空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年12月22日  授業風景

【ファッションデザイン基礎Ⅱ】現物鋳造

 

 

 

 

こんにちは!

 

今回は1回生の授業をご紹介します。

 

 

 

この授業では二つのクラスに分かれ、

フェルトの授業とジュエリーの授業を交互に受けます。

 

後期の授業期間の前半はフェルト、後半はジュエリーの授業を受ける、

(または前半はジュエリー、後半はフェルト)といったかたちです。

 

今回はジュエリークラスの様子をお届けします。

 

 

 

 

授業内容は現物鋳造です。

 

現物鋳造とは、鋳造機という機械にかけ金属加工を行うことで

対象の素材をシルバーや真鍮に変えることです。

 

その名のとおり、現物がそのまま鋳造されます。

 

植物など、人の手で作ることが難しいものは現物鋳造によって

細部まで作ることが出来る為、リアルな仕上がりになります。

 

 

 

 

 

 

 

まず最初に

鋳造する対象物をワックスにくぐらせ強度を少し固めます。

 

こちらはそのワックスをコーティングしている様子

DSC_9852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_9871-420x280

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクラやどんぐり、短くなった鉛筆、バナナチップなど・・・

たくさんのモチーフが集まりました。

 

 

 

これらをいざ工房の鋳造機へ。

 

できあがりがこちら。

 

 

鋳造 (1)

短くなった鉛筆

鋳造 (2)

歯ブラシの先端部分

鋳造 (3)

えびのしっぽ

鋳造 (4)

プチトマトのヘタ

 

 

 

 

以前の状態と雰囲気も変わって面白いですね。

鋳造後は磨きの作業に入ります。

 

 

今後の授業もたのしみです。

関連記事

<188189190191192>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。