ!

 

 

 

 

 

 

こちらの” kame hako “は、先着20名の方へ販売発送。

 

8月28日の最終授業日に、そば打ちの動画を購入者様へ配信し、ご家庭へ亀岡の美味しい味をお届けします!

 

 

 

 

 

 

 

 

学生らが立ち上げました、公式Instagramもあります!

 

ぜひ「@kame_hako」で検索してみてください!

 

 

https://www.instagram.com/kame_hako/

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.36.42

資料請求

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年8月21日  授業風景

授業紹介「ファッションデザイン演習Ⅲ」

こんにちは、空デ研究室です。

今回は、先日行われたファッションデザインコース3回生の授業「ファッションデザイン演習Ⅲ」の風景をご紹介いたします。

 

この授業では各学生が架空の「ブランド制作」に取り組みます。

単に服やファッションアイテムを作るだけでなく、ブランド名からロゴ、その根底にある「ブランドが目指す理念」や広告展開まで、ブランディングを含めた全ての要素を考えていくのが「ブランド制作」なのです。

 

キャプチャ1

今週の授業ではzoomを介してそれぞれの自宅等からプレゼン(合評)が行われました。

 

 

 

 

キャプチャ7

こちらは大量に廃棄され問題となっている、衣服に使われる布の「切れ端」を再利用したブランド。

透ける素材と組み合わせることにより、独特の模様を表現しています。

 

キャプチャ4

こちらのアイテムには空き缶の「プルタブ」が使われています。

元がアルミ缶だったとは思えないほどオシャレなデザインで、教員からも高評価でした。

 

キャプチャ6

こちらはブランドが広告展開の中で使うDM(ダイレクトメール)。

害獣として駆除された熊の毛皮を使ったブランドということで、ハガキに空いた穴が熊の駆除に使われる「銃弾」を彷彿とさせるデザインとなっています。

 

 

 

 

いよいよ前期も終わりに差し掛かっています。学生の皆さんにとっても大変な数か月間だったかと思いますが、今回紹介できなかった作品も含めて、課題制作に対する熱意は全く失われていないことを感じることができました。

これからも機会があれば授業紹介の記事をアップしていきたいと思います。

 

それでは、暑い日が続いておりますので体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください!

 

  • LINEで送る

2020年7月31日  授業風景

授業紹介 & 体験授業オンライン対応へ変更となりました

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

先週末より梅雨明けしたかのように暑い日が続きますね!

大学の入構制限も段階的に解除されつつあり、規定などありますが学内で学生さんを見かけることが増えてきました。

 

研究室内のカウンターでも、ビニールを介してですが、少しずつでもこれまでの日常に戻りつつあるように感じます。

それでも感染防止のため油断せずに消毒作業や、接近しての会話などには十分に気をつけなければなりません!

 

 

さて、今回は3回生選択ゼミの一つを紹介します◯

 

ブログ後方には、前回の体験授業で受けました質問へも回答をいただきましたのでぜひご覧ください!

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

空間演出デザインⅠ

 

こちらの授業は3回生前期の選択ゼミとなっています。

A・B・Cと3つのクラスがあり、学生らがカリキュラムを聞いて自分で選択し受講します。

 

その中の『C』にあたる 亀岡ゼミを紹介です。

 

例年 京都の亀岡市と共同し、亀岡の良さを知ってもらうためにイベントを行っています。

昨年は亀岡にあります KIRI CAFE にてイベントを行いました。

(昨年の様子はこちらより → check )

 

 

しかし、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため授業はオンラインで進行しています。

果たしてイベントはどのように行うのか、とても気になっておりました、、、、

 

そこで、先日のオンライン授業に少しお邪魔させていただき、情報収集をさせていただきました!

 

まだ詳細をお伝えできませんが、何やらそば打ち講習を行っていました!

担当教員の八木先生が、亀岡にあるそば打ち体験の施設(直売所 季楽(きら)さん)から中継!

 

スクリーンショット 2020-07-17 14.10.10

▲そば打ち体験チームの学生らは自宅にてそば打ちに挑戦(蕎麦粉などは事前に手元に用意されていたようでした)

 

 

 

スクリーンショット 2020-07-17 14.23.04

スクリーンショット 2020-07-17 14.32.01のコピー

▲蕎麦専用の包丁の形が面白かったです!

ガイドとなる押さえの板も、包丁を斜めに移動させることにより板を移動させ、麺の細さを調整できるそうな。

 

 

スクリーンショット 2020-07-17 14.46.24

 

講師の指導をあっという間に手打ち蕎麦が出来上がっていました。

最終的にこのそば打ち体験が、どのようなものになっていくか、とっても気になりますね!

 

広めの作業台があると良さそうでしたが、ひとり暮らしの学生宅でもできそうでしたよ。

 

 

 

他にも亀岡の良さを発信するための計画が話し合われていました。

ロゴの作成や、SNSの方法など、オンラインといえメンバーで話し合いながら計画。

 

またイベントの詳細など決まりましたらお知らせします!

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

さて、本記事タイトルにもありますように、

8月2日の体験授業は対面式も実施予定でしたが、近日の新型コロナウイルスの感染者数を受け、全学科オンラインへと変更となりました。

 

対面で申し込みされていた高校生の皆様、楽しみにしてくれていたかと思いますが、申し訳ありません。

(対面申込をされていた方々へは、入学課よりオンライン受講への移行のご案内を差し上げおります)

 

 

ですが、7月の体験授業でもオンライン授業を楽しんで参加してくれた方がほとんどでした!

 

 

 

8月2日は少しレベルアップした内容にはなりますが、学科教職員一丸となり取り組みますので、ご期待ください!

 

 

 

 

0705,0802OC_画像

 

 

 

 

 

さて、まだ応募は間に合いますので、悩んでいる方がいましたら、ぜひ応募ください◯

 

 

空間デザイン・ファッションデザイン両コース、自宅にある素材で授業参加が可能です!

 

 

再び画面越しにはなりますが、お会いできること楽しみにしています!!!

 

 

 

 

応募はこちらより↓↓

誰でも芸大生になれる特別な日

 

 

 

〜〜〜

 

 〜〜〜

 

  〜〜〜

 

 

 

 

下記、前回の体験授業後にいただいたご質問への回答になります。

(※空間デザインコースを受講された方々よりいただいた質問になります)

 

 

Q: 高校生のうちでやっておいた方がいいこととか教えて欲しいです
A:

まずは高校での勉強をしっかりと頑張ってください。

その上で、デザインを学ぶには幅広い視点も必要ですから、身の回りの些細なことから、世界でいま何が起こっているのかというところまで、社会を観察するようにしてください。

その気づきから、デザインは生まれていきます。観察と発見が第一歩です。

 

 

 

Q: 体験授業入試で空Dを受けようと思っています。受かる勉強方法を教えてください。
A:

合格をめざす勉強方法をお話します。

わがまちの魅力を発見し、人にそれを伝えるための空間をつくる課題です。まちの魅力は、有名なものというより、自分の視点での発見が必要です。

その魅力探しや、まちに住む人々の観察などをして、ノートに書き留めていきましょう。テーマはとても大切です。

制作する空間には、変化も必要ですから、普段から、空間を観察し、大きな空間や小さな空間、坂道、階段、そこを通るとどんな気持ちになるか、など考えてみましょう。

技術的な面では、定規とカッターナイフの使い方を練習しておくと、本番の試験で落ち着いて作業できると思います。

面談や、作文など多方向からみますので、高校の勉強をしっかりとがんばっておきましょう。

 

WEBオープンキャンパスにも、体験授業型選抜のポイント動画が出ています。見ておきましょう!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/online/

 

 

 

Q: 素敵な授業をありがとうございます。生徒にはどこ出身の方が多いのでしょうか?
A:

感想ありがとうございます。高校までとは違って、大学では様々な場所から学生が集まってきています。

空間デザインコースでは関西圏の出身者が比較的多いですが、全国中から大学に学びに来ています。

 

 

 

Q: 体験型入試の持ち物である着彩道具一式とは具体的にどのようなものを持っていけばいいのでしょうか?
A:

色鉛筆や、絵具、筆、筆洗、マーカーなど、使いやすい道具を持ってきてください。

不要な雑誌は、着彩する代わりに切り絵のようにして貼り付けたりするのに用います。

 

 

 

Q: 理系でも受験可能ですか?
A:

もちろん可能です。在学生にも理系の学生はたくさんいます。

世の中では理系の考えかたでデザインを行うことも求められています。

理系だからといって向いていないということは全くなくて、むしろアピールできるポイントだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年7月22日  授業風景

【授業作品紹介】ファッションデザインコース2回生

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

本日は2回生の授業作品を紹介します!

 

 

 

ファッション表現演習Ⅰ

 

オンライン開講ではありますが、授業によっては課題を郵送にて提出してくれています。

その中でも、ファッションデザインコースの2回生のこの授業では、毎年あるアイテムを素材として捉え制作しています。

 

昨年は『 靴下 』でした。

高校生の皆さんはお馴染みのアイテムだと思います。

そう、白い靴下を素材として扱われていました。

 

 

今年は何かと言うと、、、

 

 

 

『   ガムテープ   』 です!

 

 

 

梱包の時などに使う、丈夫な布ガムテープ。

 

布ガムテープですが、今やいろんなカラーがあるのはご存知ですか?

100円ショップなんかにも並んでますよね。

 

その布ガムテープがどんなアイテムになったか、一部を紹介していきます!

 

 

。。

 

余談ですが、

研究室から授業開始の際に教材を郵送したのですが、その時にもガムテープを同封しました。

『白』と『黒』のガムテープ。

それらが、このように変貌したと思うと、みんなの柔軟なセンスに驚かされます!

 

。。

 

 

▼外地に黒い布ガムテ、中はチェック柄の布としっかりとファッションアイテムとなっています。

 実際に被ることもできるので、オシャレな仕上がりです。

_DSC0011

▼こちら、お皿の端まで拘った仕上がりに。カップには実際に注げそうでした。

_DSC0021

▼この学生は2種類のサンダルを制作。上の白と下の黒です。白色は郵送したものとは違う、マットなテープを使っていました。

 本当に履いて行けそうなくらいクオリティの高さでした。金具の再現性などすごいですよね。

_DSC0035 _DSC0037

▼こちらはまた違う学生さんです。水引を鼻緒にうまく取り入れています!

 海で履いたら注目を集めそうです。

_DSC0017

 

ユーモアある作品も多かったです!

 

 

▼コケシ人形の柄をガムテープで。土台の木以外、全てガムテープです!

 専用カツラも4種類程あり、おさげコケシがとても可愛らしいです。

_DSC0042_DSC0044

▼ガムテープで手錠。きちんと動きます。

_DSC0046

▼手前の赤・青・黄色のガムテープが制作物。

 実際のガムテープと比較して撮ってみましたが、小さくてもとってもリアル。ミニ段ボールもついてます。

_DSC0055

▼ガムテープの色選びにセンスを感じますね。ガムテープを入れられます。笑

_DSC0071

 

▼最後はこちら。

 お馴染みの組み合わせ。からの発想。ただの段ボールからバッグが作られました。

 

_DSC0061 _DSC0063

とてもありそうな柄感、、、

 

_DSC0066

 

 

 

これらの作品が送られてきた時は なんだ????と思いましたが、

見ていて楽しい作品ばかりで、オンライン授業でも制作に奮闘する学生たちを感じられました!

 

この授業担当は酒井先生ですが、おもしろいものばかりと作品を褒められていました。

 

 

 

 

 

いつも日常にあるものでも、視点や考え方を変えると素材として変化していきます。

 

特別な素材がなくても、柔軟な考え方や、際限ない発想力を養うと、

いろんな発見や、新しさをGETできるきっかけになりますね。

 

 

 

 

さてさて、前期授業も後半となりました。

 

合評が増えつつある期間ですが、また作品紹介などできたらと思います!

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

0705,0802OC_画像

 

 

募集枠が増えました。

応募お待ちしています!

 

 

→→→  check!!

 

 

 

 

1 2 3 15

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。