マンガ学科

2011年7月

  • LINEで送る

2011年7月4日  日常風景

祇園祭

7月の京都と言えば、祇園祭ですね。

 
私は京都に住むまで機会がなく、祇園祭を見たのは昨年が初めてでした。
すごい人出で情緒を味わうどころではなかったものの、老いも若きも地元の人も観光客も
いろんな人々が惹きつけられる祭なのだということは分かりました。

 
そして今年は山鉾町(祇園祭の山や鉾を持っている町)に引っ越したので、
祇園祭が一気に身近なものに!
少し前から、お囃子の練習の音が聞こえてきたりしています。
町内有志で厄除けのちまきも作ります。せっかくだから参加しようかな。

 
祇園祭×マンガといえば、『サユリ1号』(村上かつら)が思い出されます。
(祇園祭のシーンは少しだったけど)
学生時代に読んだマンガの中で印象的なもののひとつです。

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。