空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年10月3日  授業風景

【4回生】卒制へ向けてスタート!

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

だんだんと秋めいてきて、紅葉の季節が近づいてきた感じですね。

街路樹のイチョウもいつのまにか存在感を放つようになっている気がします。。

 

空デのある棟は山も近く、自然の息吹や季節の流れを強く感じられるのでとてもいい環境です

 

 

 

さて、4回生も就活に卒業制作と忙しい日々が戻ってきました。

 

後期には、前期のゼミ授業に加え、卒業制作の展示について進めていく授業が始まります。

 

【  空間演出研究  】

 

卒業制作展の学科全員による企画・制作として、コース混合で行われる授業です。

講義科目ではなく卒展の計画、その話し合い、準備、実際の制作にあてられます。

展覧会のテーマからその内容の企画、空間構成の設計・制作まですべて行い、自分たちの作品とともに、社会にその成果を発信していくことを目的としています。

 

_DSC0009

 

学生が中心に進行していくので、先週の授業ではリーダーが決まり、

2回目の今回から学生中心に進めていきます◯

 

_DSC0007

▲リーダーとしてファッションデザインコースの太田さん、

 書記・記録として空間デザインコースの滝口さんです。

 

 

全体リーダーに加え、コースリーダー、ゼミリーダー、会計、グラフィック斑、空間デザイン斑など決まりごとは多く、みんなで誰が適任か、話し合いながら決めていきます。

 

_DSC0004

 

過去の図録やDM、パンフレットなどを参考に、

今後もどんどんと自分たちの卒業展のイメージを固めていってくれると思います。

 

_DSC0012

▲過去の資料は研究室でも保管していて、いつでも閲覧が可能です◯

 

 

 

 

どんな卒展空間になるか、楽しみです!

 

 

 

  • LINEで送る

2019年9月26日  授業風景

【FD1回生】デザイン表現基礎B

 

こんにちは、空デ研究室です◯

 

後期授業、1回生ファッションデザインコースも紹介します!

 

 

 

ファッションデザインコース1回生後期からは、

デザイン表現の授業が始まりました。

 

『デザイン表現基礎B』

 

こちらは「服飾デザイン表現基礎 」をテーマに、

後期授業を大まかに前半・後半に分け取り組んでいきます。

 

プロポーション・素材の質感など服飾デザインの表現技法を身に付けるため、

さっそく今日は『ファッションドローイング (デザイン画)』を書いていくことから始めます。

 

 

_DSC0034

_DSC0036

空間演出デザイン学科を卒業された鷲尾先生が担当です

 

_DSC0040

 

デザイン画を描く時のポイントをおさえ、

友達を実際に描いてみます。

 

_DSC0043

鉛筆を軸に、全体のバランスを考えつつ、人物ドローイングに挑戦◯

 

真剣な表情で、時間以内に黙々と描いていきます。

ドローイングの基本をおさえ、今後の応用へと繋げていきます。

 

_DSC0047

_DSC0050

 

 

_DSC0052

 

ファッションコースでも、頭の中で描いているイメージやアイデアを視覚的に表現し、

人に伝える能力を持つことが重要となっていきます。

 

 

 

_DSC0075

ちなみに

 

▲こちらは前期授業にて1回生がチームを組み、制作したブラウスになります!

いろんな生地を組み合わせ、独創的な仕上がりに。

 

前期ではこちらの他にも各自ブラウスの制作を行いましたが、

後期ではデザインを表現し伝える力や、パターンメーキングを学んでいきます。

 

服飾デザインに於いてイメージしたデザインを具現化するための重要な表現方法やプロセスである、

パターン(型紙)の精度は作品の完成度に大きく作用するので大事なポイントですね。

 

 

基礎を積み重ね、個性豊かな1回生の今後の成果物が楽しみです◯

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年9月26日  授業風景

【SD1回生】後期はじまりました

 

こんにちは、空デ研究室です◯

 

過ごしやすい日々が続いています。

長い夏休みも終わり、後期授業がはじまりました!

 

 

後期初回は、空間デザインコース1回生の授業風景を紹介です。

 

木曜日①②講時は『空間デザイン基礎Ⅲ』

 

この授業は「ディスプレイ手法による空間のデザイン 」というテーマのもと、

ディスプレイを空間的なコミュニケーションのデザインとして、自分の視点を踏まえたメッセージの伝え方として学びます。

 

日常からの発見を、他者の共感が引き出せるように伝わるかたちを考えて、作品とその展示、

そしてメッセージ空間の提案として複数の手法で修得する授業になります。

 

_DSC0008

 

 

講師として、京造ねぶたのFAとしても活躍されている

株式会社UMMM(ムム)の藤井先生が担当されています。

 

_DSC0011

授業へお邪魔したタイミングでは、

みんな自分の持ち物を机の上に整列させていました。

 

_DSC0004_DSC0009

これは2番目の取り組みだったらしく、

最初は「机のうえのワタシ展」で机の上で自分を表現した展覧会、

そして写真に写っているのが「机のうえのモノ展」でした。

 

身の回りのものを展示物に変換し、自分の机の上に並べていました。

机の上だけでなく、机の配置や傾き、教室に対してのバランスなども配慮するとより”空間”として磨きがかかります。

 

 

_DSC0012

並べ終わったらみんなで見て回ります。

 

 

_DSC0016_DSC0019

 

持ち物はもちろん、並べ方によって伝わる雰囲気や情報が変わってくるので、

とても面白い光景でした。

 

それにしてもみんな綺麗に並べるのが上手、、、、

 

 

 

_DSC0024

見て回った後は先生より振り返り。

 

実際に手を動かして取り組み、知識も増やし、どんどん素敵な制作へ繋げていってもらいたいですね!

 

 

 

この授業は最終的には制作物として、ひとつの空間を制作します。

それまでに様々なプロセスや表現方法を学び、ディスプレイという空間におけるコミュニケーションデザインを理解し、所与のテーマを自分なりに探究してかたちにします。

 

自分なりに作品に適した展示の手法を考え、制作することができるようになることが目標です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年9月11日  授業風景

【授業紹介】BLUE 色から生まれるデザイン

 

こんにちは。空デ研究室です。

 

まだまだ暑い日が続きますね!

 

さて、今回は先日のファッションコース2回生の夏期集中授業「ファッション造形基礎Ⅲ」の

様子を紹介したいとおもいます!

 

この授業は色をテーマにデザインし、そして作品を制作します。

毎年テーマカラーがあり、今年のカラーは「青」!

 

 

_DSC0002

 

まずは「青」についてのイメージをみんなで話し合います。

 

 

_DSC0008

つぎは「青」から一度離れ、かたちについて考えます。

 

 

 

_DSC0018_DSC0045

 

自分たちが考えた「青」についてプレゼンです。

 

 

 

 

 

_DSC0014_DSC0003

 

ブラッシュアップを重ねて、いよいよ最終プレゼンです!

 

 

 

 

_DSC0085 _DSC0090

 

 

制作した作品は、カフェで1週間展示を行いました!

 

 

 

 

夏期集中授業という短い時間の中でしたが

学生たちは濃い時間を過ごせたのでは、と思います。

 

来年はテーマカラーが何色になるのか 今から楽しみです!

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年8月9日  授業風景

【3回生】イベント-山をかこむ- in 亀岡

 

 

本日2本目の授業風景レポートです

 

前回はKIWIゼミを紹介しましたが、

今回は八木先生と安川先生のゼミについてです。

 

 

//////////////

 

 

kameoka-omote

 

以前にイベント予告をいたしました「山をかこむ」が無事に終わりました

報告が遅れてしまいましたが、雨の中にも関わらずワークショップにもたくさんご参加いただきました

ありがとうございます!!

 

亀岡にて営業されていますKIRI CAFEでは、

学生たちによるかき氷や綿菓子の提供のもと、みんなで「山」をかこみます!

 

_DSC0024

_DSC0075

▼山からあがる霧が綿菓子になったようでなんだかロマンが、、

   自分で綿菓子をつくるなんてことは滅多にないのでとても楽しかったです◯

_DSC0011

▼亀岡にはガラス工房もあり、コラボ制作したガラスの器も販売しました

 光の影がとても綺麗ですよね

_DSC0007

_DSC0084

▼「山」からは霧が発生します

 一気に幻想的な空間に、、、

_DSC0141

 

また、ワークショップとして亀岡駅からKIRICAFEまでのフィールドワーク、藍染体験、

そしてフィールドワークで集めた素材を使って、手ぬぐいを制作

_DSC0161 

_DSC0167 _DSC0185

草木や枝、葉っぱやほおずきなど、何気なく見ているものもスタンプとして使ってみると、

思ったものと違うシルエットで出たり、組み合わせることによって独特な柄が生まれたり、

オリジナルな手ぬぐいが完成しました

 

_DSC0188

_DSC0175_DSC0199

▼藍染体験にて染めた手ぬぐいもフィールドワーク組と到着

 カットして皆さんにお持ち帰りいただきました

 

_DSC0220

 

芸術祭などで知名度も上がりつつある亀岡ですが、

こうやって実際に自分の足で歩き、町並みを見つめ体験することや、

良さや特徴を生かしたイベントをおこなうことで、地域の魅力を再発見するきっかけとなります。

 

ローカルデザインへとつながるような視点を生み出すことも

空デの重要なカリキュラムポイントとなります。

そして何よりも、楽しいことを経験してもらい、「また来たい」と思ってもらうことが一番ですね

 

 

ご協力いただいたKIRI CAFEでは自家製シロップを使ったジュースや、

おにぎりやクレープなどの軽食のご用意もあります。

 

もし機会ありましたら、ぜひ足を運んでみてください!!

 

 

_DSC0059

//////////////////////////

 

KIRI CAFEの公式サイトです

イベント情報もご覧いただけます!

 

KIRI CAFE ▶︎ check!

 

///////////////////////////

1 2 3 4 5 14

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。