空間演出デザイン学科

2018年2月

  • LINEで送る

2018年2月28日  ニュース

卒業展のご来場ありがとうございました

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

明日から3月ですね。

 

春が近づいてきたとはいえ三寒四温の季節、

風邪に気をつけていきたいものです。

 

 

さて、

卒業展・東京展が無事終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

卒展会期中の様子を写真でご紹介します!

 

 

 

▽学長内覧の様子

DSC_0045

 

▽学内でファッションショーも開催しました!

DSC_0170 DSC_0019

 

▽DIVE2018 京都造形芸術大学卒業生優秀作品展 出品作品

→3/24~4/8まで三条のARTZONEにて展示します。

sano (3)

kawamoto (2)

▽学長賞受賞作品  shimosaka (2)

shimosaka (1)      

 

 

▽東京展出品作品

hirai (1) hirai (5)

yamanaka (2)

yamanaka (1)

 

 

 

 

空間演出デザイン学科の展示はいかがでしたか?

 

来年の卒業展もどんな作品が並ぶのか楽しみです!

 

  • LINEで送る

2018年2月14日  ニュース

PASS THE BATON京都祇園店で展示販売を行います!

 

 

 

 

こんにちは。

現在開催中の卒業展は今週日曜までです。

ぜひぜひ、お越しくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

さて!

 

ファッションデザイン専攻3回生の展示販売のお知らせです。

 

 

今月末2/24(土)より

PASS THE BATON KYOTO GIONにて

展示販売を行います。

 

タイトルは  ”セイ!ヤング”  !

 

学生それぞれの目線で感じた”80年代”と

”NEW RECYCLE”というテーマを掛け合わせて制作したものを

パスザバトン京都祇園店にて展示販売を行います。

 

 

 

 

DM

学生の作ったDM。50種類あります!

 

ptb

パスザバトン京都祇園店

 

パスザバトン京都祇園店は

京阪祇園四条駅から歩いて5分程の場所にあります。

map

 

 

 

 

 

 

今回の展示ではアクセサリーやバッグ、

石鹸などの雑貨が並びます!

 

授業担当の先生は本学科伊藤正浩先生と

アパレルブランドTHEATRE PRODUCTS

デザイナー・ディレクターの武内昭先生です。

 

 

 

ぜひお越しくださいませ。

 

******************************

「  セイ!ヤング  」

日時:2/24(土)~3/2(金)

   11:00~20:00 ※日祝は19:00まで

場所:PASS THE BATON KYOTO GION

         京都市東山区末広町77-6

 

主催:空間演出デザイン学科

   ファッションデザインコース3回生

******************************

  • LINEで送る

2018年2月8日  ニュース

卒展期間中にファッションショーを行います!

 

 

 

こんにちは。

 

いよいよ明後日から卒業制作展がはじまります!

 

DSC_0009

 

DM2018

 

△空間演出デザイン学科の卒展DM

 

画像ではタマゴが黒色になっていますが、

実際は金色の箔押しで素敵な仕上がりになっています!

 

 

 

 

 

そしてそして、

期間中2/10(土)16時より楽心荘にて

ファッションショーを開催します!

 

ファッションデザイン専攻4名の作品を

モデルが着用し、ランウェイを歩きます。

IMG_8351

001256620024

001256620014

IMGP6453

ぜひお越しください!

 

■FASHION SHOW

日時:2月10日(土)16:00~(15:30開場)

場所:楽心荘

企画:板倉花苗・高濃星香・吉村咲良・米澤瑠璃

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。