歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年4月20日  授業風景

平安宮跡探訪-1回生フィールドワークⅠ-

こんにちは。歴史遺産学科教員の仲です。

4月17日(金)、新入生のはじめての野外授業が行われました。

前期の金曜日午後の「フィールドワークⅠ」という授業は、京都の歴史を現地で学ぶことを目的としています。

CIMG5669

写真:平安宮跡 内裏推定地にて

実は4月10日(金)が最初の授業でしたが、あいにくの雨で教室内での講義となりました。この日は8月16日の送り火で有名な大文字山(正式には如意ケ嶽)に登り、京都盆地を一望しつつ京都の地形を観察し、また山中にかつてあった山岳寺院「如意寺」の遺跡を探訪する予定でしたが、5月に延期となりました。

 

そこで教室内で、如意寺遺跡出土の古瓦や灰釉土器などを観察し、拓本を取る実習を行いました。

 

P1250073

写真:瓦の型式や製法について解説

 

P1250068

写真:拓本を取り、調査票に記録する

 

翌17日は晴天。この日はまず京都市考古資料館を見学し、発掘調査からわかる平安京の歴史について学び、その後、平安宮跡を探訪しました。

CIMG5649

 

フィールドワークⅠ講師の梶川敏夫先生(前京都市考古資料館館長)から、本日の行程と各遺跡の概要について、講義を受けました。

この建物は大正時代に西陣織会館として建築されたもので、この部屋はかつての貴賓室でした。

 

CIMG5654

 

CIMG5652

 

続いて京都市考古資料館の丸川さんから、平安京出土遺物の特徴について説明を受けました。土器編年の考え方や、緑釉瓦と輸入陶磁器との関係など、いきなり専門的なお話でしたが、先週、平安時代の瓦や土器の製法について学んだばかりなので、みな興味津々です。

 

CIMG5691

 

みなさんは、平安宮がどこに位置していたのか、ご存知ですか?

現在の京都御所の場所ではなく、千本通りと丸太町通りの交差点付近一帯に位置していたのです。

主要個所には説明版が設置されています。この復元図は梶川先生がお描きになりました(なお、梶川先生の「日本史特講Ⅰ(日本史特論Ⅰ)」では復元図の描き方も学びます)。

今回はそのうち、内裏跡(内裏跡、内裏内郭回廊跡、藤壺・萩坪推定地)・大極殿跡碑・豊楽院跡・一条院跡・朱雀門跡などを訪ねました。その一部を紹介しましょう。

 

CIMG5671

 

奈良の平城宮跡は史跡公園として整備され、その大極殿は建築が復元されていますが、平安宮跡の多くは私有地です。

明治期に推定された大極殿跡には石碑が立てられ小さな公園となっていますが、その後の研究によって大極殿はそのやや南方に位置していたことがわかりました。

 

CIMG5683

 

大極殿院と並ぶ豊楽殿院では、その一部分が発掘調査で遺構が確認され、平成2年に史跡指定を受けました。

京都市が土地を公有地化して遺跡は保存されているのですが、建物の復元は行われておらず、建物位置を表示した仮整備の状態となっています。

 

CIMG5675

 

続いて京都アスニ―を訪れ、平安建都1200年記念で作製された平安京の模型を見ながら、平安京の構成と主要遺跡の概要を学びました。

 

CIMG5679

 

解説は、京都市埋蔵文化財研究所で長年発掘調査に従事された長宗さんです。遺跡の調査や保存・活用の在り方についてもお話しくださいました。

先人の熱意や、丹念な発掘調査・研究の蓄積によって、京都の歴史が解明されつつあるのだということを実感しました。

ありがとうございました。

 

今回のフィールドワークでは、実際に平安宮跡を訪ねて歩くことによって、歴史都市における遺跡の調査・保存の現状と課題の一端を学ぶことができました。

 

次回は、「平安京以前の京都」をテーマに、太秦の広隆寺や蛇塚古墳を訪れます。

 

 

 

関連記事

<130131132133134>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。