キャラクターデザイン学科

2018年1月

  • LINEで送る

2018年1月28日  ニュース

辻一弘先生が第90回アカデミー賞にノミネートされました!

 

キャラクターデザイン学科の村上です。今日はちょっと凄い話をお届けします。

122日(月)に本学で講義をしていただいたハリウッドの特殊メイクアップアーティスト辻一弘先生が、昨日第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング部門にノミネートされました!

映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で主演のゲイリー・オールドマンに特殊メイクを施し、映画史に残る個性的なキャラクターを生み出しました。

 

京都出身の辻先生は幼い頃に「スター・ウォーズ」に憧れて映画に興味を持ち、単身ハリウッドに移ってから特殊メイクアップアーティストとして「メン・イン・ブラック」「ザ・リング」「G.I.ジョー」をはじめとする様々なメガヒット作品を担当されました。

tujii

そんな辻先生には、これまでに携わった映画のメイキング秘話をはじめ、どんな想いで何を表現してきたのか。また必ずしも一筋縄ではいかないハリウッドの厳しさと面白さについて熱く語っていただきました。

 tujii2

そして「とにかく世界を見ること」「一か月だけでもいいから海外に住んでみると、自分の視野が広がり、考えることのスケールも大きくなる」という言葉が印象的で、実際に成し遂げてきたご本人だからこその説得力にただただ気が引き締まりました。

授業の最後には、「明日はアカデミー賞のノミネートが発表されるんです」と仰っていましたが、まさか本当にノミネートされるとは!これはもう否が応でも授賞に期待がかかります。日本人がアカデミー賞にノミネートされたというだけで嬉しいのに、そのノミネートの前日に特別授業でご本人とお会いしていたというのがなんだか不思議な感じです。

 

映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」は330日よりTOHOシネマズ他で全国ロードショーです。

tujii3

それでは辻先生、この度はノミネートおめでとうございます。

ますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

そして刺激的なハリウッドの舞台裏のお話を聞かせていただきありがとうございました~!

 

  • LINEで送る

2018年1月9日  イベント

新年のご挨拶

みなさま新年あけましておめでとうございます。

昨日教職員一同が集まりキャラクターデザイン学科の2018年がスタートいたしました!

本年も学生たちの力になれるよう学科一丸となり、心身ともに健康に留意しつつ頑張ってまいります。

2月の卒業制作展を皮切りに、今年も面白いこと、魅力的なことがたくさん起こりそうです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

修正後

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。