映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年11月1日  授業風景

卒業生のkento fukayaさんが「プロフェッショナル研究」にゲスト参加!!

卒業生でよしもと芸人のkento fukayaさん(2期生)が、後期から始まった「プロフェッショナル研究」(山本起也先生担当)にゲストとして参加されました!!

 

G0002188

 

授業の冒頭、kento fukayaさんは「吉本興業」のピン芸人と言うことで、学生たちから「お風呂上がりに体を拭くタオルを用意していなかった人のあるある行動」と言う一発芸をリクエストされ見事に応えてくれました。

 

一発芸1

 

その後、基本的には学生たちからの質疑応答と言う形を取り、授業が進められました。

 

「芸人として売れているのか」という厳しい質問もあったが、それに対しても赤裸々に回答していただきました。

他にも、「売れなくても芸人を続けるモチベーションは何か?」などの質問もありました。

 

G0002101

 

kento fukayaさんは山本起也監督の【北白川派】第3弾=『カミハテ商店』に出演し、また同じく山本監督の【北白川派】第7弾=『のさりの島』にも出演されています。

 

そのことに関する質問を受けて、「北白川派ほど過酷な現場はなかった」と回答し、その経験が糧となり、当時より辛いことはそうそうないとおっしゃっていました。

 

G0002239

 

途中、かつての教え子であるkento fukayaさんの活躍を見に水上竜士先生も参加し、昔話を交えながら、kento fukayaさんの学生時代を振り返り、今につながる成長の話をしていただきました。

 

EHtVdEnUcAAYzMW

 

授業が終わってから、春先に天草でいっしょに『のさりの島』のロケ現場を過ごした在学生のスタッフ、キャストも集まり記念写真を撮りました。

 

kento fukayaさんのこれからの活躍を願っています。ありがとうございました!!

 

 

  • LINEで送る

2019年10月26日  授業風景

協同授業「映画文芸表現研究」スタート!!

今期3年目を迎える「文芸表現学科」との協同授業「映画文芸表現研究」(後期集中・辻井南青紀先生、福岡芳穂先生、鈴木歓先生担当)が、10月26日(土)から始まりました。

 

P1122029

 

第1回目は「文芸表現学科」の学生が書いた小説から抜粋した部分を、「映画学科」の俳優コースの学生たちが演じ、ディスカッションを行いました。

 

P1122058

 

今回は「違和感」、「距離感」、「スピード」などなど、「小説」と「映画」の相違点を発見し、話し合いました。

 

P1122082

 

最後に、今度は「映画学科」の学生が演じた芝居を、「文芸表現学科」の学生たちが小説にすると言う課題が出されました。

 

P1122106

 

次回にはそれらの小説が発表され、またディスカッションをし、それぞれの表現の発見につないでいきます。

 

P1122038

 

その発見がお互いの表現に還元され、今までにない新しい表現が生まれることを期待しています。

 

  • LINEで送る

2019年10月20日  授業風景

個人発信の授業「映画演出プロデュースVI」授業風景

集団制作である映画の中でも、個人での発信能力を学ぶ授業=「映画演出プロデュースVI」(後期集中・鈴木歓先生担当)の授業が始まっています。

 

IMG_4661

 

10月19日(土)の授業では、「創造学習センター」で「写真」の授業を担当されている中山博喜先生をお招きして授業を行いました。

 

IMG_4670

 

この日の集中授業は1限から5限までですが、午前中は「写真」の歴史から、カメラの仕組み、露出とシャタースピードの関係などなど基本的なことを学びました。

 

IMG_4679

 

午後からは高原校舎内にある「フォトスタジオ」で、実際にモデルさんに来ていただいて、ストロボの使い方や、照明の当て方などを学び、みんなで撮影をしました。

 

IMG_4681

 

この日来ていただいたモデルさんは、俳優コース4回生の中田茉奈実さんです。

 

中田さんは来年公開予定の【北白川派】第7弾=山本起也監督『のさりの島』に出演しています。

 

IMG_4690

 

撮影後はレタッチソフトである「Adobe Lightroom」の使い方を学習し、最後に学生たちが撮影した写真をプリントアウトして、中山先生から講評を頂きました。

 

IMG_4697

 

次回のこの授業は、映画学科の卒業生である北林渚先生をお迎えして、フライヤーやポスターの作り方を学びます。

 

中山博喜先生中田茉奈実さん、ありがとうございました!!

 

  • LINEで送る

2019年10月4日  授業風景

後期授業スタート!!

先週より後期の授業が開始されました!!

 

IMG_2769

 

1回生たちにとっては初めての専門授業で、初めて触れる撮影機材や、演技のエチュード、ボイストレーニングなど、目を輝かして取り組んでいました。

 

IMG_2807

 

上回生たちにとってもより高度な技術を目指す授業が始まっています。

 

IMG_2817

 

これらの授業が在学生たちのキャリアとなって、将来の夢の実現に繋がっていくことを願っています。

 

IMG_1865

 

  • LINEで送る

2019年8月26日  授業風景

1回生全員履修「プロフェッショナル研究基礎」終了!!

1回生全員履修「プロフェッショナル研究基礎」(北林渚先生、西尾健太郎先生担当)の授業が、8月19日(月)から24日(土)までの6日間行われました!!

 

IMG_0168

 

この授業は学生たちが近い将来、就活において必要になるポートフォリオの作り方を学ぶもので、毎年恒例となっている夏期集中授業です。

 

IMG_0140

 

パソコンの苦手な学生、レタッチソフトを触ったことのない学生も多くいましたが、課題をこなしていくうちにみんな楽しんで作れるようになりました。

 

IMG_0127

 

自分たちが前期の授業「映画演制基礎I」で撮った写真や、学生同士で撮りあった写真などを材料にフライヤーやジンも作りました。

 

IMG_0153

 

この授業が学生たちひとりひとりのキャリアデザインに活かされることと思います。

 

 

1 2 3 20

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。