映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年11月9日  授業風景

ボイストレーニング 授業内発表‼︎

「映画演技基礎III」は、作詞作曲も手がける、歌い手の古川真穂先生が担当されるボイストレーニングの授業です。

 

hurukawa02〈古川真穂先生〉

 

呼吸やブレスの方法など、発声に関する基礎を「歌うこと」を通して身につける授業ですが、今日は、課題曲のポップスをひとりずつ歌い、これまでの学びを発表する回でした。

 

voicetraining01

 

 

voicetraining04

 

自分自身が楽しんで「声にする」ことが大切! みんなで、手拍子を打って耳を傾けます。

 

voicetraining05

 

人前に立つ緊張感を経験しながら、これからも合評に向けて練習を続けます。

 

合評開催の折はこちらでもお知らせしますので、ぜひ学生たちの成果をご覧ください! 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月8日  授業風景

グリーンバック合成素材撮影!!

After Effectを使用しての合成の授業である「コンピューター演習III」(西尾健太郎先生担当)のグリーンバック合成素材の撮影がAスタジオで行われました。

 

IMG_0870

 

Aスタジオには2回生短編ゼミで旅館のセットが建てられていましたが、今回をそのセットを使って、窓外にグリーンバックを吊り込みました。

 

IMG_0871

 

カメラも照明も綿密な計算をして合成の素材を撮影していきました。

 

IMG_0869

 

また同時にこのセットを使っての1回生の美術の授業「映画技術基礎III」(嵩村裕司先生担当)も行われました。

 

映画は複数のパートが重なり合って作られている、と言うことが解る光景でした。

 

IMG_0857

 

今回撮影された素材を使ってどのような合成場面が作られるのかとても楽しみです。

 

 

  • LINEで送る

2018年11月1日  授業風景

1回生映画演技の基礎を学ぶ!!

映画学科に入学して初めての1回生の演技の授業「映画演技基礎I」(水上竜士先生担当)が始まっています。

 

IMG_0787

 

今日は水上先生が出された8つのお題を、それぞれのチームで物語を考え、3分間の芝居を立ち上げて行きました。

 

IMG_0800

 

みんなの真剣な眼差しの前で8つのチームが演技をして行きます。

 

IMG_0833

 

様々な発見と振り返りをしつつ、次に即興で2分の芝居を付け加えて行きます。

 

IMG_0808

 

この1回生たちの中から次世代を担う俳優たちが出現することを願っています!!

 

IMG_0838

 

 

  • LINEで送る

2018年10月30日  授業風景

恒例「映画演技IV」鴨川デルタ撮影!!

今年で7年目を迎えた「映画演技IV」(鈴木卓爾先生担当)の鴨川デルタでの撮影が10月28日(日)に行われました。

 

IMG_0759

 

この授業は学生たちと鈴木卓爾先生がエチュードから立ち上げた芝居を、教室から出て鴨川デルタで偶然性を巻き込んで撮影をしていくと言う内容です。

 

IMG_0654

 

撮影、録音なども全て履修者たちが担当します。

 

IMG_0658

 

幸いにもこの日は気持ちの良い秋晴れに恵まれ、学生たちものびのびと演技をしていました。

 

IMG_0744

 

どのような映像になるのか今から楽しみです。

 

IMG_0711

  • LINEで送る

2018年10月28日  授業風景

「文芸表現学科」とのコラボ授業「映画文芸表現研究」開始!!

去年から始まった「文芸表現学科」とのコラボ授業の後期集中授業「映画文芸表現研究」が昨日10月27日(土)より始まりました。

 

IMG_0630

 

この授業は「小説」と「映画」の共通する点と相違点を探り、表現の本質に迫ります。

 

今日は「文芸表現学科」の学生が書いた小説を「映画学科」の学生たちが演じてみました。

その後、反対に「映画学科」の学生たちが演じた芝居を「文芸表現学科」の学生たちが小説にすると言う課題が出されました。

 

IMG_0626

 

この授業を担当なされるのは「文芸表現学科」の辻井南青紀先生、「映画学科」の福岡芳穂先生、鈴木卓爾先生です。

 

IMG_0602

 

今年で2年目となりますが、今回はどのような発見があるのかとても楽しみです。

 

01

 

 

1 2 3 18

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。