歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年7月3日  授業風景

【授業紹介】装こう文化財の保存修復基礎実習

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

梅雨に入り、曇り空が多い今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今回は2回生「歴史遺産学基礎実習Ⅱ」の授業の様子についてご紹介いたします。

この授業では2クラスに分かれて、「民俗文化財の保存修復」と「装こう文化財の保存修復」の

基礎について実習を通して学びます。

 

今回は、大林先生ご担当の「装こう文化財の保存修復」実習の様子をお届けいたします。

 

 

 

装こうとは、紙や絹などの上に制作された絵画、書跡、典籍、古文書などのことを指します。

この実習では装こう文化財の主要な構成要素である和紙の種類や物性について学び、

掛軸や屏風などの基本的な素材や構造を学びます。

 

 

紙漉きを実際に行い、和紙作りで使用される材料や物性について学びます。

 

1

 

まずは紙を漉くための原料の作成から始めます。

紙の繊維同士が水の中でくっつかない様にして、ムラのない紙をつくるために「ネリ」を加えて攪拌します。

 

2

 

紙料が完成したら漉き枠ですくって、繊維が全体に均一にのるように揺すります。

繊維を均一にのせることは至難の業で、学生たちは苦戦しながらも工夫しながら作業をしていました。

 

 

 

 

調査ではチームに分かれ、掛軸や屏風の調書をとります。

調査項目は、使用されている材料について、物理的・視覚的な損傷について、

以前行われた修理についてなど観察するポイントはたくさんあります。

 

3

 

4

 

しっかり観察し、分からないところは調べながら、ひとつずつ明らかにしていきます。

「この劣化はこれが原因なんじゃないか?」などチームでの話し合いも白熱したようでした。

 

 

 

5

 

発表では、調査結果とともに自分たちの考えたことなどを発表します。

最後には先生の解説もあり、より知識や考えが深まったようでした。

 

 

このように2回生では、修復にあたっての基礎的な知識や技術について学んでいきます。

修復において、モノを丁寧に見ることがまずは必要な力となるので、この実習で見る目をしっかりと養います。

3,4回生になるとより実践的に修復の技術について学んでいきます。

 

みなさんこれからもひとつずつ、学びを深めていきましょう!

 

 

 

 

—————お知らせ————–

7月7日(日)【歴史を次世代に「伝える」─古文書修復体験─】

1日体験入学オープンキャンパスでは、「体験入学」とあるとおり、

歴史遺産学科の授業を実際に体験していただけます!

今回は、古文書を読むレクチャーを受け、修復を体験するプログラムです。

 

まだ申込み枠に少し余裕がありますので興味のある方はぜひ、お申込みください。

詳細は下記をご覧ください。

 

7月7日(日)1日体験入学オープンキャンパス

詳細はこちらから!

  • LINEで送る

2019年4月1日  授業風景

授業紹介①-素材研究実習-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

先生の専門分野のご紹介に引き続き、

今回は大林先生ご担当の授業についてご紹介いたします!

(インタビュー記事はこちらからご覧ください→前編 / 後編

 

 

 

大林先生の授業では、紙や東洋書画等の保存修復に関して、掛軸や古文書・屏風等の構造について

実習を通して学んでいきます。

また、修復を行うにあたって必要な素材研究についても学びを深めます。

 

 

3回生の素材研究の実習では、

「江戸時代の奉書紙の復元」と「色見本帳の修復」の2つのテーマに分かれ、

それぞれの素材や構造についてチームで調査を進めていきます。

今回はその様子についてご紹介いたします。

 

 

 

まず、「江戸時代の奉書紙の復元」では、現在の奉書紙と江戸時代の奉書紙はどう違うのか?という疑問について、

文献調査や紙の試作実験から復元を試みました。

 

 

1

 

 

身分の高い人の代わりに部下が書く公文書のことを「奉書」といい、

その文書に使用される紙を「奉書紙」と呼びます。奉書紙は楮紙のひとつで米粉などを混ぜて漉き上げており、

白くて厚みがあり丈夫な紙であることが特徴として挙げられます。

 

 

2

紙漉きの様子

 

 

「奉書紙」は現在でも作られていますが、江戸時代のものとは違っています。

そこで、原料を変えたり、漉く条件を変えたりしながら紙を漉き、試作を重ねます。

 

 

3

 

江戸時代の「奉書紙」と自分たちが漉いた紙を肉眼や顕微鏡で観察し、表面の感触や繊維の見え方などから

当時使われた材料や漉き方などを推測していきます。

 

 

4

 

最終的に調査対象とした古文書のレプリカを作成し、秋に行われた学生作品展では、成果を展示発表しました。

調査を進めていけばいくほど疑問点が増え、今後の課題も発見できたようでした。

 

 

 

2つめの「絵具見本帳の修復」では、市内の老舗絵具屋さんがお持ちの昭和10年代の絵具の見本帳の修復を行いました。

当時、製品として売られていた絵具が実際に塗られた見本帳で今では作られていない色もありとても貴重な資料です。

まずは構造を理解し、装丁の破損や台紙の変色、焼けなど状態の調査から劣化している箇所に

どのような処置を行うのかについて考えます。

 

 

5

 

汚れたところをドライクリーニングし、劣化により一部くっついてしまった台紙の切除、

補強として染色した裏打ち紙を施し、見本帳の組み立て作業まで行います。

 

 

6

 

7

 

裏打ち紙の染色では、オリジナルの台紙と裏打ちした紙の色合いに違和感が出ないように、

染料の配合比を変えたサンプルをいくつも作成し、色を合わせていきます。

 

 

 

8

組み立てた色見本帳

 

 

 

 

 

このように、修復に向けての技術や素材研究について実習を通して学んでいきます。

修復を行うにあたって、そのものの構造や素材について知識を深めることはとても重要となります。

また、自分たちが疑問に感じたことを調べ、実際に手を動かして疑問を解消していくプロセスも

研究においてとても大切なことです。

 

 

 

学生たちはこのようなことを学び、個々の研究へと進めていきます。

疑問に思ったことについて実際に手を動かして確かめ、一歩ずつ学びを深めていきましょう!

 

 

  • LINEで送る

2019年2月20日  授業風景

授業紹介 2回生「文化財保存修復基礎演習Ⅱ」

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

1回生「歴史遺産学基礎実習Ⅰ」の授業紹介に引き続き、

今回は2回生「文化財保存修復基礎演習Ⅱ」の様子についてご紹介いたします。

 

 

2回生では1回生で得た基礎知識から更にステップアップし、演習を通してものの扱い方、見方を深めていきます。

この授業では、建築等の彩色について、民俗文化財の調査・補修について、

装こう文化財の保存修復実習等と幅広い分野について学びます。

今回は彩色の授業の様子についてご紹介いたします。

 

 

日本画ご専門の正垣先生のもと、繧繝彩色(うんげんざいしき)と呼ばれる彩色法について、

また、装飾料紙制作について学びます。

日本画に使用される道具や岩絵具など基礎的な知識を深め、実際に手を動かします。

 

DSC_0020

 

 

 

繧繝彩色は奈良時代以降に建築、絵画、工芸などの装飾に盛んに用いられた彩色法で、

明るい色から暗い色を塗り重ね、濃淡を表現し彩色します。

 

DSC_0021

線や色のシャープさが重要となるので、絵具の濃さを調節したり、筆の使い方を工夫したり

皆とても真剣です。

 

 

 

装飾料紙制作では、箔の基本的な扱い方から、料紙に使用するための加工方法について学び実践します。

 

DSC_0019

 

竹刀を使用して薄い箔を細かく切ることは至難の業で、慣れるまでにコツが必要です。

 

 

 

DSC_0036

 

そして竹筒と呼ばれる道具で、細かくした箔をまいて模様をあらわします。

 

完成した作品は様々で、模様を描いたり、箔をまいたりそれぞれ個性溢れるものに仕上がりました。

 

DSC_0015

 

 

 

このように2回生は文化財の保存修復に必要な知識、技術を演習を通して学んでいます。

内容はもっと多岐にわたり、得られる知識、経験もたくさんです。

 

そして34回生になると自分の興味のある分野についてより専門性を深め、自身の研究へと学びを深めていきます。

みなさん、ゆっくり一歩ずつ学びを深めていきましょう!

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年1月29日  授業風景

授業紹介 1回生「歴史遺産学基礎実習Ⅰ」

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

まだまだ寒い日が続きますね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、これから連続企画として歴史遺産学科教員の専門分野のご紹介と、

「歴史遺産学科での学び」をテーマに、学生がどのようなことを学んでいるのか、

13回にわたって順次ご紹介していきます!

1回目となる今回は、9月末から1月末にかけて1回生が取り組んできた「歴史遺産学基礎実習Ⅰ」の

授業の様子についてお届けいたします。

 

この授業は1回生にとって初めての実習授業で、文化財調査の基礎を学びます。

前期は京都の歴史や様々な文化財の基礎的な知識を深め、後期に実践的な文化財保存の実習に入ります。

古文書や掛軸、屏風等の取り扱い、瓦や土器等考古遺物の調査法について、

有形民俗文化財の取り扱いの基礎を学ぶ等、実習内容は様々です。

 

 

 

古文書や掛軸、屏風等の取扱いの実習では、グループで掛軸の調査をおこないます。

掛軸の取扱い方から学び、どのような素材が使われているのか、また、劣化や損傷について調書をとります。

 

1

 

じっくり観察し劣化や損傷の原因を考え、グループで話し合います。

 

 

 

2

 

そして話し合った内容を発表します。

観察したことや自分達で考えたこと等をまとめて発表すると同時に、他のグループの発表を聞くことで、

より考えが深まったようでした。

 

 

 

 

瓦や土器等考古遺物の調査法についての実習では、昔の貨幣や石造物の拓本をとります。

拓本とは、石に刻まれた文字や図柄、土器や金属の表面の模様など、錆や風化して読み取りにくくなったものを、

ものを傷めずに写し取る方法です。

 

3

 

紙を当て水で湿らせてはりつけ、墨を含ませたタンポで上から軽くたたいて文字や模様を写し取る「湿拓」と

呼ばれる方法でとります。

墨の濃さを調節しながら慎重にとります

 

 

4

 

文字や文様を読み取りやすく写すことはもちろん、墨を濃くする部分と薄くする部分を使い分け、

そのものの高低差を表現する力も求められます。

学生たちははじめは墨の濃さを調節するのに苦戦したり、線がつぶれてしまい、

模様を鮮明に写し取ることが難しい様子でしたが、やり方を工夫し、どんどん上達しているようでした。

 

 

 

民俗文化財の調査では、資料の実測をおこないます。

実測図の作成では鎌を対象としました。

 

5

 

長さを測りながら、正確に図を描いていきます。

見たままのものを描くことは難しく、皆その難しさを実感しているようでした。

 

 

 

このように1回生の後期では、前期に座学で学んだ内容から更に、身を以って体感し学んでいきます。

2回生では、1回生で学んだ基礎から更に広い範囲で保存修復実習を学びます。

 

みなさん、これからもひとつずつ着実に学んでいきましょう!

 

 

 

 

 

—-お知らせ————————————————————

京都造形芸術大学

卒業展/大学院終了展

 

【期間】2019年2/9(土)~2/17(日)

【時間】10:00~18:00 入退場自由 ※入場無料

【会場】京都造形芸術大学

歴史遺産学科展示:NA401教室

卒業展/大学院終了展の詳細はこちらから!

 

京都造形芸術大学

歴史遺産学科 卒業論文発表会

 

歴史文化領域≫ 2019/2/10(日) 10:00~

文化財保存修復領域≫ 2019/2/11(月祝) 10:00~

会場:京都造形芸術大学 人間館4階 NA403教室

————————————————————————–

  • LINEで送る

2018年7月19日  授業風景

【3回生】 歴史遺産学演習Ⅰ

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

梅雨も明け、猛暑日が続きますね。冷たいものが恋しくなります。

 

さて、今回は3回生「歴史遺産学演習Ⅰ」の授業の様子をご紹介いたします。

この授業ではそれぞれがゼミに分かれ、各先生のもとでより専門的な技術について学びます。

今回は現在、岡田ゼミで俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をテーマに制作に取り組んでいる

様子についてレポートいたします。

 

 

1.2

 

この授業では、仏像技法研究家で本学客員教授 山崎隆之先生のご指導のもと、

昨年までは伎楽面、雅楽面、能面といったお面を「脱活乾漆」という技法により復元制作してきました。

今回は新たな試みとして、脱活乾漆の技法を用いて、風神雷神図屏風の立体化制作に取り組んでいます。

 

 

まずは、顔の造形をつかむために、粘土で大まかな顔の形をつくっていきます。

 

2.2

 

顔の造形ができたら、その上に漆を接着剤にして、麻布を貼り重ねます。

 

3.3

 

ここからさらに、漆と木粉を混ぜた木屎(コクソ)というペースト状の漆を使って、

細かい皺や豊かな表情を作っていきます。

 

4

 

細部まで造形ができたら、粘土を布から取り外します。

 

 

5

 

完成後は全員で講評会を行いました。

顔の向きや細かいつくりに注目してみていきます。

 

6

 

講評会中、「個々に違いがあっておもしろい」「もっとこうすれば良かったなぁ…」

など様々な声が聞こえてきました。

自分の作品を俯瞰して見ることで、つくっている時とはまた違った見方がたくさん出てきているようでした。

 

 

その後、全員で実寸サイズでの制作に取り掛かります。

7

 

P1020030

 

 

毎週学生たちは、楽しそうに活き活きと取り組んでいるので、完成が楽しみです!!

その様子についてはまた後日改めてご紹介いたします!

 

 

 

 

 

【ご案内】——————————————————————————————————–

7月21日(土)・22日(日) -真夏のオープンキャンパス-

 

夏期コミ入直前!

学科の学びを体験できるワークショップに、教員相談ブース、夏期コミュニケーション入学の申し込みもできます!

それに加えて、7/8(日)1日体験入学オープンキャンパスの中止を受け、体験講座を実施いたします!

歴史遺産学科では古文書の修復体験を行ないます。世界の「紙」や「製本技術」についてレクチャーを受け、

実際に和紙の修復を体験します。

事前予約制で先着順となっておりますので、興味のある方、ぜひお申込みください!

詳細・お申込みはこちらから→

 

高校12年生も参加可能です!ぜひ学科ブースに遊びにきてくださいね!

真夏のオープンキャンパス情報はこちら

 

——————————————————————————————————————–

 

1 2 3 14

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。