空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年9月26日  授業風景

【SD1回生】後期はじまりました

 

こんにちは、空デ研究室です◯

 

過ごしやすい日々が続いています。

長い夏休みも終わり、後期授業がはじまりました!

 

 

後期初回は、空間デザインコース1回生の授業風景を紹介です。

 

木曜日①②講時は『空間デザイン基礎Ⅲ』

 

この授業は「ディスプレイ手法による空間のデザイン 」というテーマのもと、

ディスプレイを空間的なコミュニケーションのデザインとして、自分の視点を踏まえたメッセージの伝え方として学びます。

 

日常からの発見を、他者の共感が引き出せるように伝わるかたちを考えて、作品とその展示、

そしてメッセージ空間の提案として複数の手法で修得する授業になります。

 

_DSC0008

 

 

講師として、京造ねぶたのFAとしても活躍されている

株式会社UMMM(ムム)の藤井先生が担当されています。

 

_DSC0011

授業へお邪魔したタイミングでは、

みんな自分の持ち物を机の上に整列させていました。

 

_DSC0004_DSC0009

これは2番目の取り組みだったらしく、

最初は「机のうえのワタシ展」で机の上で自分を表現した展覧会、

そして写真に写っているのが「机のうえのモノ展」でした。

 

身の回りのものを展示物に変換し、自分の机の上に並べていました。

机の上だけでなく、机の配置や傾き、教室に対してのバランスなども配慮するとより”空間”として磨きがかかります。

 

 

_DSC0012

並べ終わったらみんなで見て回ります。

 

 

_DSC0016_DSC0019

 

持ち物はもちろん、並べ方によって伝わる雰囲気や情報が変わってくるので、

とても面白い光景でした。

 

それにしてもみんな綺麗に並べるのが上手、、、、

 

 

 

_DSC0024

見て回った後は先生より振り返り。

 

実際に手を動かして取り組み、知識も増やし、どんどん素敵な制作へ繋げていってもらいたいですね!

 

 

 

この授業は最終的には制作物として、ひとつの空間を制作します。

それまでに様々なプロセスや表現方法を学び、ディスプレイという空間におけるコミュニケーションデザインを理解し、所与のテーマを自分なりに探究してかたちにします。

 

自分なりに作品に適した展示の手法を考え、制作することができるようになることが目標です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年9月11日  授業風景

【授業紹介】BLUE 色から生まれるデザイン

 

こんにちは。空デ研究室です。

 

まだまだ暑い日が続きますね!

 

さて、今回は先日のファッションコース2回生の夏期集中授業「ファッション造形基礎Ⅲ」の

様子を紹介したいとおもいます!

 

この授業は色をテーマにデザインし、そして作品を制作します。

毎年テーマカラーがあり、今年のカラーは「青」!

 

 

_DSC0002

 

まずは「青」についてのイメージをみんなで話し合います。

 

 

_DSC0008

つぎは「青」から一度離れ、かたちについて考えます。

 

 

 

_DSC0018_DSC0045

 

自分たちが考えた「青」についてプレゼンです。

 

 

 

 

 

_DSC0014_DSC0003

 

ブラッシュアップを重ねて、いよいよ最終プレゼンです!

 

 

 

 

_DSC0085 _DSC0090

 

 

制作した作品は、カフェで1週間展示を行いました!

 

 

 

 

夏期集中授業という短い時間の中でしたが

学生たちは濃い時間を過ごせたのでは、と思います。

 

来年はテーマカラーが何色になるのか 今から楽しみです!

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年8月9日  授業風景

【空デ3回生】最終合評

 

 

 

こんにちは、空デ研究室です

 

かき氷が恋しい暑さとなりました

京都には美味しいかき氷屋さんが多いので、

かき氷巡りで京都散策なんてのもいいのではないでしょうか🍧

 

 

/////////////////////////////////////

 

 

さて、今回は空間デザインコース3回生の吉行良平先生の授業について紹介します。

 

毎年面白い実験やプロトタイプが出来上がる授業なのですが、今年度が最後の授業となりました。

先生とお会いできなくなるのは寂しいですが、

この授業で学んだことや「つくる」という行為を大事にして、

みんなには成長していってもらいたいです。

 

 

最終合評の課題内容ですが、

『 自分の目で自分の生活の「もの」「こと」を観察

  課題を自分で想定、実験しプロダクトにする   』

 

今回も昨年同様、ゲスト講師としてstudio noteの寺山紀彦氏をお迎えしました

 

■ 寺山 紀彦 デザイナー・美術作家 / Norihiko Terayama. Designer・Artist

日本にてデザインを学んだ後、オランダ‘Design Academy Eindhoven’に留学。在学中にオランダのコンセプチュアルデザインを体感し、‘Studio Richard Hutten’‘MVRDV’にて研修。

帰国後‘studio note’を立ち上げ、プロダクトをメインに‘CLASKA Room701’内装デザインや店舗アートワーク、クライアントデザイン業務など、多岐に渡りデザイン活動を行なう。
‘21_21 DESIGN SIGHT(デザインあ展、コメ展、単位展、雑貨展)’への参加やギャラリーでの作品展示など、作家としての活動を行なっている。

 

 

 

▼合評風景です

それぞれ自分のデスク上にレイアウトし、プレゼンです

_DSC0054

_DSC0066

▼ 一部の作品たち

_DSC0055

_DSC0057 _DSC0060

 

お2人とも気さくにコメントをくださるので、

和やかな空気の中、みんなの作品をみてまわりました

_DSC0067

 

全部の作品を発表し終わり、みんなでそれぞれの作品に投票していきます

みんなからの投票数が多かった人にはなんと先生よりプレゼントが!

(毎年先生方の制作プロダクトなので大変うらやましいです、、、、)

 

_DSC0080

▼吉行先生から

_DSC0086

▼寺山先生から

_DSC0090 _DSC0095 _DSC0100

▼奥の寺山先生の表情が、、、

私も撮影しながら「いいな〜」の連発でした

 

_DSC0102 _DSC0103

 

3回生は9月14日、15日の瓜生山祭で学科展を行います

水曜日での制作物が学科展には直結しているのですが、

この授業での取り組みも制作へのいい刺激になったかと思います!

 

最後は先生たちと集合写真を撮ることに、、、

にやにやしながらシャッターを切りました、、いい写真

 

_DSC0120

 

 

おつかれさまでした!

 

 

—– 先生方のオフィシャルサイトをご紹介—–

  吉行 良平 / 吉行良平と仕事 site

 ■ 寺山 紀彦 / studio note   site

————————————————————-

  • LINEで送る

2019年7月31日  授業風景

【2回生】おみやげプロジェクト

 

 

こんにちは、空デ研究室です

 

ついに夏期AO入試のエントリー締め切りが明日となりました!

明日の8月1日(木) 17:00まで可能ですので、ぜひともチャレンジしてください!

お待ちしています!

 

▶︎▶︎▶︎ エントリー詳細

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて、今回の授業紹介は2回生合同授業です

 

 

 

 空間演出デザイン基礎Ⅱ 

 

ソーシャルデザインの基礎演習。

社会に存在するさまざまな問題にマクロな視点からではなく、自らの等身大の発見から取り組んでいくことを目標としている。

自分で見つけた疑問や発見から、小さな社会にどのように貢献できるかを考える。

それがひいては社会のどこに位置づけられるのかを探求するその後の契機をつくっていく。 

 

この授業では、「わがまち」を見つけ、そこに投じる石を「おみやげ」づくりというかたちで示してみることとします。

おみやげはその地の特産物であり、そしてそのことを他者に伝える大事なツールでもあります。

それらをつくりながら、「わがまち」との関わりを深め、地域を等身大で知り、それを社会の問題につなげながら次世代の可能性を考えていくこととします。

 

 

 

シラバスにもあるように、地域に学生チームが入り、

フィールドワークやインタビューを重ね、

その地域の新しいおみやげを提案することを課題としています。

 

 

前期の約4ヶ月間の取り組みの成果を、チームで発表しました。

 

 

 

_DSC0025

 

今回の講評の先生方は廻先生、岡本先生、林先生の3人

 

チームごとでスライドを制作し、発表。

実際に提案・制作した”おみやげ”も見せます。

 

_DSC0031

_DSC0034_DSC0035

 

雑貨やアクセサリー、食品など完成形はさまざま。

_DSC0044

 

中にはプロジェクトのロゴをデザインし提案したチームや、

制作したものを実際に学生たちで販売するなど、夏期休暇にも活動するチームもいました!

 

_DSC0056

_DSC0058 

 

それぞれ調査した地域の観光課の方と打ち合わせをしたり、住民の方に直接インタビューを行えるこの授業は、

地域のいいところや、問題点、実はこんな魅力がといった、学生ならではの新しい発見があるので、

その地域にとっても、とてもいいきっかけづくりになる場合があります。

 

今ではどこへ行っても「おみやげ」というものは売られていますが、

それによって地域が豊かになっているか、

おみやげだけでなく地域の宣伝にもつながっているかなど、

買う側では知りえないことやたくさんあるかと思います。

 

実際の社会に入って取り組むことは、今後の制作の幅にも大きく関わってきます。

自分たちが今できることを知り、それを行動・伝達する力をつける、そんな授業です!

 

_DSC0039

 

 

おみやげはOCや学祭の学科展などにも展示されます。

ぜひ機会がありましたら、じっくりと手にとって見ていただきたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年7月30日  授業風景

【1回生】合評風景_SDコース

 

空デ研究室です!

 

合評風景をお伝えします。

今回は空間デザインコース1回生の最終合評です〜〜

 

 

///////////////////////////////////

 

 

「草原の私の家」

 

最終課題までに小さな制作を積み重ねてきた1回生前期。

今回はこれまでの制作を活かして、

草原の中に居心地のいい平屋を設計します。

 

敷地面積や規模、構造などにも条件を与えられ、

その中でそれぞれの物語を附属させていきました。

 

 

▼合評の様子です

まずはみんなの作品を見ていきます

_DSC0011

_DSC0014

_DSC0003

みんな模型、図面、プレゼンシートを作成し、

他者にきちんと伝わるように見せ方にも工夫が必要です。

 

_DSC0016

_DSC0009 _DSC0008 

_DSC0007

コンセプト文もそれぞれ雰囲気があり、

建築雑誌に添えられているような文もあって面白かったです

 

_DSC0020_DSC0027

▼みんなのを見てまわった後はプレゼンタイム!

 

一人一人、コンゼプトや工夫したポイントを発表していきます!

_DSC0030_DSC0031

_DSC0034 

担当教員は家成先生と安川先生

お二人とも普段は建築のお仕事をされています。

設計に関してはもちろん、プレゼンする時の伝わりやすい工夫なども指摘してくれます。

 

発表者もですが、聞いているみんなも真剣です!

 

物語も個性があって、みんなの内面が知れる感じでした。

富士山が見える、湖がどこからでも見える、丘と同化する家、四季を感じる家、、、

 

とても素敵な家ができあがっていました

_DSC0039

_DSC0045

 

これで1回生最初の前期コース専門授業が無事に終了しました。

みんなの成長ぶりがとっても嬉しいです。

 

1回生は夏休みには、マンデープロジェクトの京造ねぶた制作が待っています。

 

今年も迫力あるねぶたができることが楽しみです〜〜

 

 

 

 

 

次回も合評風景をお伝えします!

 

1 3 4 5 6 7 15

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。