文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年6月5日  授業風景

ショートショートの書き方、教えます!

 
こんにちは!
学科研究室の窓を開けていると心地よい風が入ってきて仕事もはかどる!
……ような気がしているスタッフの大賀です。(思い込みって大事だと思います)
 
 
今日のブログでは、ショートショート=短い小説を学ぶ授業『創作ワークショップⅢ』をご紹介したいと思います〜。
 
2_山田先生
担当してくださっているのは、作家の山田隆道先生。小説家・エッセイスト・漫画原作者として活躍されていて、軽妙な語り口と笑いを交えて行われる講義が親しみやすく、学生に人気の先生です。授業内では物語の骨格(設計図ともいえるかもしれません)がどうやって作られているのかを、実際に作品を作りながら学んでいきます。
 
 
私が授業をのぞきにいった5月23日には、事前に課題が出されていたようで内容は以下のものでした。
 
3 合評と講評
これから書く小説の
①仮タイトル
②ワンライン
③原稿用紙で書いた時の想定枚数
④あらすじ
(ワンラインとは、小説や物語の内容を1行にまとめた文のことです)
 
上記の内容を書き出していくことで、話の筋がつかむことができ、足りていない部分にも気づき、自分がこれから書く小説の全体像を把握することができていくようです。
 
 
授業では、学生たちが書いてきたものをみんなで合評したり、先生が講評していくのですが、この日の授業では、
 
・人称と視点
・小説のジャンルは意識をしているか、いないか
・物語の着地点・分岐点を意識できているか
・話をどこから発想したのか、それをどう活かすのか
・既存作品との類似性
 
などを1つ1つ確認していき、それを踏まえて先生からアドバイスをされていました。
 
4 1つ1つ
 
例えば、ミステリー要素のあるコント小説は、笑いを誘うためにリアリティと虚構のバランスを取ることや、登場人物の背景・行動の意図が語りきれているかなど、作品がもっと面白くなるための考え方や捉え方をアドバイスされていました。実体験をベースに書かれた小説では、先生の学生時代をベースにした、思い出話の盛り方を例にあげてレクチャーが行われました。 

実は、この時に話された思い出話は、これまでの授業では事実として学生たちには話されていたようで、すっかり信じていた学生たちからは驚きと歓声があがっていました。

実は、先生が話されていた思い出話は、これまでの授業では事実として学生たちに伝えられていたようで、すっかり信じ込んでいた学生たちからは驚きと歓声があがっていました。


6 心得
“事実は小説より奇なり”というけれど、物書きはそれに負けちゃいけないんだよ!」と、事実は小説をドラマチックにするベースになるものだと、山田先生はおっしゃいます。
 
 
最後に、この日に発表されていてた作品のなかで、先生と学生たちの反応が大きかった、うさぎが人間のように暮らす世界の戦争を描いた、ファンタジー作品のあらすじを少しご紹介したいと思います。
 
8 あらすじ
(あらすじから抜粋)
ーー戦地で同じく戦争に対して疑問を抱く仲間を見つけ共に生きて帰ることを誓い合った。しかし、戦争が激化しその仲間は戦死してしまう。仲間の死に悲しみ、狂ったように戦いに身を投じていくようになって行く。そして数多くの戦果をあげ、軍のエースという扱いにまでなってしまう。だが、それは彼が望んでいたものではなく常に虚しさだけがあった。そして戦い続けた結果精神的に限界まで追い詰められてしまう。ーー
 
 
うさぎが人間のように暮らしている世界の戦争、とフィクション性の高い作品ながら、領土問題や良心ゆえの葛藤など、現実の戦争とリンクできるリアリティもあり、そのバランス感覚が絶妙と、みんなから高評価を受けていました。
 
 
しかし先生が一番注目し、何度も口に出していた点は、
 
9 うさぎの話
 
これ、うさぎの話です!
 
 
ということです。
リアリティがあるからこそ忘れそうになる、主人公たちが「うさぎ」ということ。最近ではペットとして人気で、デフォルメすれば可愛いキャラクターにもなる、小動物で有名な、あの「うさぎ」のお話という点です。
 
10 本人
作者の学生はシリアスものとして書いていたようですが、作者がシリアスに書けば書くほど、この作品はコント小説になる可能性を秘めている、と先生は評価されていました。
 
 
11 最後
このように、書き出す前に小説の骨格部分を明確にすることで、自分でも分かっていなかった作品の姿が見えてくるようになります。それを自分だけではなく、みんなに見てもらい、より良い作品になるための意見をもらえる、という点が大学の授業で文芸表現を学ぶ最大の利点じゃないかなと思います。 
 
 
 
今週6/10(日)に開催される1日体験授業『ショートショートを書こう』では、今日ご紹介した「創作ワークショップⅢ」の一部を体験していただけます。「この授業、ちょっと受けてみたいなぁ」と思われた方、以下のサイトよりご応募いただけますので、ぜひご参加ください。
 
「午後なら参加できたのに…」と諦めておられた方にも朗報です。
 
6/10(日)の午前・午後部の最大定員数が増えました!
 
今ならご応募いただけますので、このチャンスをお見逃しなく!(また定員が埋まってきてますのでお急ぎください…!)
oc2018_0607

どんなみなさんにお会いできるのか、今から楽しみです。
学科一同、お待ちしております〜!
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年5月22日  授業風景

製本を通して本を知る

文芸表現学科の授業では、読むこと・書くことを主に学びますが、
他にも本のデザインなど、本そのものに焦点を当てた授業もあります。
 
本を出版するまでの工程を理解し、そこに関わる人の想いや労力を実感する。
そういった経験を通して、物事の背景にまで思いをめぐらせられるような、
より良い書き手と読み手になってもらえるよう、カキュラムが組まれています。
 
今回はそういった授業のなかから、
「編集デザインV」という製本の授業を紹介していきます!
 
この授業では、一般に流通している書籍(本)の構造を、
本の「製本」を通して学んでいきます。
授業を担当してくださるのは、渡邉琴先生です。

編集10

丁寧に製本のことを教えてくださる、渡邉琴先生


大学の授業形式は色々とあるのですが、
この授業は1〜4講時を使って学ぶ「集中授業」という形式で、
その名の通り集中してじっくり学ぶことができます。
ちなみに4月から7月の間に月1で行なっています。
 
初回が行われた4月14日。
午前中の授業では、各自で持ってきた文庫本という小型本を観察して、その特徴をレポートにまとめてもらいます。
そうすることで、文字を読むために見ていた本が、どんな紙でできているのか、
どうやって綴じられているのか、今までとは違った視点で観察できるようになったのではないかなと思います。
 
その視点を得て、午後からは実習です!
各自で持ってきた本の表紙を付け替え、自分好みに製本し直します。
 
すでに完成された本を解体するのは気が引けちゃいますが、
授業なので思い切って剥がしてもらいます!
 
本の中身の部分だけにして、先生が用意してくださった紙を選んで、
自分のための本にしていきます。
 
綺麗に貼れるかな…?

綺麗に貼れるかな…?


綺麗に貼れたら、本体に合わせて表紙を切っていきます。

綺麗に貼れたら、本体に合わせて表紙を切っていきます。


完成!

自分のための本が完成!


 
編集08
なかには元の表紙を切り抜いて、リデザインする学生も。
先生に言われたこと以外にも、もっと良くなると思ったら遠慮せずに、
センスやアイディアをどんどん出して、磨いていってもらえたらいいなと思います。
 
 
 
 
Blogでは文芸表現学科の授業や卒業生の活躍など、
いろんな角度から学科の紹介をしていますが、
その魅力をもっと知ってもらいたい!
 
ということで、6月7月のオープンキャンパスでは、
1日体験入学で、文芸表現学科の授業が体験できちゃいます!
 
oc2018_0607
 
6月10日のお申し込み状況ですが、午後の部は定員に達してしまいました(ご検討くださってた方、申し訳ないです)。
けれど午前の部はまだ少し募集中です!迷っている方は、急いでお申し込みくださいね。
 
この機会を利用して、文芸表現の世界をたっぷり体験しちゃってください。
学科一同、お待ち申し上げます!
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年4月24日  授業風景

インタヴュープロジェクト始動!

 
2018年4月12日(木)、2年生の「編集プロジェクト」授業の第1回に、
ガモウ関西の亀山さんと荒川さんにお越しいただきました。

大迫知信先生(左)・亀山さん(右)

大迫知信先生(左)・亀山さん(右)


この授業では、企業からの依頼をうけ、
実際の〈仕事〉としてインタヴュー記事を書き、納品するまでを体験します。
今年からはじめる、【文芸 X 社会】という新しい取り組みのひとつです。
 
ふだんの授業では、自分がインタヴューしたい人を探してインタヴューし、記事にまとめることをやっていますが、
この取り組みでは、インタヴューイ(インタヴューを受ける人)はクライアントからの依頼で決まり、
原稿には納期があり、記事にも一定のクオリティと方向性が求められることになります。
 
ライターとして、原稿料をもらって記事を書くことになったら体験することを、
授業のなかで始めてしまおうというわけです。
 
今回、お仕事の依頼をくださったのは、ガモウ関西さんです。
ガモウ関西さんは、美容室向けに商品を販売するのが主な業務ですが、
セミナーやイベント、コンテストなども開催し、美容師の「応援」のようなこともお仕事にされています。
さらには、本当に実力のある美容師だけを厳選した予約サイト「HairDre(ヘアドレ)」を運営されていて、
このなかのコンテンツのひとつとなる〈美容師インタビュー〉が、私たちに依頼された仕事の内容となります。
 
美容師さんの技術やサービスだけでなく、その人となりや、サロンの雰囲気までもが伝わるようなインタビュー記事にする必要があります。
実は、昨秋からこのプロジェクトは始まっていて、
まずは大迫先生を中心メンバーとする卒業生たちが、ライターとして仕事を受け、記事を執筆してきましたので、ぜひご覧ください。
 
HairDre(https://www.hairdre.jp/
ヘアドレPRESS(https://www.hairdre.jp/special/

※カテゴリ検索で「美容師インタビュー」を探してみてください。

 

質疑応答のようす

質疑応答のようす


髪はどこで切ってるのか? という質問に答える吉田くん

髪はどこで切ってるのか? という質問に答える吉田くん


そんなわけで、この授業では、ガモウ関西さんと一緒にインタビュー記事を更新していくというプロジェクトが始まります! 全員で記念撮影して、気合いを入れてみました(笑)!
 
プロジェクト始動!

プロジェクト始動!


 
 
2018年度からは新しい取り組みがたくさん始まります。
順番にご紹介していこうと思っていますが、気になる高校生の皆さんは、ぜひ4月29日(日)に開催するオープンキャンパスにお越しください!
 
spring
 
 
(スタッフ・竹内)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年4月20日  授業風景

読むことと書くことについて − 河田学先生

 
文芸=言葉によって表現される芸術の仕事って何だろう?   
 
1年生から受講できる「プロフェッショナル特講Ⅰ」では、
文芸表現学科の先生方に実体験をふまえて、文芸の仕事、そして可能性について掘り下げていただきます!
 
 
第1回目は、文芸表現学科・学科長であり、文学理論・物語の観点から
“ フィクション(=虚構)とは何か? ”を研究されている河田学先生。
ご自身にとっての『読むことと書くことについて』お話をしていただきました。
 
20180418_1
河田先生にとって〈読むこと〉とは研究者としての仕事。
高校時代から本を読むことが大好きで、「文学が勉強したい!」という気持ちを行動にしていった結果、
研究者としての今があると、当時の迷いや失敗したことなど、笑いも交えながらお話をされていました。
 
 
また、先生にとっての〈書くこと〉とは、大きく分けて論文の執筆、大学教授として書くことを教えること。
論文の執筆依頼は基本的に断らないそうで、学生たちには「仕事をことわったら来ないよ!」
この日一番の声でおっしゃられていました。
自分の分野には関係ないと思っていたことも、最後には繋がっていき、また次の仕事に繋がると、
実体験からのアドバイスもなされていました。
 
 
20180418_4
もう一つの書くことを教えることについて。この大学に来るまでにも他大学で講義をされていた河田先生。
文芸表現学科に来るまでは、自身の研究に対して「どうせ、マイナーなことをやっている」という気持ちがあったそう。
しかし、自身の文学研究を学生たちが活かしてくれるのをみて、その気持ちが報われたと、
この4月に『電遊奇譚』『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』が出版された、
卒業生で小説家の藤田祥平くんを例にあげて、ときおり涙を見せつつお話をされました。
 
 
 
 
 
文芸表現学科の学生がこの学科で学ぶことは〈読むこと〉と〈書くこと〉。
しかし、何のために〈書く〉のか。
河田先生が今でも感動するという、スティーブン・キング著『書くことについて』には
幸せになるためと書かれています。
その一文をふまえて、学生にとって〈書くこと〉が、仕事につながること以上に、
辛いときや苦しいときに、自分と向き合い成長することに役立つのではないか、と〈書くこと〉への希望を、
講義の最後に、今後へのエールとして学生に送られていました。
 

スティーブン・キング著『書くことについて』の一文。聴講に来てくださっていた、元NHKアナウンサー・中村淳平先生に朗読をしていただきました。先生の良い声で聞くとさらに沁みいります。ちなみ、中村先生には本講義4回目にお越しいただきます

スティーブン・キング著『書くことについて』の一文。聴講に来てくださっていた、元NHKアナウンサー・中村淳平先生に朗読をしていただきました。先生の良い声で聞くとさらに沁みいります。ちなみ、中村先生には本講義4回目にお越しいただきます


 
 
20180418_6
自身の今までと、これからを重ねながら熱心に受講していた学生たち。
質疑応答の際には「心にグッときた」とのコメントも。
 
この講義の多くの受講生は1年生です。
彼らがこれからの4年間で、どれくらいの刺激と経験を得られるのか。
この講義がその一つになってくれることを願います。
 
 
 
 
さて、第2回目の講義は、勤め人・日曜執筆家の千野帽子先生。
『本を読んでも救われなかったあなたへ』と、個人的に興味深い内容となっております!
 
第2回『プロフェッショナル特講Ⅰ』
テーマ:本を読んでも救われなかったあなたへ
担 当:千野帽子
日 時:4月20日(金)5講時(16:30〜17:50)
教 室:NA412(人間館4階)
 
次回の様子はまたBLOGにて。
 
 
 
来週4月29日(日)に迫った春のオープンキャンパスでは、
河田先生をはじめ、まだ授業に登場していない先生方、現役学生たちと直接お話ができちゃいます!
少しでも文芸表現に興味のある方は、ぜひ文芸表現学科のブースにお越しください。
お待ちしております〜。
spring
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2017年10月19日  授業風景

学生REVIEW 「アジア回廊 現代美術展」

1回生の「アーティクルライティング」の授業で、元離宮二条城で開催された「アジア回廊 現代美術展」を見学しました。それぞれに展覧会を鑑賞したあと、〈ウェブマガジンの記事を想定して書く〉という課題に取り組みました。今回はそのなかから、添田陸くんの記事を紹介します。
 
 


 
 
2017年8月19日(土)~10月15日(日)に元離宮二条城にて開かれた「アジア回廊 現代美術展」。8月から11月にかけて行われる「東アジア文化都市2017」のメインプログラムとして行われたこの展覧会には、京都造形芸術大学卒業生宮永愛子氏と美術工芸学科教授やなぎみわ氏が参加した。
最大の会場である元離宮二条城には、総勢16名の現代美術作家が参加した。私が見学に行った際には、4つの作品がすでに撤去されてしまっていたが、それでも見ごたえのある展覧会であった。今記事では、その作品群よりいくつか紹介したいと思う。
 
会場内に入りすぐ目を引いたのは、赤と緑のザルによる立体物だ。鮮やかなそれは、韓国人アーティストチェ・ジョンファ氏の作品だ。一万個のも及ぶ韓国製のキムチ用のザルによって作られた《エアーエアー》。インスタグラムやフェイスブックなどに写真を載せるということが当たり前である現代において写真を撮られることを前提とした作品となっているそうだ。
 
IMG_7630
その奥に見えるのは、5本の木がマストのようにも見える船だ。船であると同時に一つの巨大な盆栽でもあるこの作品は、中国人アーティストツァイ・グオチャン(蔡國強)氏の手によるものだ。これは前年奈良市にて行われた「東アジア文化都市2016奈良市」で氏が東大寺の境内の池に設置したものを二条城の庭に移築したものだ。展覧会を渡る船。展覧会と展覧会をつなぐ船。ただ、池に浮かんでいた船が、二条城では盆栽となった。果たして、この船はもう一度帆走できるのか。余談となるが、船であり巨大な盆栽でもあるこの作品は、屋外に2か月近く置かれていた。その間苔を枯らすことなく、腐らせることなく維持したことへ単純に驚きを覚えた。
 
IMG_7631
IMG_7644
二条城という空間に溶け込む様々な現代美術。この城は、日本の歴史、ひいては東アジアの歴史が変わるきっかけとなった場所だ。多様性の許される時代の幕開けとなった場所だ。そこに現代人の思考や傾向を象徴する作品群が交じり合う。それだけではない。自らのアイデンティティや国のありかたなど、作家を形成するモノも溶け合う。息づく歴史に寄り添い、しかし、アーティストたちの想像力が爆発している。そんな展覧会だった。
 
 
 
 
文・添田陸(文芸表現学科1年)
 
 
 
 
 

1 2 3 16

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。