文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年6月12日  授業風景

亀岡農業について取材しよう!ーかめおか霧の芸術祭での取り組み

 

爽やかな風が吹いていた5月も過ぎ、湿気と少しの熱気を含んだ6月がやってきましたね。

こんな調子では気がついたら、あっという間に夏になるなぁ、なんて考えていたら、

酸味の効いたトマトが入った冷やし中華を食べたくなってきているスタッフの大賀です、こんにちは。

 

低気圧のせいで雨にも風にも負けそうなので、今日は初夏の心地よさを感じられる、

2年生以上を対象とした「編集ワークショップⅤ」の様子をお伝えします。

 

 

 

00 kamoka

この授業では、書く・編集するといった文芸表現を用いた実社会との関わり方を実践で学ぶため、

昨年度から「かめおか霧の芸術祭」の取り組みに参加しています。

 

かめおか霧の芸術祭」は、普段は気づかない日々のなかにある“野良”の芸術を通して、

人や地域を育んでいくことを目標とし、2020年に亀岡市一帯で開催を予定されています。

開催までの取り組みも芸術祭の一部であり、

そのなかで文芸の学生たちは、亀岡農業の豊かさを伝える記事を作成しています。

 

 

書くにはまず “知る” ことから。

ネットからの情報以上に、実際にその土地を訪れて人に会うことで、

まだ知られていない事実や視点にも出会うことができます。

 

 

ということで、学生たちは5月と6月に亀岡市に取材に行ってきました。

 

 

取材のために、リサーチや記事構成など、事前準備もしっかり行なって挑んだ学生たち。

どんな取材になったのか、その様子を写真でお届けします◎

 

 

 

 

 

■かたもとオーガニックファーム

002 katamoto01

マルシェなどにも積極的に出店する「かたもとオーガニックファーム」の片本さん。

002 katamoto02 002 katamoto03 002 katamoto04

 

 

 

 

 

■「かめおか霧の芸術祭」の拠点 – KIRI CAFE

003 kiricafe01

芸術祭の拠点でもある「KIRI CAFE」。


003 kiricafe02

古民家を改修しており、改修作業は京都造形芸術大学の空間演出デザイン学科の学生も関わりました。


003 kiricafe04

定期的に様々なイベントや展示も行われています。

003 kiricafe03

003 kiricafe05

片本さんのお野菜を使ったそば粉のクレープが提供されていました。


003 kiricafe06

クレープを昼食にパクリ。食べることも取材です◎

 

 

 

 

 

■369works

丹波地域のオーガニック野菜を取り扱う「369works」の鈴木さん。

丹波地域のオーガニック野菜を取り扱う「369works」の鈴木さん。


オーガニック野菜の魅力と届ける仕組みについて伺いました。

オーガニック野菜の魅力と届ける仕組みについて伺いました。

 

■ハイツ野菜研究所

無肥料栽培に真撃に取り組んでおられる「ハイツ野菜研究所」の中嶋さん。

無肥料栽培に真撃に取り組んでおられる「ハイツ野菜研究所」の中嶋さん。

005 height nakajima01 005 height nakajima02

 

 

 

005 height nakajima03

 

 

 

 

 

■クサカベ農園

音楽家でもある「クサカベ農園」の日下部さん。

音楽家でもある「クサカベ農園」の日下部さん。


日下部さんからは、有機農家のこれからについてや、音楽家が感じる農作業についてなどをお聞きすることができました。

日下部さんからは、有機農家のこれからについてや、音楽家が感じる農作業についてなどをお聞きすることができました。

006 kusakabe02 006 kusakabe03

 

 

 

 

■愛善みずほ会

土作りから生まれる豊かな暮らしについてお話しくださった「愛善みずほ会」の矢野さん、出口さん。

土作りから生まれる豊かな暮らしについてお話しくださった「愛善みずほ会」の矢野さん、出口さん。


有機質発酵酵素肥料「明星」についてお話しくださった、澤田さん。

有機質発酵酵素肥料・明星についてお話しくださった、澤田さん。

007 aizen02 007 aizen03

 

 

 

 

 

 

01 kamoka01

亀岡の雄大な自然のなかで、新鮮な野菜をいただいたり、実際に触れたりしながらお話を伺ったことで、

農業を始めたきっかけから、野菜の育て方、

思い通りにはならない自然と向き合ったなかで得られた哲学、社会全体への展望などなど、

取材させていただいた方々それぞれの視点や、共通の観点から亀岡農業が観えてきました。

 

これから学生たちは取材内容のまとめに入り、記事を作成していきます。

 

学生たちの書いた記事はWEB上で公開される予定ですので、
公開が決まりましたらBLOGでお伝えしますね。

 

どんな記事になるのか、どうぞ楽しみに◎

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年5月31日  授業風景

小説家・ライター・編集者の仕事について聞いてみよう!

学生3

京都造形芸術大学では、大学での学びを実社会でどのように活かしていくのか、

「キャリア授業」を各学科ごとに開講し、考え、実践していく機会を設けています。

 

文芸表現学科でも、1〜3年次にそれぞれの段階に合わせた内容で開講しており、

今回お伝えする2年生向けの授業「キャリア研究Ⅱ」では、学生たちが具体的な将来像を自分たちで考えられるよう、

リサーチとインタビューなどを通して、文芸を活かせる職業と仕事について考えていきます。

 

 

5月25日(土)に行われた第2回目の授業では、

ゲストとして、作家の仙田学さん、フリーライターの納谷”ロマン”憲幸さん、編集者の小森文さんにお越しいただき、

作家・ライター・編集者について、グループインタビューを行いました◎

 

 

勢揃い

左二番目から、作家の仙田さん、ライターの納谷さん、編集者の小森さん。 両脇は授業担当の山田先生、大迫先生。

 

仙田さん

小説家についてお話しくださった仙田学さんは、

2002年に小説『中国の拷問』で「第19回早稲田文学新人賞」を受賞してデビューされ、

著書には『盗まれた遺書』(河出書房新社)、『ツルツルちゃん』(NMG出版)があり、

「文藝2019年夏季号」では最新小説『アイドル』を発表されています。

 

ここまでは小説家の方の紹介としてよくある流れなのですが、

仙田さんはもう一つ、「女装小説家」という肩書きも持たれています。

(実は、昨年度もこの授業にゲストとしてお越しいただいており、

その際には女装でインタビューにお答えいただきました◎)

 

そういった独特の感性と特徴をお持ちの仙田さんに、

執筆するときの心持ちから、仙田さんならではの創作論、

編集者さんとのエピソードなど、学生たちは熱量の高いインタビューを行っていました。

 

 

納谷さん

納谷”ロマン”憲幸さんには、ライターのお話をお伺いしました。

納谷さんは、『Meets Regional』、『まっぷる京都』『関西Waker』など、

関西を中心にフリーライター兼カメラマンとして活動されるかたわら、

編集者、ディレクターとしても活躍されています。

 

ライター業では、”雑誌とインターネット”、どちらでも記事を書かれていることもあり、

それぞれの良さ、違いについてお教えくださりました。

 

また、仕事は「呑み歩きで出会う面白い人から」繋がっているとのことで、

名前に含まれる「ロマン」の由来から、呑み歩きの極意、体を張った取材の話まで、

納谷さんならではの物事の捉え方や、仕事の向き合い方に、学生たちは興味津々でした。

 

「自分はプレイヤーなので、教育の場からは距離をとってきた」とおっしゃる納谷さんですが、

今回は偶然が重なってゲストにお越しいただけたとのこと。

学生たちにとって、リアルな現場の空気や感覚を知れる貴重な機会となったのではないでしょうか。

 

 

小森さん

 

編集者のお話についてインタビューにお答えくださった、小森文さん。

元々はテレビの制作会社でADされていたそうなのですが、

「編集をしたい!」と大阪編集教室で編集やライティングを学び、

144月に編集プロダクション「有限会社コピーズ」で入社されました。

 

関西の情報誌、企業広告、メーカーカタログ冊子の編集をされているとあり、

インタビューをしていくうちに、媒体や企業ごとの違いの面白さや、趣味が仕事の強みになったりなど、

具体的なお話をお聞きすることができました。

 

「編集って大変ですか」という学生の質問にも、率直にインタビューにお答えくださりました。

 

 

 

学生1

今回、お越しいただいた3人の方々の職業である小説家・ライター・編集者は、

文芸の職業として真っ先に上がる、学生たちにとって憧れの職業です。

 

仙田さん、納谷さん、小森さんの実体験から語られた言葉から、

それぞれの職業に対して新たにどんな側面を知れたのか。

学生たちには、インタビュー記事としてまとめてもらいます。

 

ちなみに、完成原稿は仙田さん、納谷さん、小森さんにもお読みいただくそうです。

さてどんな記事になるのでしょうか?

 

 

−−−−−−−−−−

 

 

15 6月1日体験

 

6/9(日)に開催する授業体験型オープンキャンパスでは、
「ショート・ショートを書こう」と題して、
短い小説(=物語)を執筆してもらうワークショップを行います。
 
授業を担当してくださるのは、

小説家・エッセイスト・漫画原作者として活躍されている、山田隆道先生です。

 

小説など言葉を使って創作を目指すみなさんは、ぜひこの機会に

プロの現場を生き抜いている山田先生の授業をご体験ください。
 
各回、もうすぐ定員が埋まりそうですので、お申し込みはお早めに◎
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
 
 
 
京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:6/9(日),7/7(日) 10:00-16:30(受付は09:30〜)
開講時間:午前の部・10:20-12:00
     午後の部・13:30-15:10
詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/
 
 
(スタッフ・大賀)
 

 

  • LINEで送る

2018年11月13日  授業風景

「デカルコマニー」で詩をつくろう!

 
ことばの葉っぱのワークショップ」、小説家・詩人の多和田葉子さんとの「詩のワークショップ」など、
これまで様々なワークショップを行ってきた現代詩の授業「創作ワークショップⅣ/創作Ⅰ」で、
また、おもしろそうなワークショップが行われていたので、ご紹介したいと思います。
 
今回は、実際にワークショップを体験した受講生の辻田涼太朗くん(2年生)と朝倉みなみさん(1年生)、2人の視点でお送りします。
 
 
 
制作後
辻田 ●
11月1日の授業ではまた違った授業を行いました。
まず最初にデカルコマニーを作ります。
 
デカルコニー01
デカルコマニーとはフランス語で「転写」を意味する用語で、オスカー・ドミンゲスが創始した技法です。
一度折りたたんだ画用紙にアクリル絵の具を自由に垂らし、押しつぶすことで描きます。
これによって描かれた模様は人間のコントロールが効いておらず、制作者の「無意識」が反映されていると考えられています。
これによって浮き出た模様を見て、詩を書くのです。
 
 
製作中
朝倉 ●
無作為にいろんな色の絵の具を広げていく開放感や、紙を広げるまで予測できないドキドキ感を味わいました。
絵の具だけでなく、上から少し水を垂らしてみたり、紙をこする力を工夫してみたりと、実験的な要素が多くてとても興味深かったです!
人の無意識の領域が現れると言われるデカルコマニーをすることで、頭が柔軟になっていくようで、その後の詩の創作ではより豊かな発想で制作することが出来たと思います。
 
 
デカルコニー03
朝倉みなみさんの作品〉
『かたちを見る』                             
 
外からの衝撃 
音 こえ 視線 かみなり なみ
で動くものは きっと柔い
それをのぞこうとするならば この硬いかたちをこえてゆけ
外からの衝撃では揺るがない この硬いかたちをこえてゆけ
 
見たらばたぶん 消えちゃうけどさ
 
 
 
 
 
辻田 ●
ちなみに私のデカルコマニーには人の横顔のような形と、顔に見える部分でいくつかの色が混ざっており、無数の表情が見えました。
それが誰なのかはわかりませんがその人は少なくとも女性に見えたので私の無意識下、もしかしたら私の中に女性が住んでいるのかもしれません。
 
 
デカルコニー02
辻田涼太朗くんの作品〉
『横顔』
 
あなたの横顔は、いつ見ても同じじゃない
黒い髪をなびかせる表情は
笑い、怒り、悲しみ
いくつもの表情が混ざって混じって
同じ顔は見たことがない
 
 
 
詩の制作
朝倉 ●
自分の作品の詩を書いた後は、ペアを組んでお互いの作品に詩を送るということもしました。
作者と相手の解釈が違うと、同じ作品を見て書いたとは思えない、正反対の詩が上がってきたりして、様々な見方があることを実感しました。
 
 
 
 
 
授業を担当してくださっている君野先生によると、詩人であり、戦後の代表的な美術批評家の瀧口修造もしばしばデカルコマニーを制作していたとのことです。
 
 
「今後の創作活動も、今回の授業のような柔軟な姿勢で、作品に向き合っていきたいです!」(朝倉)と、現代詩だけでなく、他の創作活動にも活かされる学びになったようです。
 
「とても楽しい授業でした。画用紙とアクリル絵の具があれば簡単にできますので、みなさんもぜひやってみてはいかがでしょうか」(辻田)、と辻田くんが言ってくれているように、気軽に始められるので、ぜひ皆さんも、現代詩の創作に限らず、デカルコマニーを使って思考の柔軟体操を試してみてくださいね。
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年10月11日  授業風景

「ことばの葉っぱ」で詩をつくろう!

 
現代詩をワークショップ形式(演習)で学ぶ授業、「創作ワークショップⅣ/創作Ⅰ」。
この授業では、1,2年生が先輩・後輩の垣根をこえて詩の創作に挑戦しています。
 
担当してくださっているのは、比較文学・日本文化・日本語表現を専門に研究されている君野隆久先生。
普段はひょうひょうとしたお茶目な先生ですが、
詩や文学の話となると研究者としての熱い一面がのぞきます。

君野先生。お写真撮らせてくださいとお願いしたら、「照れちゃうなぁ」とこのポーズ。

君野先生。お写真撮らせてくださいとお願いしたら、「照れちゃうなぁ」とこのポーズ。


 
そんな君野先生との授業ですが、10月4日(木)の授業では、
グループごとに1つの詩をつくる「ことばの葉っぱのワークショップ」が行われました。
これは和合亮一さんの『詩の寺子屋』の中で紹介されているものです。
 
 
まず、グループに分かれて、それぞれに10枚ずつ配布された緑色の紙を葉っぱの形に切っていき、
そこに自分の好きな言葉を書いていきます。
葉っぱの切り取り方も様々です。

葉っぱの切り取り方も様々です。


どんな言葉を書くのかな。

どんな言葉を書くのかな。


 
 
完成したら、グループごとにそれぞれの葉っぱを並べて、言葉の組み合わせを考えていきます。
ほかの人の言葉や感性にふれることで、小説やレポートを書くときには思いつかないような、
おもしろい言葉の組み合わせができてきます。
組み合わせに正解はありません。みんなが好いと思う組み合わせを考えていきます。

組み合わせに正解はありません。みんなが好いと思う組み合わせを考えていきます。


 
 
 
組み合わせができたら、詩になるよう組み合わせの順に文章を考えていきます。
変わっていても、意味がつながらなくても大丈夫。
このワークショップで大切なのは、みんなでワイワイしながら詩について考えるのが大切なんだそう。
このグループは、それぞれで文章を考えてから、1つの詩にしていったようです。

このグループは、それぞれで文章を考えてから、1つの詩にしていったようです。


 
 
そのなかで、特に話し合いが盛り上がっていたグループの詩をご紹介します。
 
 
葉っぱ1班
「光栄の行ったきり」
 
バイト先のネットカフェにはゴルゴ13の14巻だけない
夕焼けの帰り道にろうがふうふうけんの練習
干さない洗濯物が鼻をかすめる
さしずめ威力55命中率95
 
廃校に佇む
死にそう
いや生きろよ
 
窓から眺める青空は群青。
HERO 翡翠の狼
ランダムリピート
 
真夜中のプール
充電中につきコントロールは不能ニナッテオリマス
気づいたら雨上がりの空
黒字の白(あか)全て正解
ひとりきりの教室で赤い月を見る
シックないすに腰掛けて、虹の行く先は職員用トイレ
吐くだけ吐いたら空の身体
7.0GBは泡沫に消える
これは僕の経験則
 
葉脈
蛙の子守唄
ランダムリピート
 
あ+うん=指某
 
 
暗い昼
チェックアウトはあなたで最後。
音を消し
光も消し
 
戸締り確認
しめて電気代は1512円也
元気百倍動植物
 
ところで、君の足は細いね。
スピニングカット
 
 
———-
 
 
一緒に詩をつくるという初めての体験に四苦八苦しているグループもあったようですが、
完成した作品には、独特な表現の文章が並んでおり、読みごたえのある作品になっていました。
 
 
文章を書き上げる作業は1人で行うことが多いですが、そこに書かれている言葉は、
何かで聞いたり読んだり教えてもらったりと、初めは自分の「外」にあったものです。
学生たちにとって「ことばの葉っぱのワークショップ」での体験が、
幼かったころのように、外から言葉を取り入れることや、
外に向かって伝えることのおもしろさを思い出すキッカケになってくれていれば良いなと思います。
 
 
 
 
——————–
 
この授業を受講している学生たちには、
10月25日(木)に開催する「多和田葉子 詩のワークショップ」に参加してもらいます。
世界で活躍する小説家であり詩人の多和田葉子さんから、学生たちはどんな言葉を吸収するのか。
今から楽しみです。
(文芸表現学科の学生は聴講自由ですので、授業のないみんなは参加してね〜)
 
 
tawada
「多和田葉子 詩のワークショップ&朗読と講演」
開催日 2018.10.25(木)
第一部 詩のワークショップ(文芸表現学科学生のみ
    15:00-17:00/NA207教室
第二部 朗読と公演(一般聴講可
    18:00-19:30/NA401教室
    ※お申し込みは不要です。
共催 文芸表現学科/大学院
問い合わせ office@creativewriting.jp(担当:竹内・大賀)
      606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
      075.791.8039(平日:09:00-17:00)
      
 
多和田葉子(小説家/詩人)
1960年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1982年、ドイツ・ハンブルクへ。
ハンブルク大学大学院修士課程修了。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。
1991年「かかとを失くして」で群像新人賞、1993年「犬婿入り」で芥川賞、2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花賞、2002年『球形時間』でドゥマゴ文学賞、2003年『容疑者の夜行列車』で谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞、2011年『尼僧とキューピッドの弓』で紫式部文学賞、『雪の練習生』で野間文芸賞、2013年『雲をつかむ話』で読売文学賞と芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。近著に『献灯使』などがある。日独二ヶ国語で作品を発表しており、1996年にドイツ語での作家活動によりシャミッソー文学賞、2016年にはドイツで最も権威のある文学賞のひとつクライスト賞を受賞。2006年よりベルリン在住。
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年10月5日  授業風景

プロフェッショナル特講IIー小説家・辻井南青紀先生

メイン写真の撮影は、文芸表現学科4年生の「井上ユリ」さん。

メイン写真の撮影は、文芸表現学科4年生の「井上ユリ」さん。


9月28日(金)、前期授業に引き続き、文芸表現学科の先生を知り「文芸」の仕事を学ぶ授業、
「プロフェッショナル特講」が始まりました。
 
後期授業の初回を担当してくださったのは、辻井南青紀(つじいなおき)先生
現役の小説家であり、長年、文芸表現学科でご教授いただいています。
 
小説版『蟲師』は映画版とは違ったラストが楽しめるとのこと。

小説版『蟲師』は映画版とは違ったラストが楽しめるとのこと。


辻井先生は、文芸表現学科の専任教員として主に「創作」に関する授業を担当してくださっています。
また、文芸表現の観点から映画作りについて学べる、映画学科との共同授業でも講義をしていただいています。
先生のゼミでは、創作に没頭したいという学生たちが集まっていて、
クールな外見とは裏腹に、学生たちには熱意とロジカルさを大切にアドバイスをしてくださっています。
 
 
 
授業の様子
そんな辻井先生の講義タイトルは『“世界”文学の現在地--今、何をどう書けばよいのか?』。
日本での文芸の現状に加え、異国から見た日本や、海外文学の歴史・悲劇の構造についてなど、
多角的な視点から文学についてお話しくださいました。
 
 
学生
主にこの授業を受講しているの1年生。
大学で文芸を学ぶということについて、
辻井先生は「自身が書いた文章がどういった価値を持っているのか、ということを考える段階」である、
と熱く学生たちに語られていました。
 
そのためにも、日本の作品や出版業界のことだけでなく、
異国の世界を知ることで、自身の立ち位置が見えてくるのではないか、とも仰られていました。
 
また、読者と作者との繋がりは、小説に書かれた「問題の共有」であるとのこと。
学生たちはどういった「問題」を発見し、それを文章の中で「告白」していくのか。
 
 
 
今回、辻井先生は先生というよりも、文芸表現を行う同志として、学生たちに語られていたように思います。
授業後のレポートや感想を見てみると、そうした先生の「ことば」と世界に触れた受講生たちは、
視野が広がったと感じた子や、文章を書く意義を改めて思い出した子など、
学んでいくことへの意欲が高まったようでした。
 
文芸表現学科の先生方は、
小説家、編集者、作家、研究者、詩人、歌人、脚本家などなど、様々な「世界」をお持ちです。
そんな先生たちとの関わりや、学科での学びから、学生たちには漠然としていた世界をどんどん明瞭化していって、
自分の世界だけでなく、人と共有できる世界を広げていってもらえたらなと思います。
 
 
さて次回は、京都の丸太町にある書店「誠光社」の店主である「堀部篤志」先生に、
『書店へ足を運び、本を買い、読むことの意味』というタイトルでお話しいただきます。
 
プロ特講202
プロフェッショナル特講Ⅱ
『書店へ足を運び、本を買い、読むことの意味』
日時 2018.10.5(金)16:30-17:50
場所 NA412(※本学学生は聴講可能)
講師 堀部篤史(書店「誠光社」店主)
京都市左京区出身。1996年、恵文社一乗寺店にアルバイトスタッフとして勤め始め、2002年より店長を務める。2015年同店を退社、独立し、同年11月京都市上京区河原町丸太町の路地裏にて「誠光社」をオープン。著書に『本を開いてあの頃へ』、『本屋の窓からのぞいた京都』、『街を変える小さな店』などがある他、『ケトル』、『アンドプレミアム』、『本の雑誌』を始めとする雑誌連載、執筆活動も行う。

 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
「知りたいことがあるけれど、どう調べたら良いかわからない」と学生に聞かれることがありますが、
そのことに関わる世界の渦中にいる人の「ことば」を聴くのがオススメです!
 
ということで、
10月25日(木)開催する『多和田葉子 詩のワークショップ&朗読講演』が、
文芸表現学科の学生たちにとって、とっておきの学びの場となれば良いなと思っています。
 
2部の「朗読講演」は、一般の皆様もご来場いただけますので、ぜひお越しください。
皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。
 
 
 
tawada
多和田葉子 詩のワークショップ&朗読と講演
開催日 2018.10.25(木)
第一部 詩のワークショップ(文芸表現学科学生のみ)
    15:00-17:00/NA207教室
第二部 朗読と公演(一般聴講可)
    18:00-19:30/NA401教室
    ※お申し込みは不要です。
共催 文芸表現学科/大学院
問い合わせ office@creativewriting.jp(担当:竹内・大賀)
      606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
      075.791.8039(平日:09:00-17:00)
 
       
多和田葉子(小説家/詩人)
1960年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1982年、ドイツ・ハンブルクへ。
ハンブルク大学大学院修士課程修了。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。
1991年「かかとを失くして」で群像新人賞、1993年「犬婿入り」で芥川賞、2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花賞、2002年『球形時間』でドゥマゴ文学賞、2003年『容疑者の夜行列車』で谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞、2011年『尼僧とキューピッドの弓』で紫式部文学賞、『雪の練習生』で野間文芸賞、2013年『雲をつかむ話』で読売文学賞と芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。近著に『献灯使』などがある。日独二ヶ国語で作品を発表しており、1996年にドイツ語での作家活動によりシャミッソー文学賞、2016年にはドイツで最も権威のある文学賞のひとつクライスト賞を受賞。2006年よりベルリン在住。
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

1 2 3 17

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。