クロステックデザインコース

授業風景

  • LINEで送る

2018年11月2日  授業風景

福野泰介氏 特別授業

11/1の「スタートアップ概論Ⅱ」は株式会社jig.jpの福野泰介さんに「x IoT」をテーマに特別授業をしていただきました。

 

モバイル端末に特化したアプリケーションの企画・開発会社として設立された株式会社jig.jpは来週、クロステックデザインコースで研修旅行に行く福井県鯖江市が開発拠点。

鯖江市でのオープンデータの活用やIoTの取り組みなどを紹介していただきました。

AF5C86AD-201D-4F29-96D4-F146B4FA0F23 (1)

福野さんは「一日一創」を掲げて、毎日必ず何かを創って公開しているそうです。

「役に立たないようなモノでも毎日創ることが大事」なのだそうで、そういう膨大なアイディアの中から面白いモノが出てくることがあるのだそうです。

この日もLEDで光るネクタイを締めていらっしゃいました。

IMG_4712

講義の後は手のひらサイズのプログラミング専用パソコン「IchigoJam」にインターネット通信機能がついた「IchigoSoda」を使ったワークショップを行いました。

簡単なコマンドから始めて最後には対戦ゲームが出来上がりました。

IMG_4708

普段の授業でもプログラミングはやるのですが、正直、苦手に思っている学生は少なからずいるようで…そんな学生たちも今回は楽しみながら取り組めたようです。

2020年度からは小学校でもプログラミング教育が必修化されますが、単にプログラミング言語を操るというよりは、コンピュータに限らず自分が意図したことを実現するために、何が必要で、どのような機能を組み合わせればいいのか、どう改善すれば効率的かといったことを論理的に考える力「プログラミング的思考力」を養うことが目的のようです。

なかなか奥が深いですね!

 

その後は困っていることをとにかくたくさん出し合って、京都造形芸術大学困っていることオープンデータを作り、その中のいくつかについて解決方法を考えてみました。

「困っている」ということは新しいモノ作りの種がそこにあるので、福野さんは困ることに遭遇すると「ラッキー」と思うそうです。

そういうちょっとした「困った」という感情を見過ごさないというのも流石ですね。

 

いよいよ来週は今回伺ったお話の現場・鯖江市への研修旅行です。

眼鏡だけではない鯖江への興味がグッと増しました!楽しみです!

  • LINEで送る

2018年7月26日  授業風景

デジタルファブリケーション

こんにちは!クロステックデザインコースです。

 

今回は「素材・材料学演習」で行ったデジタルファブリケーションの授業の紹介です。

デジタルファブリケーションとは、デジタル工作機器によってさまざまな素材を加工する技術のことです。

例えば3Dプリンターやレーザー加工機、UVプリンターなどが挙げられますが、これらのテクノロジーによって大きな工場ではなくても個人レベルで精度の高いモノづくりが行えるのです。

 

今年度よりウルトラファクトリーにはデジタルファブリケーション機器が新たに追加され、先日、クロステックデザインコースの授業でもそれらの使い方のレクチャーを受けました。

 

3Dプリンターの使い方に興味津々!

IMG_3305IMG_3357

レーザー加工機でアクリル板を加工してみました。

IMG_3324IMG_3326

デジタル刺繍ミシンはファッション系の制作に活用できそうですね。

IMG_3335IMG_3332

カッティングプロッタでカットした「X-tech」の文字が授業後に教室のドアに貼られていました。

IMG_3313IMG_3707

この先、これらの機器がどんな企画に活用されるのか考えるだけでワクワクします!

今月中には人体サイズの3Dデータが取れる3Dボディスキャナーも納品される予定でとても楽しみです!!

 

 

<おまけ>

猛暑真っ只中の授業で野外活動を実施!

川の誘惑に負けて学生だけでなく先生もずぶ濡れになっていました。

IMG_3665IMG_3680

 

そんなテクノロジーもアウトドアも多様な面白さが詰まったクロステックデザインコースの授業!

夏期コミュニケーション入学はそんなコースの雰囲気が体感できる体験授業型入試です!

 

■■■夏期コミュニケーション入学■■■

A日程:8月4日(土)-5日(日)

B日程:8月6日(月)-7日(火)

エントリー:8月1日(水)必着 エントリーはコチラ

最大2コースにエントリーが可能です!

  • LINEで送る

2018年6月16日  授業風景

田所雅之氏 特別授業

6/14の「スタートアップ概論Ⅰ」は連続起業家の田所雅之さんをお迎えしての特別授業でした。

田所さんは日本とアメリカで合計5社を起業し、これまで1500社以上の世界中のスタートアップを評価してきた方で、2017年にはスタートアップ支援会社Unicorn Farm のを立ち上げられています。

著書の『起業の科学 スタートアップサイエンス』は発売後、3部門(経営、起業、イノベーション)で24週連続ベストセラー1位(2017年11月2日~2018年4月10日)になっています。IMG_3298

 講義ではスタートアップに必要な7つのポイントをさまざまな実例を交えながら教えていただきました。

「スタートアップにおいては既存のものを改善していく持続的イノベーションではなく、全く別の価値を見出していく“破壊的イノベーション”が重要であること」や「少しの大ファンを作ることの優位性」など非常に分かりやすく、納得させられる内容でした。

IMG_3287

 誰が聞いても魅力的なアイディアはスタートアップにおいては大して良いことではなく、誰かに話すときに恥ずかしいと思うようなアイディアこそが実は大ヒットの可能性があるのだそうです。

これは聞いている学生にとって背中を押してくれる話だったのではないでしょうか。

「人に笑われるかもしれない」と思っても臆することなく、どんどんチャンレンジしていきたいですね!

 

 

◆1日体験入学のお知らせ◆

7/8(日)の体験授業は、私たちの身の回りにあるものを「もっと便利に」「もっと楽しく」するアイディアのワークショップを行います。

楽しみながら体験できる内容になっていますので、ぜひ気軽に参加してください!

参加申込みはコチラから!

 

 

  • LINEで送る

2018年5月28日  授業風景

孫泰蔵氏 特別授業

5/18の「スタートアップ概論Ⅰ」では、連続起業家の孫泰蔵さんにお越しいただき特別授業を実施しました。

孫泰蔵さんは、東京大学在学中にYahoo! JAPANの立ち上げに参画し、コンテンツの制作会社を設立したのを手始めに、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど数々の企業の立ち上げに関わってこられた方で、2013年にはMistletoeを設立し、現在、起業家の育成や共同創業、出資などスタートアップを包括的にサポートされています。

1

今回の授業は、学生たちからの質問に孫さんが答えていく形でトークが進みました。

学生で起業した時の苦労話や日本の教育の問題点から「このような事業が成功すると思わなかった」といった本音まで飛び出し、全ての話題が興味深いものでした。

 

その中でも

・お金は何かをするときの道具の一つにすぎない。家を建てるときの釘のようなもの。

・「社会で潰しが効く」という考えは幻想で、そういう発想で何かに取り組むことはあまり意味がない。自分が「やりたい」と思うときにそれに没頭することが大事。

・何かを中断しても諦めない限り「失敗」にはならない。もし「やらかした」と思うことがあったとしても、そこから得られることがあり自分の糧になるので「失敗」ではない。

・幸せは人間(じんかん)にある。人との繋がりや仲間を見つけることが大事。

といった、スタートアップを目指す学生たちにとってハッとさせられる価値観を示してくださいました。

  2

授業の後にもいろんな学生と直接ざっくばらんにお話いただいて、貴重な時間を過ごさせていただきました。

近い将来、孫さんと一緒に面白いことができる学生が出てくることを期待せずにはいられない一日となりました。

 

孫さん、ありがとうございました!またぜひお越しください!!

 

 

◆1日体験入学のお知らせ◆

6/10(日)は、この先、私たちの生活に加速度的に浸透していくVRを使った授業を実施します。

社会を変えていくテクノロジーとサービスを体感しましょう!

申込みはコチラ!

 

 

  • LINEで送る

2018年4月16日  授業風景

クロステックデザインコースが本格始動!

情報デザイン学科の新コース、クロステックデザインコースの授業が始まりました!

 

「スタートアップ概論I」の初日はクロステックデザイン学科1期生お揃いのパーカーで授業を受けました。

このパーカーはAO入試で合格した人が入学前に受ける「0年生プログラム」の中でデザインしたものです。

IMG_2763

本学とあのUHA味覚糖がコラボした「selfie-maのど飴」を持って…

IMG_2761

なんとこの商品、クロステックデザインコースに入学前の有志3名(浅田優月さん・遠藤和奏さん・黒木りみさん)も開発プロジェクトに参加していたのです!

引きの写真だと分かりにくいですが、このe-maのど飴には動物たちの鼻がデザインされていて、自分の鼻に当てて自撮りするという遊び方ができます。

こんな感じ↓↓

dz1babvvwaecipn_1024

「selfie-maのど飴」の特設サイトはこちら!

 

午後からは実習室で工具類の説明を受け、グループごとにいろんな製品を分解し構造を調べてみるという授業を行いました。

IMG_2769

IMG_2785 (1)

クロステックデザインコースの演習系科目は、短期間に効率よく集中的に学べるように1週間1科目サイクルで授業を行います。

いろんな知識やスキルが身につくのが実感でき、翌週の授業が楽しみになるような授業をめざします!

 

 

さて、4/29(日・祝)はオープンキャンパスです。

そちらでも製品の分解体験ができます。ぜひお越しください!

1 3 4 5

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。