マンガ学科

2017年12月

  • LINEで送る

2017年12月25日  ニュース

卒業生・PN.赤池うららさんの作品が『デザート』に掲載!

現在発売中の講談社『デザート 2月号』に

今年卒業の赤池うららさんの“ぴゅあラブ”読み切りシリーズ第5弾「初恋トランペット」が掲載中です!

吹奏楽部の主人公の恋愛話となっており、「部活動×恋愛」

と最高の要素が組み合わさった胸キュン青春ストーリーです!

 

 

0102

 

 

そして最後のページに「次号は別冊Pinkに表紙で登場」とのこと。

一体どんなストーリーを見せてくれるのでしょうか。

京都在住の赤池さんはつい先日もマンガ学科の作業ルームに原稿を仕上げに来ていましたが、

後輩たちの良い刺激になってくれています。

 

 

04

 

 

前回のブログでも紹介した初コミックス「はじめてのキス」第1巻が2018112日発売します!

赤池さんの読みきりがたくさんつまった最高の1冊です!

キュンキュンしたい方は是非書店にてゲットしてください!

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

学科ツイッターも随時更新しているので是非見てくださいね!

  • LINEで送る

2017年12月14日  授業風景

【授業風景】デジタルマンガ応用基礎Ⅱ

 

木曜日の1,2限は神吉先生からLive2Dをデジタルマンガ応用基礎Ⅱで教えてもらっています!

Live2Dとは3Dの立体モデリング等一切使用せずに立体表現を行う

表現技術のことです。

 

簡単に言えば”動くマンガ”です。

こちらは学生の作品

 

P1190206

まるで連載マンガの告知PVです!!

冬休み明けの授業では受講している学生全員の作品が出来上がるはず。

今からとても楽しみですね!

  • LINEで送る

2017年12月12日  ニュース

5期生PN.七海ハチさんがゲッサンで選外佳作を受賞しました!

 

現在発売中の『ゲッサン』1月号にて

5期生で現在3回生のPN.七海ハチさんが選外佳作を受賞しました!

page-0006page-0002

七海さんは今年の夏に行われた『鬼合宿』のメンバーで

先日グループ展も開くなど制作にとても積極的な学生です!

次はもっと上のランクの賞をとってほしいですね!

 

  • LINEで送る

2017年12月7日  ニュース

3期生PN.山元ハジメくんがジャンプSQで特別賞受賞!

 

現在発売中の『ジャンプSQ 2018年1月号』にて

今年の春卒業したPN.山元ハジメくんが審査員特別賞を受賞しました!

page-0005page-0001

山元くんには在学当時から繊細なペン使いと確かな画力で、学科の様々なイベントで度々イラストを描いてもらっていました。

デビューまであと一歩の賞だったのでこのままデビュー目指して頑張っていってほしいです!

 

ここ数日卒業生の活躍が目立ちます!

卒業してもこうして在学生の近況を知れるのは嬉しい事ですね!

  • LINEで送る

2017年12月6日  ニュース

学生掲載・受賞情報!

 

現在発売中の『月刊!スピリッツ』にマンガ学科卒業生のPN.森さんの作品『skirt』が掲載されています!

今までの森さんの作品とは一味違う作風になっています!

甘酸っぱい青春作品、ぜひ御一読を!!

画像 (6)画像 (5)

さらに先週発売の『週刊ヤングジャンプ』ではマンガ学科の卒業生PN.石崎千尋さんの受賞情報が載っています!

マンガ学科卒業後もマンガ家を目標に作品を作る体力は相当な物です。

石崎さんの応援、宜しくお願いします!

画像 (4)画像 (3)

さらにさらに!現在発売中の『りぼん』では現在4回生のPN.大野はなさんが

懸賞発表ページのカットを描いています!大野さんの次回作も近いという事でしょうか??

卒業展も目の前に迫り、4回生は毎日忙しいと思いますが体調管理に気をつけて創作活動を続けてほしいです!

画像 (1)画像 (2)

 

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。