環境デザイン学科

学生紹介

  • LINEで送る

2020年6月18日  学生紹介

【第4回 2019年作品紹介】巨匠の住宅分析・住宅設計(ミース・コルビジェ・ライト・アアルト)**オープンキャンパス告知**

 

こんにちは、環境デザイン学科です!!

 

前回に引き続き2019年度の学生作品の紹介をしていきます^^

 

 

今回は、「巨匠の住宅分析」「住宅設計(ミース・コルビジェ・ライト・アアルト)」という課題を紹介します!!

 

 

この2つの課題では、

 

〇ル・コルビュジェ

 

〇フランク・ロイド・ライト

 

〇ミース・ファン・デル・ローエ

 

〇アルヴァ・アアルト

 

の中から1人選択し、分析→設計を行っていきます。

 

 

 

では、課題ごとに紹介していきます

 

 

 

・・・巨匠の住宅分析・・・

 

 

巨匠の住宅分析では、選んだ巨匠が同じ学生同士でグループ作り、

 

建築家の設計プロセスを決定づけるコンセプトや、空間の幾何学的な分析を行います。

 

まずは、選択した建築家の経歴や生涯を通した作品などを調査していきます。

 

 

そこから、指定されている住宅

 

〇ル・コルビュジェ 「サヴォア邸」

 

〇フランク・ロイド・ライト 「落水荘」

 

〇ミース・ファン・デル・ローエ 「ファンズワース邸」

 

〇アルヴァ・アアルト 「マイレア邸」

 

について分析をして、

 

最終発表でまとめた分析結果を学年全体で共有します

 

IMG_9491

 

発表では、大きなスクリーンを使います。

 

今までは、シートにまとめることが多かったため、

 

いつもとは違った発表方法でしたが、

 

みんさん上手にデータをまとめられていました^^

 

 

続いて、住宅設計です~

 

 

 

・・・住宅設計・・・

 

住宅設計では、「巨匠の住宅分析」で明らかになった手法を用いて、

 

京都市内の敷地を対象に住宅を設計します!!

 

設計を進める上で重要なコンセプトづくり、

 

図面や模型といった成果物を作成するためのスキルを習得していきます

 

 

家族構成や、施主からの要望などがリアルに設定されており、

 

初めての設計課題ではありますがとても本格的です!!

 

 

学生たちはそれぞれ前回の課題で分析したことや、

 

今までの課題で学んだ

 

人体のスケール感覚・光と影の誘導方法・「空間」の構成要素・模型の素材表現

 

を駆使して設計に取り組んでいきます。

 

 

 

では、作品紹介です~

 

G・Mさん

IMGP0261 IMGP0254

 

 

 

K・Hさん

IMGP0321

IMGP0312

 

 

 

Y・Tさん

IMGP027 IMGP0277

 

 

 

M・Sさん

IMGP0241 IMGP029

 

 

 

A・Sさん

IMGP0214 IMGP0222

 

 

 

Y・Nくん

IMGP023 IMGP0291

 

 

 

R・Sさん

IMGP0230 IMGP0236

 

 

 

M・Iさん

IMGP0199 IMGP0212

 

 

 

みなさんどの作品がどの巨匠をリスペクトして設計したかわかったでしょうか?

 

素晴らしい作品たちばかりで、写真を選ぶのも一苦労でした…

 

 

 

次回予告の前に告知です

 

 

・・・『1日体験入学オープンキャンパス』・・・

 

7/5(日)・8/2(日)にオンラインでオープンキャンパスを実施します!

本格的に建築・インテリア・環境デザインコースの授業が体験できる内容になっています

 

7/5(日) オンラインピクニック

8/2(日) オンライン京の町家探検

 

毎回すぐに満席になってしまう大人気のイベントです!

体験授業型選抜の対策だけではなく、コース選びや芸大への進学を迷っている方、全く経験のない方も進路選択にお役立てください!

詳細はこちら↓
https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さて!!次回のブログは!!

 

いよいよ、2年生の課題へ移ります~

 

「3つの椅子のためのカフェ」

 

お楽しみに

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年6月12日  学生紹介

【第3回 2019年作品紹介】篠原一男・倉俣史朗の空間模型

 

こんにちは、環境デザイン学科です!!

 

前回に引き続き2019年度の学生作品の紹介をしていきます^^

 

 

今回は、「篠原一男・倉俣史朗の空間模型」という課題です!!

 

この課題では、篠原一男もしくは倉俣史朗の作品を模型で忠実に再現することで

 

その作品に存在する、力強い「空間」を分析していきます。

 

 

まず、作品をひとつ選び、資料を探すところから課題はスタートします。

 

資料をもとに、1/20の平面図と展開図を作図し、

 

模型作りに入っていきます。

 

自身で作品について調べ、作図することで、

 

空間の要素を深く知ることができます。

 

 

学生たちは初めての模型作りという事もあり、

 

表現方法や素材感、サイズ感など試行錯誤を繰り返し

 

課題を進めていました!!

 

 

模型作りを通して図面の見方や

 

空間を作り出している寸法について知ることができ、

 

設計課題を行え前の大切なポイントを掴んでいけます。

 

 

 

 

 

では、作品の紹介です

 

 

 

S・Mくん

House in YOkohama2

 

 

M・Sさん

コンブレ1

 

 

 

T・Bくん

IMG_4523

 

 

M・Kさん

シノ・クラ 3

 

 

C・Zさん

1

 

 

C・Hさん

篠原,倉俣2

 

 

R・Yさん

riko1

 

 

 

雑誌に載せられている写真をもとに

 

ショットまで忠実に再現されています!!

 

素材や背景にこだわることで、まるで本物のような模型写真ですね^^

 

 

 

次回は、

 

「巨匠の住宅分析」

 

住宅設計(ミース・コルビジェ・ライト・アアルト)」

 

の2課題です!! お楽しみに

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年6月9日  学生紹介

【第2回 2019年作品紹介】光のハコ・影のニワ

 

こんにちは、環境デザイン学科です!!

 

前回に引き続き2019年度の学生作品の紹介をしていきます^^

 

 

今回は、「光のハコ」「影のニワ」という課題です。

 

この課題では、環境デザインには欠かせない光と影について考えていきます。

 

 

 

では、それぞれの作品紹介へ移ります

 

 

 

・・・光のハコ・・・

 

箱の中に太陽の光を導き、空間を作っていく課題です。

 

縮尺は1/10

 

初めは真っ暗な箱の中に出来上がっていく光の世界…

 

ただ穴をあけるだけではなく、

 

立体的な部分を作ったり、色を付けてみたりと

 

試行錯誤を繰り返し、光を操っていきます。

 

 

M・Kさん
清澤美奈 光のハコ1

 

 

A・Tさん

光の箱1(堤彩奈)

 

 

M・Tさん

光はこ2

 

 

S・Sさん光のハコ2_compressed

 

 

K・Hさん

光のハコ 最終発表3

 

 

Y・Nくん

haho1

 

 

S・Mくん

hikari no hako

 

 

それぞれの世界観を存分に出してくれました!

 

美しい作品ばかりでうっとりしますね…

 

 

 

 

・・・影のニワ・・・

 

太陽光のさまざまな陰影を導き、魅力的な空間を作っていく課題です。

 

縮尺は1/20

 

壁に頼らない大地による空間構成を

 

素材、パターン、段差、地形などをフル活用して考えていきます。

 

 

 

C・Hさん

影の庭

 

 

Y・Tさん

1198028田原kage1

 

 

M・Sさん

影のニワ1

 

 

 

R・Sさん昼

 

 

N・Iさん

影の庭3

 

 

今まで当たり前にあり、意識しなかった光と影について

 

改めて考えさせられる課題でした。

 

 

自然光の取り入れ方や影の使い方を1年生から学ぶことで、

 

これからの設計課題に厚みが出てくると思います!

 

 

 

次回は「篠原一男・倉俣史朗の空間模型」です!!

 

お楽しみに

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年6月5日  学生紹介

【第1回 2019年度作品紹介】私の椅子

 

こんにちは、環境デザイン学科です!

 

この度、2019年度に制作された学生作品紹介を行っていくことにしました

 

 

 

例年、オープンキャンパスで学生の模型を展示し、先生方や先輩学生から課題に関する説明をしていただいています。

 

しかし、今年に入り思うように作品や課題についてじっくり説明できる機会があまりない…

 

そこで!!

 

ブログで紹介していこう!と思い立ちました!!

 

これから定期的に課題ごとの作品紹介を更新していきます

 

高校生の方はもちろん、在学生も先輩や後輩の作品を見れるものになればと思います!

 

では!1年生の「私の椅子」という設計課題の紹介からスタートします^^

 

 

 

 

 

 

「私の椅子」

 

大学へ入学して初めての設計課題…

 

「ことはじめ」という課題で学んだ

 

環境デザイン学科において大切な基礎知識を活かしていきます!

 

人体の寸法を理解するため、スタディーの段階で自身の体を計測していきます。

 

そこから自身の身体模型とスタディー模型を作り、

 

理想の「私の椅子」を考えていきます。

 

IMG_8208

 

 

設計が決まれば施工に移ります!

 

IMG_8648

 

学科にある木工室で、担当教員の指導のもと作業をしていきます。

 

ものづくりの楽しさや大変さを感じれる場面です!!

 

 

講評会に向けて作品やプレゼン資料をまとめていき、

 

いよいよ講評会です。

 

IMG_8454 IMG_8456

IMG_8452

 

 

みんなで作品を囲み講評会を行います。

 

京都芸術大学環境デザイン学科では学生全員が講評会で発表し先生方から講評をいただけます。

 

1年生から本格的な講評会を重ねることで、プレゼン能力を養うことができます^^

 

 

 

一部の作品を紹介していきます

 

 

 

飯高賞:K・Hさん

 

京都の町に馴染むようなデザインの作品

 

IMG_8415 IMG_8412 IMG_8410

 

 

 

長谷川賞:A・Mさん

 

つなぎ目が美しい作品

 

IMG_8338

 

 

 

小野賞:H・Kさん

 

美しい曲面がポイントになっている作品

 

IMG_8254

 

 

 

木村賞:N・Mくん

 

屋根の上でくつろいでいる気持ちになれる作品

 

IMG_8375

 

 

 

2019年度も素晴らしい椅子がたくさんできました!!

 

 

 

 

 

こんな感じで、これからも昨年度の課題や作品について

 

どんどんアップしていきます

 

次回は「光のハコ」「影のニワ」です!!

 

お楽しみに

1280x720_topgb_03132

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。