空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年10月15日  授業風景

【 デザイン表現基礎A -SDコース- 】信楽研修の焼き物が届きました○

 

 

こんにちは、空デ研究室です

 

大学周辺には台風による大きな被害もなく、いつも通りの学校生活です。

ぐんと肌寒くなってきたので、学生へは風邪に要注意と伝えております。。。

 

 

さて、紹介はできていないのですが、1回生前期には例年研修旅行として学外研修がります!

今年は滋賀の信楽へ参りました。

 

▼信楽研修、最終日での集合写真

_DSC0864

 

 

その際に陶芸の森にて陶芸体験をした1回生

 

▼陶芸体験の様子

DSC_0223

楽しくレクチャーしてくださるスタッフさんの指導のもと、黙々と制作!!

DSC_0240DSC_0258DSC_0245

▲▼先生方も真剣に陶芸と向き合われていました!^^ ( 左2人は1回生です )

DSC_0268

 

DSC_0291

ブロックだった粘土より手で成形し、絵付けを施すまでが陶芸体験でした!

みんなそれぞれにいい作品または器が完成★

 

 

 

この土色から、、、、、、

 

 

 

 

 

はい!

 

 

_DSC0071

こんな綺麗なクリーム色に!!

絵付けした色が優しく差し色になっていて綺麗ですね^^

 

_DSC0068_DSC0073

 

陶芸がはじめてだった学生がほとんどでしたが、割れることなく綺麗に焼きあがっていました○

みんなでじっくり鑑賞会

 

 

_DSC0074_DSC0078

 

焼き物は、後期の授業『 デザイン表現基礎A 』でのデッサンモチーフとなりました。

 

ファッションデザインコースでは、ファッションドローイングを描く回を紹介しましたが、

空間デザインコースでも物のデッサンから表現基礎の授業はスタートです!

 

 

まず、ものづくりにおける基本的な技術(平面、立体)について触れてみることで、ものをつくる手の動かし方のトレーニングを行います。

その後、基本的な知覚(見ること、聞くこと)について実験と制作を行い、最後に、身近な素材から始まるものづくりの手法について学びます。 

 

眼と手、つまり何かを感じるには知覚が、何かをつくるには技術が必要です。

この2つの基礎的な知覚と技術について実験と実制作を通じて学んでいきます!

 

 

 

 

 

▼最後に先生方の焼き物たち

 

_DSC0081

 

 

いい雰囲気ですね★

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月8日  授業風景

【4回生】卒業制作審査

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

10月始まりました!

だんだんと涼しい日が増えてきましたが、

空デでは4回生の卒業制作展に向けて着々と進行しています!

 

 

///////////////////

 

 

4回生の卒業制作では、ゼミ指導・制作に合わせて、「卒業制作審査」という授業があります。

コースまたは学科の先生の前で、制作物についてプレゼンテーションを行います。

 

前期より何度も受けてきた「卒業制作審査」ですが、後期に入り制作も佳境に入ってきます。

今回の審査は『中間審査』となり、ゼミ担当の先生全員で審査を行いました!

 

10月1日(火)はファッションコースが、10月8日(火)には空間デザインコースが審査日でした。

(写真はファッションコース、ジュエリーコースのものです)

 

 

 

就活と合わせての卒業制作、

なかなか忙しい毎日を送る4回生ですが、制作も頭や手を使いどんどん進めていきます。

 

 

_DSC0002

1人制限時間の中で、コンセプトや作品のボリューム、そして空デにとって重要なポイントをおさえているか、

プレゼン後の先生のコメントはなかなか厳しいお声もでてきます。

 

_DSC0001

_DSC0010_DSC0006

 

1人3分の短い時間の中、自分の言葉でいかにうまく説明できるか、

これまで学んできたことを生かし、自分たちの卒業制作を完成させていきます。

 

プレゼンではコンセプトや作品背景の分かるスライドショーなどの資料から、

完成品があれば素晴らしですが、スタディや制作途中などの制作物である「モノ」を用意し、プレゼンを行います。

 

 

また、3回生までの合評やプレゼンに必要な備品などは研究室が用意していましたが、

卒制審査では自分たちでプレゼンの場を準備するようにお願いしています。

小さなことですが、自ら進んで行動してもらうことが重要ですね。

 

 

 

_DSC0011

 

 

 

審査終了後は各ゼミに分かれ、担当の先生より細かい指導をしていただきます。

 

審査でもらったコメントや他の先生からの情報を整理し、

作品のブラッシュアップに繋げてもらいたいです、、、!

 

 

 

後期の卒制審査は全4回。

最終審査の12月2日、3日は展示空間も決定された状態が原則になります。

卒業の可否が分かれる瞬間。

(卒業生でもある副手2人も今からドキドキします)

ここからの追い込みが楽しみです。

 

 

 

今年もあと約2ヶ月。

 

残りの時間を大切に、みんなには頑張ってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月3日  授業風景

【4回生】卒制へ向けてスタート!

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

だんだんと秋めいてきて、紅葉の季節が近づいてきた感じですね。

街路樹のイチョウもいつのまにか存在感を放つようになっている気がします。。

 

空デのある棟は山も近く、自然の息吹や季節の流れを強く感じられるのでとてもいい環境です

 

 

 

さて、4回生も就活に卒業制作と忙しい日々が戻ってきました。

 

後期には、前期のゼミ授業に加え、卒業制作の展示について進めていく授業が始まります。

 

【  空間演出研究  】

 

卒業制作展の学科全員による企画・制作として、コース混合で行われる授業です。

講義科目ではなく卒展の計画、その話し合い、準備、実際の制作にあてられます。

展覧会のテーマからその内容の企画、空間構成の設計・制作まですべて行い、自分たちの作品とともに、社会にその成果を発信していくことを目的としています。

 

_DSC0009

 

学生が中心に進行していくので、先週の授業ではリーダーが決まり、

2回目の今回から学生中心に進めていきます◯

 

_DSC0007

▲リーダーとしてファッションデザインコースの太田さん、

 書記・記録として空間デザインコースの滝口さんです。

 

 

全体リーダーに加え、コースリーダー、ゼミリーダー、会計、グラフィック斑、空間デザイン斑など決まりごとは多く、みんなで誰が適任か、話し合いながら決めていきます。

 

_DSC0004

 

過去の図録やDM、パンフレットなどを参考に、

今後もどんどんと自分たちの卒業展のイメージを固めていってくれると思います。

 

_DSC0012

▲過去の資料は研究室でも保管していて、いつでも閲覧が可能です◯

 

 

 

 

どんな卒展空間になるか、楽しみです!

 

 

 

  • LINEで送る

2019年9月26日  授業風景

【FD1回生】デザイン表現基礎B

 

こんにちは、空デ研究室です◯

 

後期授業、1回生ファッションデザインコースも紹介します!

 

 

 

ファッションデザインコース1回生後期からは、

デザイン表現の授業が始まりました。

 

『デザイン表現基礎B』

 

こちらは「服飾デザイン表現基礎 」をテーマに、

後期授業を大まかに前半・後半に分け取り組んでいきます。

 

プロポーション・素材の質感など服飾デザインの表現技法を身に付けるため、

さっそく今日は『ファッションドローイング (デザイン画)』を書いていくことから始めます。

 

 

_DSC0034

_DSC0036

空間演出デザイン学科を卒業された鷲尾先生が担当です

 

_DSC0040

 

デザイン画を描く時のポイントをおさえ、

友達を実際に描いてみます。

 

_DSC0043

鉛筆を軸に、全体のバランスを考えつつ、人物ドローイングに挑戦◯

 

真剣な表情で、時間以内に黙々と描いていきます。

ドローイングの基本をおさえ、今後の応用へと繋げていきます。

 

_DSC0047

_DSC0050

 

 

_DSC0052

 

ファッションコースでも、頭の中で描いているイメージやアイデアを視覚的に表現し、

人に伝える能力を持つことが重要となっていきます。

 

 

 

_DSC0075

ちなみに

 

▲こちらは前期授業にて1回生がチームを組み、制作したブラウスになります!

いろんな生地を組み合わせ、独創的な仕上がりに。

 

前期ではこちらの他にも各自ブラウスの制作を行いましたが、

後期ではデザインを表現し伝える力や、パターンメーキングを学んでいきます。

 

服飾デザインに於いてイメージしたデザインを具現化するための重要な表現方法やプロセスである、

パターン(型紙)の精度は作品の完成度に大きく作用するので大事なポイントですね。

 

 

基礎を積み重ね、個性豊かな1回生の今後の成果物が楽しみです◯

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年9月26日  授業風景

【SD1回生】後期はじまりました

 

こんにちは、空デ研究室です◯

 

過ごしやすい日々が続いています。

長い夏休みも終わり、後期授業がはじまりました!

 

 

後期初回は、空間デザインコース1回生の授業風景を紹介です。

 

木曜日①②講時は『空間デザイン基礎Ⅲ』

 

この授業は「ディスプレイ手法による空間のデザイン 」というテーマのもと、

ディスプレイを空間的なコミュニケーションのデザインとして、自分の視点を踏まえたメッセージの伝え方として学びます。

 

日常からの発見を、他者の共感が引き出せるように伝わるかたちを考えて、作品とその展示、

そしてメッセージ空間の提案として複数の手法で修得する授業になります。

 

_DSC0008

 

 

講師として、京造ねぶたのFAとしても活躍されている

株式会社UMMM(ムム)の藤井先生が担当されています。

 

_DSC0011

授業へお邪魔したタイミングでは、

みんな自分の持ち物を机の上に整列させていました。

 

_DSC0004_DSC0009

これは2番目の取り組みだったらしく、

最初は「机のうえのワタシ展」で机の上で自分を表現した展覧会、

そして写真に写っているのが「机のうえのモノ展」でした。

 

身の回りのものを展示物に変換し、自分の机の上に並べていました。

机の上だけでなく、机の配置や傾き、教室に対してのバランスなども配慮するとより”空間”として磨きがかかります。

 

 

_DSC0012

並べ終わったらみんなで見て回ります。

 

 

_DSC0016_DSC0019

 

持ち物はもちろん、並べ方によって伝わる雰囲気や情報が変わってくるので、

とても面白い光景でした。

 

それにしてもみんな綺麗に並べるのが上手、、、、

 

 

 

_DSC0024

見て回った後は先生より振り返り。

 

実際に手を動かして取り組み、知識も増やし、どんどん素敵な制作へ繋げていってもらいたいですね!

 

 

 

この授業は最終的には制作物として、ひとつの空間を制作します。

それまでに様々なプロセスや表現方法を学び、ディスプレイという空間におけるコミュニケーションデザインを理解し、所与のテーマを自分なりに探究してかたちにします。

 

自分なりに作品に適した展示の手法を考え、制作することができるようになることが目標です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 13

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。