環境デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年4月25日  授業風景

【環境デザイン学科】環境デザイン特講Ⅳ・桜の名所・吉野山ツアー

今年も奈良県吉野山に行って、花見とこの山独特の景観構造を理解する調査をしてきました。
吉野駅から金峯神社までの往復10キロ以上の登山ですから、かなり疲れます。
環境デザイン特講Ⅳは「文化環境のデザイン」をテーマとし、近畿圏および近隣地域にある優れた環境デザイン事例を見学する授業です。10年も続いています。
毎年、春は日帰りで吉野山へ、秋は一泊して金沢に行っています。

蔵王堂境内にて竹林院群芳園にて金峯神社にて

  • LINEで送る

2014年7月21日  授業風景

「境界横断する公園」(ランドスケープデザイン・3回生[環境計画ⅠB])

1200年前に生まれた歴史都市であるからこそ京都には、19世紀に生まれたニューヨークのセントラルパークのような、都市の骨格に組み込まれた都市公園がありません。もし京都の都心部を東西に貫通するような敷地があったなら、そこにどんな都市公園が造れるか、という想定敷地による課題です。角倉了以が開削した高瀬川、納涼床のみそそぎ川、自然河川の鴨川に、商業の河原町通、雑居ビル群の木屋町通、歴史の先斗町通という、南北にのびる全く性格の異なる3本の河川と3本の通りを東西につなぐ、ユニークな公園デザインの可能性が見えてきます。当学科ギャラリー「在学生作品」のページをご覧下さい。

中瀬雄也

中瀬雄也

塚本菜帆

塚本菜帆

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年7月8日  授業風景

「都心における子供のための遊び場空間」(ランドスケープデザイン・2014年度2回生環境デザインⅠB)

環境デザイン学科2回生が初めて本格的に取り組んだ、ランドスケープデザイン課題の優秀作品をまとめました。学科ギャラリー(在学生作品)をご覧ください!下の二つの作品は、まったく同じ敷地に対するデザインです。ここまで違うアイデアを創り上げられることも本学で学べる環境デザインの楽しさです!

堀遥香「めぐりえん」2

堀遥香「めぐりえん」2

白石彩「Cozy Park」1

白石彩「Cozy Park」1

  • LINEで送る

2014年4月24日  授業風景

【環境デザイン学科】環境デザイン特講Ⅳで吉野山登山をしました。

登山開始(下千本)

登山開始(下千本)

下千本の俯瞰景

下千本の俯瞰景

下千本を俯瞰しながら、吉野山全体の景観構造についての解説を聞く。

下千本を俯瞰しながら、吉野山全体の景観構造についての解説を聞く。

桜の満開時期だったので、参道は大賑わいでした。

桜の満開時期だったので、参道は大賑わいでした。

日本で3番目に大きい木造古建築である蔵王堂の前で、記念撮影。

日本で3番目に大きい木造古建築である蔵王堂の前で、記念撮影。

吉野林業を紹介する施設に立ち寄り、木材に関する解説を聞く。

吉野林業を紹介する施設に立ち寄り、木材に関する解説を聞く。

大和三名園の一つである竹林院群芳園を見学。

大和三名園の一つである竹林院群芳園を見学。

吉水院境内の一目千本から中千本〜上千本を仰望する。今年はちょうど見頃でした。

吉水院境内の一目千本から中千本〜上千本を仰望する。今年はちょうど見頃でした。

世尊寺跡(花矢倉)からの俯瞰景。

世尊寺跡(花矢倉)からの俯瞰景。

金峯神社に到達して記念撮影。

金峯神社に到達して記念撮影。

奥千本の桜は、未だ蕾でした。

奥千本の桜は、未だ蕾でした。

清水を呑んで、一休み。

清水を呑んで、一休み。

  • LINEで送る

2014年4月22日  授業風景

環境デザイン特講Ⅲ:「長江家住宅」と「角屋」の見学に行きました。

今年度から始まった新規授業の一つです。京都でしか見ることのできない伝統的な空間を見学します。4月20日の第1回目は「長江家住宅」と「角屋」を見学しました。詳しくは環境デザイン学科GALLERY(授業風景)をご覧ください。

 

角屋奥座敷の庭と枝垂桜

角屋奥座敷の庭と枝垂桜

 

 

 

1 3 4 5 6 7

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。