プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年8月8日  授業風景

前期の締めは講評会!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

梅雨も明け、本格的に夏が始まりましたね!

気温も急に上がったので、みなさん熱中症には注意して下さいね○

 

 

さて、大学としてはも夏休みに突入しましたが、

学科では前期授業の最終回に 合同講評会 を行いました。

 

DSC_2018

今回はその講評会の様子をお届けします!

 

 

講評会では、先生方に向けてプレゼンテーションを行い、

意見や評価をもらいます。

 

DSC_1992 DSC_2029

↑こちらは1年生の講評会の様子。

入学後初めての講評会にみんな緊張しながらも

堂々とプレゼンテーションを行っていました!

 

DSC_1901

↑こちらは2年生の講評会の様子。

2年生は、バスの内装・外装・バス停の中から一つを選び

デザインをする、という授業の講評会です。

 

 

1 DSC_1887  DSC_1880

曲面が多く、作るのが難しいバスのモデルを

学生達は一生懸命制作・完成させていました!

 

 

DSC_1914DSC_2055 DSC_1921

↑こちらは3年生の講評会の様子です!

 

3年生になると、3Dのモデリングデータや映像などを活用して、

よりレベルの高いプレゼンテーションを行っていました!

 

 

***

 

 

この日に向けて学生たちは大学がしまるギリギリまで残って

制作を行っていました!

 

みんな講評会お疲れさま、よく頑張りました

 

 

先生方からもらった意見やコメントを励みに、

後期からの授業も頑張ってくださいね!

  • LINEで送る

2019年7月17日  授業風景

【授業紹介】和三盆の工場見学を行いました!

 

みなさん、こんにちは!

 

気が付けば、7月も中盤ですね!

学生達は7月の末に控えた講評会に向け、遅くまで教室に残りながら

制作を頑張っています!

 

また講評会の様子もブログにてお伝えしますね○

 

 

さて、先日授業にて和三盆の工場見学へ行ってきました!

 

f

この「企業研究」という授業では産学連携を目的としており

今回は「恵芳庵」という和菓子屋さんと産学連携を行います。

 

 ・・・「和三盆」とは

 上品でまろやかな甘みと、口どけの良さが特徴の砂糖で

 砂糖の中では最高級とも言われています。

 主には羊羹や落雁、干菓子などの和菓子に使用されています。

 

b

まずは、和三盆に関する知識や種類などをレクチャーしていただきます!

(実際に試食もさせていただきました・・・!)

 

c d

こんなにもさまざまな色やかわいい形があるのだと驚きですね!

 

e

そしてそのあとは実際に和三盆を製造している工場の見学!

 

i h a

和三盆の色の付け方や製造方法、使用する道具など

詳しく教えていただきました!

 

 

ここからどんなデザインが生まれていくのでしょう!

 

 

 

 

  • ●● 真夏のオープンキャンパスのお知らせ ●●●●●●●●●●●●

 

今回のオープンキャンパスでは、なんとプロダクトデザインを

4年間勉強してきた現役4年生の先輩も参加します!

 

教職員だけではなく、わからない事・聞きたい事は

先輩たちにも聞いてみちゃいましょう!

 

・日時:7/20(土)21(日)10:00~16:00 *受付開始9:40

 

詳しくは→ こちら から

  • LINEで送る

2019年6月28日  授業風景

【授業紹介】新聞紙でバックを作ろう!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

最近ではスーパーなどでビニールの買い物袋が有料のところや

マイバックの利用を推奨しているお店が増えてきましたね!

 

プラスチックが環境に悪い!ということで徐々に世の中に

広まっている取り組みですが、

そんな中 “新聞紙でバックを作る” という授業が行われました!

 

b c

再生可能な新聞紙でつくられたバックがビニール袋の代わりに使えたら

環境にやさしくて、とっても良いですよね○

 

学生はそれぞれ使用するお店やシーンを想定して

新聞紙バックの提案をしていました!

 

d a,e

ペットボトルを入れるためのバックや、誰でも簡単にかつスピーディーに作る事を

重視したバックなど、様々なバックが提案されていました。

 

また、実際に使用して強度の検証を行ったり、

誰もが作ることが可能なように、バックの作り方レシピも作られていました!

 

 

f g

↑交換留学生もこの授業に参加しています!

・・・ちなみに、海外の新聞紙と日本の新聞紙では強度が異なるそうですよ!

 

将来新聞紙バックでお買い物に出かける日が来るかもしれませんね!

 

 

 

 

\\\\\\\\\\\\ 体験授業のお知らせ ////////////

 

  高校3年生は受験対策として、1-2年生は大学生体験として!

  プロダクトデザインの授業を体験してみませんか?

 

 ・日時:77日(日)10001630 *930受付開始

 ・ご予約は → こちら から

  • LINEで送る

2019年6月4日  授業風景

【授業紹介】キャスターワゴンづくり!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

最近は気温もぐっと上がり、とっても暑いですね。

みなさん熱中症にはお気を付け下さいね○

 

 

今回もまたまた授業の紹介をします!

 

b

1年生は毎年恒例この時期に

初めての課題として、“キャスターワゴン”を制作します!

 

c

このキャスターワゴン制作では

図面を読み解く力や木工のスキル、機械扱い方などを学びます。

 

そしてここで制作したキャスターワゴンは、今後4年間使用します!

 

 

e f

今回のぞきに行った授業では、

キャスターワゴンの引出し部分の制作を行っていました!

 

g 

d

学生同士で教え合ったり、手伝いあったりと

みんな和気あいあいと楽しそうに制作を行っていました!

 

h i

 

みんなの完成が楽しみです◎

 

 

 

―――――――――1日体験授業のお知らせ―――――――――

 

 プロダクトデザイン学科の6月の体験授業は、

 「観る」→「つくる」のデザイン ” というテーマで

 授業を行います!

 

 現役のプロダクトの学生も、授業のお手伝いに来ますよ!

 みなさまぜひぜひご参加ください。

 

 ○日時:6/9(日)10:00~16:30

     7/7(日)10:00~16:30

      *930より受付開始

 

 ご予約は→ こちら から

 

―――――――――――――――――――――――――――――

  • LINEで送る

2019年5月27日  授業風景

【授業紹介】バス停のデザインをしてみよう!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

以前のブログにて、高齢者疑似体験をした様子をお届けしましたが、

今回はその授業の続きをご紹介します!

前回のブログは こちら から

 

 

車椅子・高齢者体験を行った学生達は、その経験をもとに

 バス停のデザイン を行いました!

 

体験から得られた気付きをグループで話し合い

そこからバス停のデザインに落とし込みます。

 

 

↓それぞれのバス停の案をプレゼンしている様子

 

b c

 

留学生と話し合いながらデザインを進めた班も〇

 

d

↑最後のアイディアに至るまでに書かれた、いくつものスケッチ

 様々な検討が行われたことが分かります!

 

eDSC_1513

腰が曲がった高齢者のために、時刻表などの掲示板を足下に設置する案や、

車椅子の方がバスに乗り込みやすいように

バス停自体に傾斜をつけた案、などなど。

 

 

この授業は、3年生の以上の学生が受けている授業ですが

みんなこれまでに学んできた知識やスキルを活かし

3Dパースやモデルを制作!それを元にプレゼンテーションを行っていました!

 

 

f g h

 

 

 

――――――――― 体験授業のお知らせ ―――――――――

 

  みなさん、体験授業の予約はもうされましたか?

  プロダクトの授業を1日体験できちゃうチャンス!

 

   ・日時:6/9(日)10001630

       7/7(日)10001630

 

  ご予約は→ こちら から

  みなさまのお越しをお待ちしています!

 

――――――――――――――――――――――――――――

1 2 3 10

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。