こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年4月15日  授業風景

【授業紹介】「色」を学ぼう その1

こんにちは。こども芸術学科です。新年度が始まり、もうすぐ1週間。

今年度の1年生が受講している授業をご紹介します!

 

「マテリアルベーシックⅠ」初回の授業で行われたのは、「色」についての導入編。

授業の序盤は、大きな紙の上で、各々がカラーチャートを作ったり、落書きをしたりしていました。

IMG_8874

IMG_8877

そして授業の終盤、グループごとに紙の上に絵の具をたらし、紙の白い部分がなくなるまで塗り広げるミッションがスタート!筆や手の平、指を使って自由に絵の具をのばし、紙の上での混色を行いました。

IMG_9026

グループによって配色やタッチが全く違っていておもしろです。

IMG_9049

IMG_9003

IMG_9018

出来上がった絵は、次回の授業で小さな長方形にカットし、「色相配色」「トーン配色」を学ぶ際の色見本として使用します。単色ではない色見本で、どんな配色が出来上がるのか楽しみです!

 

                                           スタッフ:大塚

 

/////////オープンキャンパスのお知らせ////////////////////////////////////////

4月27日(土)・4月28日(日)に今年度初めてのオープンキャンパスが開催されます!

詳しくは オープンキャンパス公式サイト をご確認ください!

 

また、上記日程での参加が難しい方は、今後のオープンキャンパス予定を是非ご確認ください!

2019年度オープンキャンパス開催日程

 

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

  • LINEで送る

2019年3月1日  授業風景

【授業紹介】木材を知り、制作する

こんにちは。

少しずつ春の気配を感じる今日この頃。大学は春休みですが、こども芸術学科では実習に行っている学生もいます。

 

今回は、後期に行われた「造形表現Ⅳ」の授業内で行われた木工をご紹介します。

 

初回の授業時には、色々な種類の木材に触れ、重さ、硬さ、匂いなどについて学びます。

そして、バターナイフのデザインを行い、桧(ヒノキ)を使って実際に制作も行いました。

甥っ子や姪っ子に贈ることを想定して作っていたり、家族が使いやすいようにと、持ち手を握りやすく加工したり、様々な工夫が凝らされていて面白いバターナイフを制作していました。

無題

ファブリックボード制作では、図面を見て木を加工し、墨付け、仕口加工、を学びました。

お気に入りの布をはめて、インテリアとして利用できます。

IMG_7933

最終課題は「機能を持たせた箱」制作でした。デザイン、図面制作を自ら行い、木材を加工していきます。

自分の部屋にぴったりの寸法の棚、実家の台所に置ける使い勝手のいい机など、習得した技術をフルに活用して各々が制作を楽しんでいました。

IMG_7934

IMG_7932

この授業で学んだ木工の第一歩が、自分の制作の幅を広げてくれます。(中には卒業制作に活用した人も!)

ここで習得した技術を、是非今後の制作に活かしていってください!

 

                                        (大塚:スタッフ)

 

///////////ご興味がある方はこちらもご覧ください/////////////////////////

こども芸術学科公式ツイッターはこちら

  • LINEで送る

2019年1月25日  授業風景

【授業紹介】音楽発表会を開催しました!

みなさんこんにちは。かなり寒い日が続きますが、体調を崩されていませんか?

 

さて、先日こども芸術学科では1・2年生の授業「音楽Ⅱ」「音楽Ⅳ」の集大成として、大学内にある劇場「春秋座」で音楽発表会を行いました。

今回のプログラムはこちら。2回生がDMを作ってくれました!

音楽発表会フライヤー表 音楽発表会フライヤー裏

まずは1年生の演目から。1年生の多くはこども芸術学科に入ってピアノを始めたばかりです。連弾となると、お互いに息を合わせなければなりません。授業後に時間を見つけては自主練習をして、課題曲の完成度を上げるために頑張ってきました!

複数のグループが曲目に合わせて仮装をしていました。何の曲を連弾しているでしょうか?

IMG_7609

IMG_7662

IMG_7702

IMG_7709

IMG_7748

2回生の最初の演目は「ミッキーマウスマーチ」です。ジャズのリズムにアレンジされた曲を連弾で演奏しました!

IMG_7780

次の演目は「ぐるぐるピアノ」

3人で弾いているのですが、伴奏者以外の2人がどんどん入れ替わっていきます。入れ替わってすぐに弾き始めないと、伴奏とずれてしまうので、入れ替わりは緊張の連続です。

IMG_7788 IMG_7793

「ぐるぐるピアノ」が終わると次は合奏です。「銀河鉄道999」を、軽快なリズムで奏でます。

IMG_7815

最後は合唱。それぞれのパートの練習はもちろん、全体で合わせた時に音を調和させることが大切です。

キレイに音が重なっていました!

IMG_7844

本番中に失敗はあったでしょうが、皆やりきった表情で舞台を降りていきました。本当にお疲れ様でした。

また、こども芸術学科 音楽発表会にお越しいただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 

                                       (スタッフ:大塚)

//////お知らせ・京都造形芸術大学で行われるイベント/////////////////////

2月9日(土)~2月17日(日)「京都造形芸術大学卒業展」が開催されます!詳細はコチラ 

アニメーションや体験型作品、絵本などこども芸術学科ならではの様々な作品に出会えますよ!

2月16日(土)・2月17日(日)「オープンキャンパスも同時開催!→卒展オープンキャンパス

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!!

 

卒展公式インスタグラムはコチラ      こども芸術学科公式ツイッターはこちら

 

  • LINEで送る

2019年1月18日  授業風景

戦争とアート:国策紙芝居

3回生の授業「ソーシャルワーク演習」のなかで「国策紙芝居」が紹介されました。

 

▲▲▲ ここで解説 ▲▲▲▲

国策紙芝居とは、日本で制作された紙芝居で、戦争の正しさ、戦争に対する国民の心構えを示し、戦意高揚を目的として作られました。現代の娯楽や教育の紙芝居とはかなり異なった内容となっています。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

 

国策紙芝居は戦後、発行が中止され、その多くが、戦争に協力したとみなされないように持ち主の手によって焼却処分されました。今回、授業の時間を少し使って、千葉先生がご実家の倉庫で偶然見つけた、国策紙芝居の実物(!)を紹介してくださいました。

IMG_7527

IMG_7583

IMG_7543

IMG_7575

先生が紹介された「聖戦交響曲」という紙芝居は、戦時中の怪我が原因で失明し、戦争から戻った元兵士が戦意高揚するような交響曲を作曲し、民衆から喝采をあびるというストーリーでした。

 先生がおっしゃった「皆さんは、芸術大学に通われているので、今回この紙芝居を紹介しました。当然のことですが、この紙芝居があるという事はこの絵を描いた人がいるという事です。絵を描く力やアートの力が、時代や情勢によってこのように使われていました。皆さんの歩む未来は、アートの力がこのように利用されない時代であることを願っています」という言葉が印象的でした。千葉先生、貴重な学びの時間をありがとうございました。

                                              (大塚:スタッフ)

 

◆◆京都造形芸術大学で行われるイベント◆◆◆

2月9日(土)~2月17日(日)「京都造形芸術大学卒業展」が開催されます!詳細はコチラ 

2月16日(土)・2月17日(日)「オープンキャンパスも同時開催!→卒展オープンキャンパス

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!!

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年1月11日  授業風景

【授業】明徳幼稚園に冬の贈り物!

4回生が授業内で制作した大型紙芝居や、パネル、装飾などを、授業や実習でお世話になっている明徳幼稚園に訪問し、プレゼントさせていただきました!

 

明徳幼稚園に訪問させていた際、12月生まれの誕生会に出演させて頂きました。

クリスマスに合わせて、子ども達の心がわくわくするような手作り大型紙芝居「雪だるまちゃんからのてがみ」を制作し、実演してきました。

1

3

2

会場の子ども達はもちろん、保護者の方の心にも響くすてきな作品でした。

その他に、親子で記念撮影ができる誕生祝いのパネル、3月の進級・入園祝いの装飾などをプレゼントしました。

5

6

幼稚園の先生方に「素晴らしい誕生会にしてもらって有難う!」とお褒めのお言葉を頂きました。

このように、学科で培った造形の力や素材の知識などを使って、制作したものを、実際の現場で役立てていただけるのはとてもうれしい事です。また、園児や先生、保護者の方から直接感想をいただけた事も、学生の励みになったと思います。

 

学生達の集大成を見られる「京都造形芸術大学卒業展」が2月9日(土)~2月17日(日)に開催されます!

詳細はコチラ お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!!

 

 

 

 

1 2 3 25

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。