プロダクトデザイン学科

インタビュー

  • LINEで送る

2018年5月31日  インタビュー

和菓子包装紙デザインコンペ 最優秀賞受賞インタビュー!

 

 

 

みなさん、こんにちは!

毎日さわやかな天気が続き、気持ちが良いですね

 

今日はみなさんに素敵なニュースをお届けします!

 

 

 

なんと、プロジェクトセンター主催の 和菓子包装紙デザインコンペ にて

4年生の吉岡萌さん(私立甲南女子高校 出身)が“最優秀賞を受賞したのです!すごい★★

 

 

b c

 

このコンペは、京都の老舗・高野屋貞広の名物菓子“花の宵”という

半生菓子を包むパッケージをデザインするというもの。

 

 

 

今回は最優秀賞を受賞した吉岡萌さんにインタビューをしてきました!

 

 

 

 

▽▲ グラフィックデザインをしたいという願望はいつから?

 

入学前からありました。

入試ではプロダクトデザイン学科と情報デザイン学科、どちらも合格したので

どちらの学科に入学しようか悩んでいました。

しかし、椅子のデザインにも興味があったのでプロダクトデザイン学科を選びました。

 

d

 

▽▲ グラフィックデザインいいなと思ったきっかけは?

 

1年生の時に参加したプロジェクトでチラシのデザインを担当したのですが、

そこでそのチラシを、いいねと褒められたことがきっかけです。

その時は自分からチラシのデザインをしたいと志願しました。

それから情報デザイン学科の人にこれってどうしたら良いか、とか

いろいろなスキルを教えて貰いながらチラシをデザインしました。

 

そのあとも何度か授業などで自分がデザインしたグラフィックを褒められた事があって、

そこで自分はグラフィックが得意なんだなーと思いました。

 

 

 

▽▲ 吉岡さんは過去にもいくつかコンペをとってるけど、学科の課題との両立はキツイ?

 

今までにコンペは3,4個してきましたが、しんどかったです。

コンペ提出15分前のギリギリまで作業してたことも、、、(笑)

そんなとき、出すのを諦めようかと思っていたら

出すだけだしなよ! と言われて出したらコンペに通った事が多々ありました。

 

 

 

▽▲ グラフィックデザインをしながらプロダクトデザインの授業をするのは葛藤がある?

 

もともと手先が器用な方ではないので、

1年生の時の立体造形を作り上げる授業はきついなと思っていました。

でも、3年生の前期のアプリを作る授業は自分の得意なグラフィックを

活かせた授業でした。

 

プロダクトデザインでの考え方や、制作の過程など

プロダクトはプロダクトとして勉強して、グラフィックに応用したいと思っています。

 

プロダクトデザインについて学んできた事は無駄ではないと思いました!

 

e

 

▽▲ これから就職先や卒業制作はどんなふうに考えてる?

 

インターンでwebデザインの会社に行ったのですが、

それがとても楽しかったので、webデザインに興味があります。

また、プロダクトデザインについて学んだことを活かすのなら

企画職も良いかなと思っています。

 

卒制については、これは2年生くらいの時から思っていたのですが、

プロダクトデザインとグラフィックの両方を活かせる

アプリのデザイン、IoTのデザインをしたいなと思っています。

 

プロダクトデザインとグラフィック、どちらも活かして

良い作品を作りたいです!

 

 

f

 

 

 

 

 

グラフィック×プロダクトデザイン

新たなアイディアが生まれそうな予感がしてわくわくします!!

卒業制作も自身のテーマに向かって頑張って欲しいですね

 

吉岡さんの今後の活躍がたのしみです!

 

 

g

 

吉岡さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

あらためて最優秀賞受賞、本当におめでとうございました

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■1日体験入学のお知らせ■■■■■■■■■■■■

 

 

プロダクトデザインの世界に触れてみませんか?

ぜひ1日体験入学を体験してみてください

 

予約数のこりわずかです!

 

日時:6/10(日)、7/8(日)

お申し込みは→こちら

 

 

  • LINEで送る

2016年11月11日  インタビュー

京風パッケージコンペ 受賞インタビュー!

 

 

日に日に寒さが身に染みる季節になってきましたね。みなさまいかがお過ごしですか?

ハロウィンも終わり、街中はすでにクリスマスムード到来!

イルミネーションに包まれてキラキラした雰囲気が溢れる、素敵な季節になりましたね。

 

さて、そんな心躍る季節に、さらに素敵なニュースが舞い込んできました!

 

なんと、京都中央信用金庫さまが開催している学生デザインコンテストで、

2年生の山田龍平くんが“オーディエンス賞”、間地美月さんが“努力賞”を受賞したのです!

 

このコンペは、“京風”をテーマにしたパッケージデザインを制作し、応募するというもの。

今回は受賞者を代表して、山田龍平くんにお話を伺ってきました◎

 

pd_161104b

 

 

▼△ 応募のきっかけは?

 

  1年生の時は興味本位で応募してみたのですが、全然ダメでした。

  賞をとった先輩の作品を見て、ここまでやらないといけないんだ!と奮起し、

  今年はリベンジしてやるぞ!という気持ちで挑みました。

 

 

▼△ 作品が完成するまでのプロセスを教えてください。

 

  今年は“見立て”をコンセプトに、“石畳”に見立てて、漬物や水気の多いものを置いても

  水はけのよい、お皿にもなるパッケージをデザインしました。

 

pd_161104c

 

  そこに辿り着くまで、デザインのアイデアは4050個考えましたが、どれもピンとくる

  作品に至らず悩んでいるとき、初心に戻りリサーチから始めることにしました。

 

  本屋さんで外国人向けの京都特集雑誌を読み込んでいたとき、“見立てのデザイン”について知り、

  そこからヒントを得て、今回の作品が出来上がりました。

 

pd_161104d

 

▼△ 賞をとれる!と思っていましたか?

 

  賞をとれる自信があったわけではないですが、同期に負けたくない気持ちは強かったですね。

  同期の中では、一番時間をかけて作品を練り上げたという自信はありましたし、

  このコンペをとるぞ!という気合いは誰よりも強かったと思います。

 

 

▼△ 受賞した“オーディエンス賞”については、いかがですか?

 

  一般の方にたくさん評価していただけたことは、とても嬉しいです!

  でも自分に厳しくするならば、審査員のみなさんの心を掴めなかったことは悔しいですね。

  この受賞に甘んじることなく、人と違う着眼点から、もっとアグレッシブにデザインしていけたら

  いいな、と思っています。みなさんをざわつかせることができるくらいの作品を手がけたいです。

 

 

▼△ 将来の夢は何ですか?

 

  今、デザインの勉強をしている中で、文化の問題をデザインの力で変えることができるのか、

  デザインには限界があるのではないか、と考えるようになりました。

  もっと新しい可能性、新しい世界観を打ち出して、文化レベルの問題などデザインの限界値を

  プロダクトデザインの観点から、模索していきたいと思っています。

 

 

▼△ 今後、学生時代をどう過ごしていきたいですか?

 

  最近は日用品に興味がありますが、ひとつの領域に囚われず、色々なテイストのデザインに

  挑戦していきたいと思っています。

  自分の引き出しを増やしていくことは、学生時代にしか出来ない醍醐味だと思うので、

  良い意味で「一体何がしたいんだろう?」「こいつ面白いな!」と思ってもらえるよう、

  自分自身のさまざまな可能性を模索していきたいです。

  あ、あと、来月もコンペに挑戦するので、賞とります!!

 

 

文化レベルの問題やデザインの限界値に挑戦していきたい、なんてカッコイイですよね。

でもそれが言葉だけでなく、実際にいつかやってくれそうだな、と感じられるくらい、

力強くて熱い心を持っている山田くん。今後の活躍に期待しています★

山田くん、インタビューにご協力いただき、ありがとうございました!

 

 

pd_161104e

 

これからも挑戦する気持ちを大切に、学生生活を実りあるものにしてほしいですね。

山田くん!間地さん!本当におめでとうございました!

 

 

京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科HPはこちら☆

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。