クロステックデザインコース

授業風景

  • LINEで送る

2020年10月27日  授業風景

Arcade Projectの柏原誉さんと前田有佳利さんがゲスト講師としていらっしゃいました!

皆さんこんにちは!

クロステックデザインコース研究室です!

 

今回はソーシャルデザイン論の授業をご紹介いたします!

先日Arcade Projectの柏原誉さんと前田有佳利さんがゲスト講師としていらっしゃいました!

 

 

 

DSC_0680

左から:石川先生 柏原誉さん 前田有佳利さん

 

 

 

Arcade Projectは、自分たちが子供の頃に商店街から教わったカルチャーを伝えてゆこうと、商店街を野外マーケットにアップデートする試みを行っています。

 

 

参考資料もなく赤字スタートではじまったプロジェクトも、試行錯誤を続けた末、現在の限定された日程で行う野外イベントに落ち着いた、と柏原さん。

野外イベントで使われる建屋も1日で建てて撤収出来る構造になっており、仮想商店街を多くの場所でハプニング的に実施されているそうです。

 

DSC_0667

 

出店者も普段以上のパフォーマンスを出せる環境で盛り上がりを見せるArcade Project

 

 

DSC_0652

他方で、当初の目的は「商店街」でしたが、実施してゆくうちに定着したイメージは「おしゃれなマーケット」でした。前田さんはこのことを通じて、言葉での発進の大切さや難しさを教えてくださいました。

DSC_0674

試行錯誤を繰り返しつつ確実に前に進んでいっているArcade Projectでは、イベント後に建屋をそのまま残して欲しいと頼まれることもあるそうです。また、逆に建屋を撤収することで、今まで気がつかなかった可能性にその土地の人が気づくこともあるとのこと。

 

和歌山県では自分の県にマイナスイメージを持っている人が多かったといいます。

しかし、このArcade Projectを通した県外からの反響によって、大阪や奈良にはない新たな風に気づき、自分の住む地域を再認識する人もいたとのこと。

 

DSC_0648

 

こんな楽しいプロジェクトが各地で広がり、様々な県でオリジナリティー溢れるイベントや表現が行われるようになったら、きっと日本も文化的に豊かになることでしょう!

 

次回もクロステックの面白い授業をブログでお伝えします!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

「はじめまして。ひさしぶり。」

大瓜生山祭2020 ONLINE

日程: 10月31日(土)→11月8日(日)

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細がを掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

twitter   Instagram

 

  • LINEで送る

2020年10月15日  授業風景

時空を飛び越えて作る「トラベル絵画」

こんにちは。

クロステックデザインコース研究室です!

本日は中山和也先生と白石晃一先生がオムニバス形式で行っている授業「クロステックデザイン発展Ⅱ」をご紹介いたいます。

 

withコロナの時代に突入して、人との距離のあり方を認識し直す必要性を感じますね。そんな中現代アーティストである中山先生が「トラベル絵画」を制作する課題を出しました。

 

「トラベル絵画」とは、離れたところにいる他人と半紙(B2ぐらい)の画用紙に絵画制作するというもの。中山先生はこの課題を通して、自分ではどうしようもできない現場でも人の手や頭を使って自己表現をして欲しいと考えているそうです。

今回は自分で手を入れられることが少ないため、ディレクション力が試されるだけではなく、withコロナとの新しい表現へのアプローチを考える機会にもなりますね。

 

課題設定の条件として、学生は指示を出すだけで、自分で描くことは禁止されています。言葉だけで相手に指示を出し、協力して一つの絵画を書き上げます。

 

ところで、半紙ってどのぐらいの大きさかわかりますか?

このぐらいです。

 

 

DSC_0565-2

結構大きいですよね。

 

学生はどのようにして他者に協力もらうか試行錯誤していきます。

ホワイトボードでアイディアを出す学生や、渡された画用紙を小さく切り刻む学生まで様々。

DSC_0546-2

 

DSC_0561-2

DSC_0583

 

さて合評の日を迎え、各々が「トラベル絵画」を自分なりに理解して画用紙に落とし込んでいきます。

旅で必要な靴を使って画用紙いっぱいにカラフルな模様を作り出した学生や、「TRAVEL」という言葉の起源を調べてしっかりプレゼンをする学生まで様々。

 

DSC_0606

DSC_0613

画用紙を切り刻んで紙すきをし、葉書を作ってトラベルグッズへと変化させた学生もいました。

 

iOS の画像 (4)

お母さまの描いた絵葉書。なんだかほっこりしますね。

 

DSC_0587

<謎を解こうとする中山先生>

 

中には謎に満ちたタイトルと作品だけを発表する学生もいました。

意味や意図がわからない中、なんとかヒントをもらおうと、発表者以外の学生や先生が質問を投げかけまくり、まるでクイズ大会のようになった場面も。

作品を通して鑑賞者が思考の旅に出ているようなパフォーマティブな発表もありました。

 

 

 

DSC_0621

浅田優月さん(京都府立嵯峨野高等学校出身)は知り合いの財布に入っているレシートをもらい、時系列に並べて「トラベル絵画」を作りました。

 

DSC_0623

コロナ前の2019年6月14日のレシートから始まり、新しいものは合評が始まる数十分前の物までありました。購入場所も京都から東京、千葉など様々。羅列された数々のレシートを眺めていると、時空を超えてタイムトラベルをしているような気持ちになってきます。

 

 

次は嶋田匠君(私立近江兄弟社高等学校出身)の作品「妹達のトラベル」。

この写真をみて、なんだこれ?と思われた方もいらっしゃると思いますが、これももちろん作品の一部なのです。

 

DSC_0575

嶋田君には2人の妹さんがいるそうです。この課題が出た時に、妹さんに「トラベル絵画」を描いて欲しいと説明なしに頼んだそうです。

その無理難題にまず取り掛かったのが一番下の妹さん。鉛筆の下絵まではなんとか描くことは出来ましたが、夜も遅くなり色を塗る前に寝てしまったそうです。そこで下絵のままではいけないと立ちがったのが真ん中の妹さん。下絵をヒントにgoogleで検索しながら着色。その際には、下絵の間違いを見つけては丁寧に修正をしていたそうです。夜中の12時を回っても作業は終わらず、ついにお母さんも参戦。ようやく完成した絵を朝に渡された嶋田君は、そのまま発表を迎えました。

発表時、嶋田君はこれが妹達が描きあげた「トラベル絵画」であるということ以外、何が描かれているかは詳しくは知りませんでした。

妹達とお母さんが描いた世界中の名所と一緒に、まるで旅行にいったように写真をとる嶋田君。

一番下の妹さんはこの絵画の完成した姿をみていないとのことで、嶋田君はこの絵を大事に持ち帰りました。この絵画もトラベルを終えて家路につくのですね。

 

今回の授業では、アートの観点からアイディアを考えて制作しました。

「絵画」と言われると油絵や水彩などを想像することが多いのではないでしょうか? 現代アーティストの中山先生はそうした枠を超えたことに常に挑戦し、面白い物を作りたい、見てみたいと考えています。

これはスタートアップや企画のアイディア出しにも共通していることで、クロステックデザインコースの先生方は「枠」に囚われていては新しいことや面白いことは始まらないと考えています!

 

次回もまたクロステックデザインコースの授業を紹介できればと思います!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

高校生・受験生限定!

秋のmini

オープンキャンパス!

 

これから具体的に進路を考えはじめる高校生・受験生必見!

まずは気軽に大学を見学して、京都芸術大学のワクワクする学びを体感しよう!

*今年度受験を予定している高校3年生・受験生・留学生の方は、【11月1日開催のキャンパス見学ツアー】への参加もご検討ください。

*体験授業型選抜Ⅰ期において出願手続きをされた方は、12/6に実施される「0年生プログラム」に参加をしてください。

 

日程:10/24(土) 10/25(日)

時間:10:00〜/13:00〜

*2部制 *事前予約制

予約はこちらから!

 

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細がを掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

 

twitter   Instagram

 

  • LINEで送る

2020年9月9日  授業風景

1年生にサプライズがいっぱい!

こんにちは。

クロステックデザインコース研究室です!

 

今回は軽部先生と中山先生の授業「プランニング基礎」をご紹介いたします。

 

1年生が対象の「プランニング基礎」は、企画提案力と実行力を身に付ける授業です。

クロステックデザインコースでは、企画で最も大切なのは参加者をワクワクさせて幸せにすることだと考えています。この授業では、目の前の大切な人を喜ばせるアイディアを考え、実行し、最後に合評を行うという、1年生の登竜門になる授業です!

 

今年はコロナの影響で前期授業は全てオンラインで行われましたので、学生は実際に会って話し合うことも出来ず、様々なハードルを乗り越えての発表となりました。

 

しかし、今年の1年生たちはこの逆境に負けず、今までに見たことのないさまざまな楽しい企画を考えました。その一部をご紹介いたします!

 

オンライン授業では雑談の時間がなく、また学生間のみならず先生とのコミュニケーションも不足していると感じたチーム。

映像による間違い探しゲームを実行しました。

中山先生もメモを取りながら必死に参加しています。

 

iOS の画像 (1)

難易度が高めの間違い探しゲームでは、一度見た後にブレイクアウトルームでランダムにチーム分けがなされ、お互いに話し合いながら間違いを探していきます。

今までは先生と学生が一つの課題に取り組んだことはなかったため、急に団結力が出てきます。

 

iOS の画像

 

そして最後に、1年生全員が自分のロゴを印刷したT-シャツを先生方にお披露目。

これがクロステック1年生全員で作った初めて作品になります。

 

02

 

毎年恒例で行われていたねぶた制作も、今年はコロナの影響でなくなってしまいました。

知らぬ間にポッカリとあいた穴がこのサプライズによって埋まった気がします。

 

次のサプライズは中山先生も仕掛け人になって行われました!

ターゲットは1回生の中山君。

考え込みやすい性格の中山君に対し、小さなサプライズを連発で仕掛けていきます。

 

最初は、まだ会ったことのない同学年の学生から急に電話がかかってきて、好きな色や好きな家電量販店などを聞かれるというもの。

唐突すぎて困惑している中山君。

 

18

次のサプライズは、中山君がyoutubeに上げている動画が急に中山先生の授業でアート作品として取り上げられ、講評されるというもの。

 

19

そして最後に、中山君のお母さまやお友達にもご協力いただき、中山君に心暖かいメッセージが送られました。

中山君は大変驚いておりますが、とても素敵なサプライズでした。

 

01

 

最後のサプライズのターゲットは軽部先生。

21日~25日にかけて、毎日軽部先生が代表取締役副社長をしている株式会社オレンジ・アンド・パートナーズに複数の偽名を使ってメールを出し続けたそうです。

 

06

 

スクリーンショット 2020-09-01 10.19.12

 

スクリーンショット 2020-09-01 10.19.42

 

全てのメールが実は暗号となっていて、暗号を解くと「おめでとう」となっているという仕組み!

 

 

08

 

それだけではなく、授業中に軽部先生の奥様が部屋のドアをノックしてきます。

軽部先生がドアを開けると、そこにはコーヒーが入ったマグカップ。そしてそのマグカップには、先生への手書きメッセージが書かれています。

 

そう、そのマグカップも、実は学生がそれぞれのメッセージを書いてお互いに郵送したもの! 長い旅を経て軽部先生のもとへ届きました。

 

09

 

10

 

このサプライズは、学生たちが軽部先生の秘書さんやオレンジ・アンド・パートナーズのみなさま、そして軽部先生の奥様にもご協力をお願いし、緻密な計画を立てたからこそ成り立った素敵なものでした。

 

何も知らない軽部先生は届いた不思議なメールに真面目に返答してしまったそうです。

そのメールを見て、またみんなで大笑い。

 

 

15

 

軽部先生は本当に嬉しそう!

「サプライズ」という言葉の意味が人を驚かせるだけでなく、喜ばせるという意味も持っている。それがちゃんと成立したとても素敵な企画でした!

 

 

05

 

 

今回のサプライズはオンラインによって行われ、不自由な事も多くあったと思います。

海外で授業を受けている学生もいる中で、全員が参加し、楽しめるサプライズ合評が出来たのは、1年生の信念があったからこそです。

今回、全てのサプライズを紹介することは出来ませんでしたが、授業を受けている時のみんなの顔は、達成感と幸せにあふれていました。

 

 

16

14

13

12

17

 

最後に、こちらは1年生が作ってくれたスライドです。

 

 

23

 

22png

 

コロナ下での大変さも、サプライズで吹き飛ばしてしまう素敵な授業でした!

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

次回はいよいよ

<オンラインで実施>体験授業型選抜Ⅰ期

 

エントリー受付

9/1(火)〜16(水)まで

 

A日程  9/19土  9/20日

B日程  9/21月  9/22火

 

実施方法完全オンラインで実施

 

WEBエントリ―受付中!

 

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細がを掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

 

twitter   Instagram

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年9月1日  授業風景

コピーを書くのは奥深い!

こんにちは。クロステックデザインコース研究室です!

 

本日は夏目則子先生の授業「ブランドデザイン概論Ⅱ」をご紹介いたします!

 

001-700x398

本日はゲスト講師である中嶌直子先生の「コピーを書く」実践の授業の続きです。

 

今回の課題はステートメントとブランドスローガンを考えることでした。

ステートメントはブランドのミッションや価値を文章で表したもので、これがしっかり書かれていないと、サービスの認知、購買につなげる「プロモーション」が出来ません。

また、ブランドスローガンは会社やサービスの理念やビジョン、事業内容を端的に表現したキャッチコピーのことです。

よく知られているブランドであれば、抽象的なコピーでも比較的理解され受け入れられやすいですが、新しいブランドの場合、まず自己紹介も含めたあらゆる情報を短い文章で表す必要がある、と中嶌先生。

 

 

なるほどと思いつつも、伝えたいことが多すぎて短い文章にまとめることの難しさに焦ります。

例えばクロステックデザインコースのブランドスローガンを考える場合、入れたい要素を簡単に箇条書きすると

 

 

 

 

・最新のテクノロジーを学べる

・スタートアップ(起業)について学べる

・photosho, Illustrator などデザインツールを学べる

・マネージメントやプロモーションなど広告業界のことが学べる

・websiteを作るプログラミングを学べる

・3Dモデリングのツールを学べる

・文系理系が共に学べる場を提供している

・大学にいながら企業とコラボレーションをすることができる

・アート作品を読み解いたり自分でも手を動かしたりすることで柔らかい思考を持つことができる

 

 

 

 

うちのコースもいろいろなことができるなと関心をする反面、これを一言でまとめるのはとても難しいです…! 足りない頭で捻り出したコピーはこれ。

 

 

 

「見たことがない、未来の人材になろう。」

 

 

 

抽象的すぎて、なんのこっちゃわかりません。

中嶌先生にお見せすれば優しく赤を入れてくださることでしょう…

 

 

 

 

さてここで学生さんの出した課題をいくつかご紹介していきます。

一つ目は高田雛子さん(滋賀県立大津高等学校出身)の課題

 

スクリーンショット 2020-08-25 9.14.28

 

スクリーンショット 2020-09-01 16.02.14

スクリーンショット 2020-08-24 10.58.11

IROのブランドスローガンとして選ばれたのが

 

「わたしらしさのカタチ」でした。

 

抽象的ではあるものの、平仮名とカタカナを使って作られていることでハンドメイドの手作り感を文字から感じることが出来ます。

どこか可愛らしさや優しさを感じてしまうのも、文字の組み合わせがあるからだと思います!

 

 

次は浅田優月さん(京都府立嵯峨野高等学校出身)の課題:

 

スクリーンショット 2020-08-25 9.43.04

スクリーンショット 2020-08-25 9.44.49

 

関西弁のステートメントが良いですね…!

これを読むだけで行ったことがなくても商店街の雰囲気を感じ取ることができます。

 

そうして中嶌先生が選んだブランドスローガンがこちら!

スクリーンショット 2020-08-25 9.47.14

商店街の名前のインパクトが強く、美味しいモノが沢山あるのだろうと想像されますし、コピーによって落ち着いた⼤⼈の街だということもわかります。また、このコピーを見たときに感じる性格の良さが高評価につながりました!

 

 

 

 

最後は藤尾貫太君(滋賀県立瀬田工業高等学校出身)

 

スクリーンショット 2020-08-24 13.39.39

意識的か無意識的か分かりませんが、すでにブランドコピーが載っています。

こちらとても分かりやすく、素晴らしいコピーだと中嶌先生。

 

またステートメントも詳細まで書かれており、好感が持てますね。

 

スクリーンショット 2020-08-24 13.40.09

 

藤尾君の作品に対しては中嶌先生からも「うまい」や「コピーライティングしている」などお褒めの言葉が多く、少し多めにご紹介しますね。

 

スクリーンショット 2020-08-24 13.43.28

スクリーンショット 2020-08-24 13.44.27

選ばれたのは「異世界型仮想闘技場」。

これはブランドのスローガンとして使用できるレベルとのこと!

 

今回の中嶌直子先生の授業は

言葉の難しさや面白さに気付かせてくれる授業でした!

 

 

 

 

また次回もクロステックで行われる授業や先生方をご紹介できればと思います!

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

次回はいよいよ

<オンラインで実施>体験授業型選抜Ⅰ期

 

エントリー受付

9/1(火)〜16(水)まで

 

A日程  9/19土  9/20

B日程  9/21月  9/22

 

実施方法完全オンラインで実施

 

WEBエントリ―受付中!

 

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細がを掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

 

twitter   Instagram

 

資料請求

  • LINEで送る

2020年8月18日  授業風景

面白法人カヤックの皆さんがいらっしゃいました!

こんにちは。クロステックデザインコース研究室です!

本日は夏目則子先生の授業「広報PR概論」をご紹介いたします!

 

カヤックのみなさん

 

今回は企画力×制作力を武器にしている面白法人カヤックの泉聡一さん、原真人さん平澤誠士さんがゲスト講師としていらっしゃいました!!

 

KAYAKKU

今回は技術と広告の関係性について現場ならではの視点でお話くださいました!

 

広告の世界で大切なのは大きなインパクトを与えてメディアにも取り上げられるようなアイディアだとのことで、現在の広告業界では「技術」と「アイディア」を組み合わせる戦略が多く取られているそうです。

 

スクリーンショット 2020-07-23 16.05.25

 

その中で今まで注目されていたのはVRでした。

2017年ごろからVTuberやVRチャット上でバーチャルマーケットが開催され、人が気軽にバーチャル化できることが注目を浴びた時期もありましたが、コンテンツの不足やユーザーがハードウェアを所有しずらいことから、現在のところ望んだほどのシェアは得られなかったそうです。

 

今でもVR用のハードウェアは開発・販売されているものの、一般目的の使用というよりは建築・医療・教育といった専門職用のツールへと変化を遂げています。

 

「現時点ではまだ、VRハードは仕事のあり方を変えるもので、生活を変えるものではありません」と泉さん。

 

かなりショック!

 

「しかし」

 

と、泉さんは続けます。

 

「VRの発展によって得た技術は、今、ARに応用されてきています。」

 

希望はあるようです!✨

 

そもそもたくさんの人がハードウェアを所有することが難しいのは、生活の中で必要性がないからです。広告業界でVRに希望を見出すことは難しいものの、今や私たちの生活に不可欠となったスマートフォンで体験できるARこそが、バーチャル技術の新しい舞台になってきているとのことです!

ARの時代がついにやってきました!

 

開発ツールが無料になり、ツールアシストも充実して習得も容易になったことで

もの作りは民主化している」と明言。

 

スクリーンショット 2020-07-24 10.54.09

 

現在はプランニングだけや技術だけが出来る人ではなく、全てを網羅的に理解できる人、

「頭を使って作る、手を使って考える」ことが出来る人の時代なのだとカヤックのみなさんはおっしゃいました。

 

02

 

クロステックデザインコースの学生は、様々なソフトウェアに触れたり3Dプリンターを使ったりして、モデリングをしながら企業向けの企画対応が出来るように学んでおりますので、現在の広告業界に即応した人物が育つ環境であるといえます!

 

広告の未来も、クロステックデザインコースの未来も感じられる素敵な授業でした!

 

次回もまた先生や授業をご紹介いたしますのでお楽しみに!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

次回は進路選び本番!

夏のオープンキャンパス

 

日程:2020年8/29(土)- 8/30(日)

 

詳しい詳細はこちらからチェックしてみてください!

 

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページ授業内容の詳細がを掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

 

twitter   Instagram

 

資料請求

 

 

 

 

 

1 2 3 6

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。