アートプロデュース学科

インタビュー

  • LINEで送る

2017年5月25日  インタビュー

【在学生体験談】1日体験入学オープンキャンパス その①

みなさん、こんにちは。

京都は最近暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

京都造形芸術大学では、1日体験入学オープンキャンパス第1回目の開催が近づいてきています!

611日(日)と79日(日)の2日間は、京都造形芸術大学の学生として希望する学科コースの授業を体験できます。

8月と9月に開催されるAO入試の対策や気になる学科の雰囲気を知り、先生たちとの交流を図ることができるチャンスです。

 

去年の1日体験入学に参加してくれた在校生、上村双葉さんにインタビューを行いました。

この4月から大学1年生になった上村さんにとって、1日体験入学はどのような経験となったのでしょうか。

今年の参加を予定している人も、これから参加を考える人も、ぜひ参考にしてみてください!

 

1日体験入学オープンキャンパスについての詳細はこちら!☟

OPEN CAMPUS 2017 1日体験入学開催!

 

 

●  上村双葉さん:インタビュー

IMG_1006

 1.体験入学OCに参加した理由は?

もともと美術部で作品を制作していたのですが、作家として活動することよりも作品や作家を支える仕事に興味がわいてきたんです。

そこでアートと社会をつなぐ勉強ができるアートプロデュース学科の授業をまずは体験してみたくて、参加しました。

あとは、夏のAO入試の対策のためと京都に興味があったからです!

 

2.体験入学OCの授業を受けてみてどうだった?

初対面の人とじっくり話し合う密なグループワークをはじめて体験しました。

ひとりで他の参加者の話をまとめたり聞いたりするのは大変でしたが、先生方が一緒に参加して私たちの意見を受け止めてくれたりまとめたりしてくれるので、とても話しやすかったです。

 

3.体験入学OCで、特に心に残ったことは?

グループワークで自分が出した意見に対して、いろんな反応や言葉が返ってくるのが嬉しかったです!

高校生のときは意見を出しても、一度否定されるか、あまり反応がないことが多かったので()

 

IMG_5369

IMG_5363

4.いまの大学生活はどう?

先生や先輩方との距離が近いです! 普段の学生生活や学外でも関わる機会が多いので、勉強のことを相談したり、ARTZONE(アートプロデュース学科の学生が運営するギャラリー)での仕事の仕方などを教えてもらったりしています。

ACOPの授業ではたくさんの人と話すので、人の話を聞くことってなんだろうとか、相手にどんな言葉を使ったら自分の意見が伝わるのかを考えさせられています。

 

5.これからどんな大学生活を送りたい?

将来はアートに関わる仕事がしたいので、大学生活の中で具体的に見つけていけたらなと思います。

アートプロデュース学科では発表会などで意見交換をする機会が多いので、自信がつくようになります。

そういった自信や人に伝える技術は社会で役立つ気がしているので、これからがんばりたいです!

 

2

6.これから体験入学OCに参加する高校生へメッセージをどうぞ!

悩んだりなにかをしっかり準備したりすることよりも、まず参加してみることです!

その場で自分の考えていることや思ったことを素直に話すことが、体験入学の授業を楽しむポイントではないかと思います。

 

 上村双葉さん、ありがとうございました!

 

興味を持った人はぜひ気軽に参加してみてください。お待ちしています!

OPEN CAMPUS 2017 1日体験入学開催!

 

 

asp

関連記事

<2526272829>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。