歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年5月8日  ニュース

歴史遺産学演習Ⅰ-Bクラスー

 

歴史遺産学科、副手です。

GWはみなさん、リフレッシュできましたか?

さて、今回は「歴史遺産学演習Ⅰ」のBクラスの授業風景についてお伝えします。

 

Bクラスは装潢文化財の修理実習を行うクラスです。

各班にわかれて資料調査をし、修理計画を立てていきます。

 

P1030680

まず、修理を行う前に資料の調書を取ります。

その資料の素材、修理前の状態などを記録・撮影していきます。

 

 

P1030689

 

調書を取りながら、どのような修理方法が良いのかを考えます。

 

P1030687

 

顕微鏡を用いると、資料の材質を調べることができます。

その材質を知ることで処置の仕方も変わってきます。

 

 

P1030688

 

真剣な表情で資料を見ていますね!

 

 

修理を行うためには、その前に資料をしっかりと調査することが大切です。

この演習の授業では、これらの調査実習からも多くのことを学ぶことができます!

そして実際のものに触れて作業ができることはとても貴重な経験になりますね!!!

 

 

 

関連記事

<8081828384>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。