空間演出デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年1月11日  イベント

世界を翻訳するデザイン 2018 ”近づいてみれば誰一人まともな人はいない”

 

 

新年あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて!

今日はデザイン学科5学科による展示についてお知らせします!

 

 

 

「社会を翻訳するデザイン 2018」
期間:2018年1月11日(木)~1月25日(木) 10:00~18:00
会場:京都造形芸術大学 人間館入口付近
※展覧会は、どなたでもご覧になれます。

 

●学内公開講評会:2018年1月20日(土) 13:00~15:30(学内関係者のみ)

会場:京都造形芸術大学 人間館 NA402教室

●パネルディスカッション:2018年1月20日(土) 15:30~16:30(学外一般公開・申込不要)
パネラー:服部滋樹教授(情報デザイン学科)、ナガオカケンメイ教授(空間演出デザイン学科) 他
会場:京都造形芸術大学 人間館 NA402教室
定員:100名

 

 

スクリーンショット 2018-01-11 10.48.48

 

 

”近づいてみれば誰一人まともな人はいない”

 

空間演出デザイン学科 空間デザインコース3回生

 

現代は個人が尊重され、豊かに生きていくことができる成熟した社会が求められています。

さまざまな課題を抱える現代において、高齢者、こども、外国人、子育て世代の人、セクシャリティ、

その他、人には言えない個人的な問題を抱えている多様な人たちがいます。

そこには、その人たち自身にしか見えない境界が存在しているように思います。

1978年、イタリアでは次々に精神病院が閉鎖されました。

その時の合言葉は「近づいてみれば誰一人まともな人はいない」でした。

このプロジェクトでは、自分らしくポジティブに生活できるための

ものやしくみを調査とデザインを通して提案します。

 

 DSC_0005

 

 

DSC_0009

DSC_0010

 

 

学科ごとにさまざまな作品があり、見ごたえのある展覧会となっています!

 

DSC_0011

 

ぜひご覧ください!

 

 

  • LINEで送る

2017年12月22日  イベント

【ファッション専攻3回生作品展】”たいたけどれす” 

 

 

 

こんにちは。

2017年も残すところあと1週間となりましたね。

 

 

 

さて、空間演出デザイン学科の展示のおしらせです。

 

空間演出デザイン学科

ファッションデザイン専攻3回生による

修了作品展を行います。

 

 

今回の後期授業では、

地場繊維産業との交流を通じて素材の特性を学び

3種類の素材『竹繊維』、『ネクタイ地』、『丹後シルク』

を使用して作品を制作しました。

それらの作品を本学 智勇館にて展示いたします。

 

 

 

taitakedoresu

DMも学生が作成したものです!

イラストがかわいい

 

展示販売も予定していますので

ぜひお越しくださいませ。

 

 

▽以下詳細

—————————————————————-

 

日時:2018年1月16日(火)~1月22日(月)

   10:00~20:00 ※最終日は17:00までとなります

場所:京都造形芸術大学 智勇館1F(BR13)

協力:新内外綿株式会社 様、佐川栄徳 様、大平織物株式会社 様

主催:空間演出デザイン学科ファッションデザイン専攻3回生

 

—————————————————————-

  • LINEで送る

2017年12月12日  イベント

【ファッションショー”R(EACH) ”】 ご来場ありがとうございました

 

 

こんにちは。

今年もあと2週間程でおわり!

寒さが加速していく今日このごろです。

 

 

 

 

 

さて

 

 

先週の日曜日、

本学科ファッションデザインコース3回生による

ファッションショー”R(EACH)”が開催されました。

 

 

寒い中ご来場いただいたみなさま

ありがとうございました。

 

 

場所は京都府庁旧議場にて行われました。

レトロな雰囲気でとても素敵な場所です。

 

Processed with VSCO with c1 preset

 

 

 

 

 

 

 

▽ショーの様子

 

Processed with VSCO with f2 preset

 

Processed with VSCO with f2 preset

 

モデルさんや音楽が各ブランドごとのイメージと合っていて

制作者の世界観が客席に伝わってきました◎

 

また後日たくさんの写真とともに

詳細レポを綴ろうと思います!

 

 

ご来場いただいたみなさま、

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年11月24日  イベント

八木良太先生 展覧会 nightfall in UBUD@本学芸術館

 

こんにちは。

今日は本学科空間デザインコースの専任講師である

八木良太先生の展覧会についてお知らせします。

 

本学の芸術館秋季特別展として、

八木先生の展覧会が開催されております!

 

ぜひお立ち寄り下さい。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

八木良太 nightfall in UBUD

 

 

2017年11月18日(土)〜 2017年12月21日(木)

10:00 〜 17:00(日曜、祝日は休館します。)

 

京都造形芸術大学

芸術館(人間館ギャルリオーブ2F)

 

 

京都造形芸術大学芸術館では、同時代の美術作家の表現をコレクションとのコラボレーションとして紹介する

新しいプランとして、2013年から16年まで『縄文と現代』というシリーズ企画展を開催してきました。

今回の2017年秋季特別展は、そうした可能性と情熱を引き継ぎ、

芸術館、アーティスト、大学、コレクションとのこれからの連携を見出す試みとして開催するものです。
八木良太(空間演出デザイン学科専任講師)は、「見えないものの可視化/聞こえないものの可聴化」を主題に、

映像、音響、オブジェなどのメディアを駆使した作品を制作、国内外で活動を広げているアーティストです。

本展では、多彩な近年の展開、バリ島ウブドをテーマとした新作、芸術館所蔵品との新しいコラボレーションなど、

時空をつなぐ作品世界をお届けしたいと思います。

 

ubud④ ubud③ ubud② ubud①

 

 

◎展覧会イベント◎

 

本学科の学科長の植島啓司先生とのトークセッションも行われます。

 

12月1日(金)16:30〜(会館延長)

京都造形芸術大学 芸術館(人間館ギャルリオーブ2F)

 

11月に植島先生と八木先生とゼミ生達とでバリ島へ

研修に行った際に見たものや経験したことや、

日頃からの研究についてなどなど、

ここでしか聞けないお話を聞けること間違いなしです!

 

とても貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください◎

 

 

  • LINEで送る

2017年7月24日  イベント

【真夏のオープンキャンパス】ご来場ありがとうございました◎

 

 

こんにちは。

 

7月最終週ということで前期も終わりに近づいています。

最終課題の制作締切に、合評に、プレゼンに!

みんな忙しそうです。。!

 

あとすこしがんばりましょう*夏バテにきをつけてね。

 

 

 

 

さて!

先週末の土日はオープンキャンパスでした!

たくさんのご来場ありがとうございました◎

 

DSC_0014 DSC_0094

DSC_0011

   DSC_0025 DSC_0044

学科ブースでは学生作品を展示したり、教員相談ブースを設けています。

 

先生や在学生スタッフとのおはなしや展示作品を通じて

空間演出デザイン学科の雰囲気を掴んでいただけましたでしょうか??

 

また、高校1.2年生の生徒さんの参加も多かったように感じます◎

また来年の夏、体験授業という実際に学科の授業を受けることが

出来るイベントもあるのでそちらにも参加してみてくださいね*

(今年の空間演出デザイン学科体験授業レポートはこちら!)

 

 

 

そして今回空間演出デザイン学科のブースでは

羊毛フェルトでアクセサリーを作るワークショップも開催していました!

 

DSC_0022

DSC_0058

DSC_0074

 

ものづくりの楽しさをすこしでも

体験していただけたでしょうか◎

ぜひ自分でつくったものを身に着けてみてくださいね◎

 

 

 

 

さてさて!7月もあと1週間で終わりです。

 

8/1はAO入試のエントリー受付日となります。

受付日はこの1日のみとなりますのでご注意くださいね。

 

くわしくはこちら!

http://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/

1 2 3 10

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。