舞台芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年11月20日  ニュース

村川拓也クラス「ネヴァーマインド」いよいよ今週末です!

 みなさまこんにちは。

 

村川拓也クラス、「ネヴァーマインド」の本番がいよいよ今週末に迫って来ました!

本学科の卒業生でもある村川拓也氏を演出に迎えて2度目の授業発表公演です。

緻密な稽古を重ね、日々新たなものが生まれています!

 

皆さまにも、見逃して欲しくない瞬間が沢山あります。貴方の眼で、耳で、この作品をご覧いただきたいです。

 

まだまだご予約受付中ですので、ぜひお越しください!

 

 

―――――――――――――――――――――――

 

京都造形芸術大学 舞台芸術学科 2019年度3年生 総合演習

村川拓也クラス授業発表公演

 

 

「ネヴァーマインド」

 

――――――――――

 

はじめまして、

わたしたちは京都造形芸術大学舞台芸術学科の3年生です。授業内で、演出家の村川拓也さんと演劇作品をつくっています。授業のはじめの頃に、自己紹介と今自分が関心のあることについて1人ずつプレゼンをしました。

 

なんと、そのプレゼンを使ってこの作品をつくることになったんです。はじめは、一体どうなるのだろうと思っていましたが、何度も繰り返して、その人はなぜその話をするのか細かく見ていくうちに、それぞれのプレゼンの中に何か得体の知れないものがあるんじゃないかと思うようになりました。それが何かはまだわかりませんが、少なくとも人前で自分のことを語るということは、話の内容だけでなく、話し方、仕草、空気、そこにあるであろうもの全てにその人が現れるということに気付きました。わたしたちのたわいもない日常的な言葉が、一体どうやって演劇作品になるのでしょうか。

 

舞台監督助手/工藤亜里紗

 

――――――――――

 

 

公演日時|20191122() 18:00-

           23() 18:00-

           24() 16:00-

 

※開演30分前より受付開始、15分前より開場致します。

※会場に駐車場はございませんので、お車・バイクでのご来場はご遠慮ください。

 

会場|京都芸術劇場 studio21(京都造形芸術大学内)

 

料金|無料

 

ご予約|

【メール予約】

アドレス:butai.11.geijutu@gmail.com

  件名:村川クラス予約

必要事項:1.氏名(ふりがな)

     2.人数

     3.観覧日時

     4,電話番号

※こちらからの返信をもって予約完了といたします。

※ご予約の受付は、各回公演前日の24時までです。

 

 

演出|村川拓也

 

出演|加藤祐一 上川真穂 川辺恵 窪瀬星

   澤田紗菜 髙橋楓 陌間彩花 原田香純

   松尾理代 山本良来 湯口瑠璃子 渡部桃

 

スタッフ|

演出助手   :杉原風花

舞台監督   :原田香純

舞台監督助手 :工藤亜里紗

美術     :具島和香 上西美悠

照明     :鈴木媛稀 大塚侑子 鹿島綾香 中山陽

音響     :林涼子

映像     :綿中駿介

制作     :十川明 山口莉紗子

 

    

主催・お問い合わせ///////////////////////////////

京都造形芸術大学 舞台芸術学科

606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

tel:075-791-8237(平日9-17時、夜間休日は留守番電話対応)

090-8934-7622(公演当日のお問い合わせ先)

fax:075-791-811324時間受付)

butai@kuad.kyoto-art.ac.jp(舞台芸術学科メールアドレス)

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?author=10 (舞台芸術学科ブログページ)

///////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

ネヴァーマインド_表 ネヴァーマインド_裏

 

ご来場お待ちしております。

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。