プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年5月9日  授業風景

卒業制作に向けてスタート!

本日、4回生による卒業研究のレビューが行われました!
四年間の集大成である卒業制作に向けて、最初の企画発表…。
先生方から厳しい指摘と優しいアドバイスをもらっていました。
来年2月に開催される卒業制作展が今から待ち遠しいですね!

学生プレゼンの様子

 

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

  • LINEで送る

2014年1月5日  授業風景

新しい3Dプリンターの導入!

プロダクトデザイン学科にはラピッドプロトタイプマシンとして、切削型のもの石膏の粉を積層して造形するものの2タイプがありますが、今回樹脂を溶かして積層するタイプの3Dプリンターを導入しました.

これは、3DCADで制作したモデルを、そのまま機械で作製してくれるマシンになります.3Dプリンターは昔からある技術ですが、最近ブームになっているのが今回導入したタイプのものになります.

フィラメントと呼ばれる細長い樹脂の糸を、細いノズルから押し出しながらモデルの断面図を描いてゆき、立体物を造形してくれます.

このマシンは、価格も安く扱いも簡単で速く出来ますが、形は大まかなものになってしまいます.逆に切削のタイプのものは時間がかかりますし設定も難しいのですが、きれいな表面が出来上がります.

3Dプリンターはどれも一長一短があり、万能なモデルはありません.学科では2回生より3DCADを学習しますが、自分の制作したいモデルに合わせて3Dプリンターや他の製作法を合わせて、モックアップを作ります.

新しい3Dプリンターも、現在どのような特性があるのかテストをしています.来年の春から本格始動で授業に使っていきます.

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

  • LINEで送る

2013年12月5日  授業風景

成形合板で製品をデザインする

工房であるProductFABの一角に、不思議な木製の型の様なものがあります.
これは、PD演習VIで制作中の、成形合板の型になります.

木製のイスなどで、薄い木の板を重ねたものがありますが、この授業では成形合板の製品のデザインから、その試作までを自分たちで行います.
今日はその型ができたので、実際に合板を積層してクランプで固定する作業を行っています.
指導して頂くのは、木工家具デザイナーで他の大学の先生でもある多田羅先生です.

しばらく固定したら、美しい曲面の成形合板が出来上がりますので、それをさらに加工して商品試作として自分たちのデザインを提案します.

プロダクトデザイン学科では単に形を考えるだけではなく、実際に自分たちで作ってみることで、素材ごとの耐久性や製造に無理のない形状であることなど、「商品」「製品」として成立する為の様々な条件と、使い勝手や流通の問題、美的な要素など様々な方向性からの検討を行います.
その為にも、工房などで実際に最終製品に近いモデルを制作して確認をしています.

  • LINEで送る

2013年8月26日  授業風景

【夏期集中授業】PD演習Ⅲ_写真撮影

学科事務の田所です。

 

プロダクトデザイン学科では夏休みを利用していくつかの集中授業を開講します。
今回はそのうちの一つ、写真撮影の授業(2年生)をご紹介します。

 

授業は6日間行い、その中でデジタルカメラの機能や操作について学び、写真撮影を行います。

 

「しつこい」「やわらかい」等々、各自が思い描くモノを撮影。

発表する写真を選定・・・

pd_130824b
各自が好きなモチーフを準備し、撮影。
(↓投げたティッシュケースを撮影しようとしているところ)

 pd_130824a

教室に撮影機材を組み立てて、撮影。

pd_130824cpd_130824d

また、スタジオ(高原キャンパス)での体験実習も行いました。

 

日々の活動の中で写真を撮ることは非常に多いです。
今回の授業を受講してこれからのポートフォリオ制作など役立つこと間違いないですね!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

 

  • LINEで送る

2013年6月5日  授業風景

PRODUCT FABでの活動

学科事務の田所です。
梅雨の中休みが続いていますね。

 

さて、今回は学科専用工房である「PRODUCT FAB(プロダクトファブ)」での活動をご紹介します。

学科では、学生も教職員も「FAB(ファブ)」と呼んでいます。

 

ここには、技官が常駐していて制作指導やサポートを行っています。
授業課題だけでなく、もちろん個人制作も可能です。

 

スピーカー制作や・・・
pd_130605b
FRPを学ぶ為のスツール制作・・・
pd_130605c
ワゴンを制作・・・木工技術を学びます!
pd_130605d
その他にも塗装ブースやMDX、3Dプリンター、レーザー加工機など様々な機器が並んでいます。
一度にはご紹介が難しいので、また後日ご紹介します。

 

学科ホームページでもファシリティやスタッフを紹介していますので、是非こちらも覗いてみてください。
京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

1 8 9 10 11 12

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。