マンガ学科

2011年7月

  • LINEで送る

2011年7月10日  イベント

公開授業 無事終了

授業公開キャンパスオープンが無事終了しました!
(このオープンキャンパスだけは「キャンパスオープン」という名称なんですね、
知らなかった!)

 
さて、牛田先生の先ほどのブログにある『この後、外でなにかやるようです???』
の正体は・・・これでした!(写真参照)

 
穴を開けたペットボトルに水を入れるだけで水鉄砲ができるんですね。
みんな童心に返って相当遊んだようで、ずぶ濡れで教室に帰ってきた学生も。

 
授業公開に参加した皆さんにも楽しんで頂けたでしょうか?
濡れたままクーラーに当たって風邪などひかないようにしてくださいね。

 
今月は30-31日にもオープンキャンパスがあります。
マンガ学科のブースはワークショップと相談コーナーの2段構えで行いますので
じっくり相談したい方はぜひお越しください!

  • LINEで送る

2011年7月10日  イベント

本日公開授業真っ只中

ただいま公開授業三限目真っ只中です。

 
イベント演習の授業でなぜかものすごく盛り上がっています。
なにやっているのだろう???
この後、外でなにかやるようです???

 
二限目のネームのプレゼンテーションは、
学生たちがとても緊張していて、
それが写真からも伝わってきます。

  • LINEで送る

2011年7月9日  日常風景

明日の公開授業

明日は公開授業日です。
今まだ授業準備をしています。

 
構成概論、
マンガ概論、
イベント演習、
総合博物学

 
の授業があります。

 
一時限目は9時~ですが、高校生のみなさんは
途中からでも大歓迎ですので、
遊びにきてください。

 
一回生は9時~なので遅れずに。

 
とにかく今日の京都はすごくすごく暑かったので、
明日も暑いこと間違いありません。

 
熱中症に気をつけて来校してください。

  • LINEで送る

2011年7月6日  日常風景

手塚治虫記念館

ずっと来たくてなかなかかなわなかった
手塚治虫記念館に行ってきました。

 
もちろん宝塚劇場と一緒に。

 
手塚先生の幼少期のスケッチや青年期のデッサンなどが
飾られていました。
写生というかデッサンがとても上手で、
マンガ家にならなくても画家になったのではないかと思うぐらい
正確なものでしたので、すごくびっくりしました。
その作品を直にみれたことも感激しました。

 
ここが日本のストーリーマンガの聖地。

  • LINEで送る

2011年7月6日  日常風景

ファントム

宝塚大劇場に行ってきました。

 
宝塚は一年に二、三度は観劇に行きますが、
ほとんどは東京宝塚劇場です。

 
実は宝塚大劇場は高校の時以来で、
新しくなってから、初めてきました。

 
演目は「ファントム」。
「オペラ座の怪人」とお話は似ているのですが、
少し違っています。
作曲者が違うので、まるで別物のようです。
客席にシャンデリアは落ちてきません。

 
衣装がとにかく豪華・豪華・豪華でした。

 
東京宝塚劇場で上演する時にまた行こうかと思っています。
でも人気演目なので、チケットとれないだろうな。

 
「真実の口」は、宝塚と関係ないのですが、
面白いで写真撮ってきました。

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。