こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年11月8日  授業風景

【授業紹介】「紐」で遊びを展開しよう

最近は、秋晴れが続いて心地よい日が続いていますね。

先日、2回生の「保育内容総論」の授業内で、「紐」を使って実際に遊び、子どもとどんな事ができるかを考え、展開するという時間がありました。

IMG_4471

IMG_4536

IMG_4499

IMG_4552

IMG_4506

IMG_4563

IMG_45571

学生たちは紐を使って、電車ごっこをしたり、細く裂いたもので風を感じたり、紐で形を作ったり。様々な案を出して遊んでいました。今回は、「細い紐」が多かったですが、遊び方のほかに「紐」という素材にも注目すれば、更に面白い展開もあると思います。

 

●●お知らせ●●●

参加者募集中!高校生対象のワークショップ「こども芸術クラブ」の大学第2回が開催されます。

【開催日】11月16日(土)13:00~15:00 大きな「水溜り」を描いてみよう

【開催場所】京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス S棟(至誠館6階)S61教室

Webからのお申込み、詳細はこちら→こども芸術クラブWeb

水溜り(彦坂)

▼▼こども芸術学科 客員教授:tupera tuperaのお二人の展覧会▼▼▼

「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」

【会期】11月23日(土・祝)~12月25日(水)

【開催場所】美術館「えき」KYOTO http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1913.html

 

 

 

  • LINEで送る

2019年10月25日  授業風景

【授業紹介】「光と影」で遊ぼう 応用編

1回生の授業、マテリアルベーシックⅣの授業内で行われた「オリジナルワークショップを考える、作る、やる!」の様子をお届けします!

 

内容:「カメラオブスクラ作り」「光の三原色の混色」「色の光に包まれる」という三回の授業を通して学んだことを活かし、光を素材としたワークショップを自分たちで考えて実施する。

 

前回の授業でプレゼンしあった5つの案の中から、採用された2つを、実際に行いました。

 

ワークショップタイトル「ネコ人間」

スマホとカラーセロハンで作ったライトでお化けやドクロを映し、指定された色を制限時間内に何個タッチ出来るかという遊び。タイトルの由来は、お化けやドクロをタッチする様が猫の動きに似ているため。ライトのキャラクターを子どもたちに作らせてから遊んでもいい。

IMG_2302

IMG_2316

IMG_2364

IMG_2327

IMG_2342

IMG_2366

ワークショップタイトル「ぶりゅりゅん」

スライムを作り、透明パックにスマホのライトを入れて、スライムを光らせる。タイトルの由来はスライムの感触、見た目を表現したオノマトペから。

image1

IMG_2380

IMG_2381

IMG_2396

IMG_2394

IMG_2430

IMG_2437

IMG_2442

最後は透明シートの上に全員のスライムをのせて光らせる。床に映る影が面白い。

IMG_2455

IMG_2462

下からのぞいたり、中に入ったり。お腹にスライムが映っている。

IMG_2466

IMG_2478

 

〇〇お知らせ〇〇〇

「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」

【会期】11月23日(土・祝)~12月25日(水)

【開催場所】美術館「えき」KYOTO http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1913.html

 

「関連イベント・tupera tupera×京都造形芸術大学 こども芸術学科 presents クリスマス絵本ライブ」

【開催日】12月15日(日)14:00~15:30

【お申込み】Web受付 11月2日(土)10:00受付開始→ http://kuad.jp/tuperatupera-kogaku/

【開催場所】京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 望天館 BT41

  • LINEで送る

2019年10月16日  授業風景

【授業紹介】「光と影」で遊ぼう

1年生の授業「マテリアルベーシックⅣ」の授業をご紹介します。

1年生の前期に絵の具の三原色を学んだので、後期は光の三原色の勉強をしました。 光の三原色はR(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)。 絵の具の混色のしくみはもう知っていますが、光を混色すると、どんな色が出来るのでしょうか? まずは白い紙だけで「オブジェ」を作っていきます。
image5
暗くした部屋の中で、みんなの作品を並べてRGB(R(レッド)G(グリーン)B(ブルー))のライトで照らしてみます。
色とりどりの影に「オー!」と歓声が上がります。
image2
image8
image10
水を入れたペットボトルの底をライトで照らすと・・・水の反射で光が拡散していますね!
image7
光の美しくて不思議な世界を身体で感じ、学びながら、みんな大盛り上がりでした。
オブジェの形によって影の色や形が変わって面白いですね。
白いオブジェがとても「映える」作品に変わりました!

 

●●あんふぁんずーの活動はこちら●●●

「あんふぁんずー」とは

芸術と保育、教育の両方の学びを活かして、こどもの感性を育んでいこうと、こども芸術学科2・3回生10名で、児童文化財やレクリエーションを通して活動を行っている学科内サークルです。

Instagram https://instagram.com/anfan_zoo

Twitter https://twitter.com/anfan_zoo

 

公演依頼、お問い合わせはこちらへ anfan.zoo1045@gmail.com

  • LINEで送る

2019年9月5日  授業風景

【授業紹介】紙漉きを体験!

だんだんと、日が落ちるのが早くなってきましたね。夕方には、鈴虫の鳴き声も聞こえ、それだけで涼しい気分になります。

今回は、前期の1回生の授業「マテリアルベーシックⅠ」の授業で行われた「紙漉き(かみすき)」をご紹介します。

 

■■今回の紙漉きの流れ■■■■

まず、色画用紙、色紙をちぎったものを用意し、水を加えてミキサーにかけます→①

そして、パルプやこうぞ(製紙の原料になる植物性の繊維)を水でふやかします→②

①と②を混ぜあわせ、水で薄めたのりを加えれば紙すきの原料の完成です。

また、ふやかしたパルプやこうぞに絵の具を加えて色付きの原料も作りました!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

学生たちには「紙に漉き込んでみたいもの」を持ってくるように伝えていたのですが、一体何を持ってきたのでしょうか?

IMG_0818

IMG_0803

IMG_0842

IMG_0855

原料に色を付けていますね。激しくシェイク!

IMG_0807

紙漉きをして、形が整ったら、それをガラスにに張り付けていきます。紙だけがガラスに貼りつくように、慎重にはがしていきます・・・

IMG_0836

IMG_0857

うまく剥がせたようです。材料と一緒に漉き込んだお花がきれいでかわいいです。押し花のようになるんですね。

IMG_0873

植物や紙をうまく配置して、漉き込むことができました。この状態で数日乾かし、ガラスからはがしたら完成です!

IMG_0866

身近にある「紙」ですが、材料や方法を知れば、このようにして自分のオリジナルの紙を作ることができます。単に素材として知る、のではなく、実際に紙漉きを体験して知識を深め、今後の制作に役立つ引き出しの1つにしていってほしいと思います。今後が楽しみです。

■■■ 秋期コミュニケーション入学のお知らせ■■■■■■■■■

9月28日(土)・29日(日)実施の秋期コミュニケーション入学。

9月16日までエントリー受付しております!→秋期コミュニケーション入学

 

■■■学園祭×オープンキャンパス のお知らせ■■■■■■■■■

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

  • LINEで送る

2019年8月23日  授業風景

【授業紹介】発表!パネルシアター

8月も下旬に入り、夏の暑さも少しだけ和らいできましたね。

今回は「保育内容Ⅳ(ことば)」の授業内で行われた「ペープサート」の発表の様子をご紹介します。

 

●●パネルシアターとは●●●●●●

パネル布(毛ばだちの良い布)を貼ったボードを舞台に、Pペーパーという不織布で作った絵人形を貼ったり外したり、裏返したり、舞台のあちらこちらへ動かしながら演じる、児童文化です。(カラーパネルシアター アイ企画より)

 

手遊び歌や、短いお話に合わせて、舞台の上の人や動物を動かします。

IMG_2417

IMG_2337

IMG_2375

IMG_2326

20190717_111348

20190717_110340

IMG_2400

20190717_105829

発表を見ていると、自分達で考えた、全くオリジナルのものや、聞いたことのある懐かしい歌もありました。

また「お弁当」の歌の発表をしたグループは、おかずを変えて(サンドイッチやウィンナーなど)アレンジしていたのが面白かったです。長く親しまれてきた手遊び歌の中には、世代の違いによって、今の子どもにうまく伝わらないものもあります。時には、「お弁当の歌」を発表した学生のように、今風にアレンジすると、子どもにも面白さが伝わりやすくていいなと思いました。

 

●●●学園祭×オープンキャンパス のお知らせ●●●●●●●

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

 

 

1 2 3 27

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。