映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年6月17日  授業風景

ゾンビメイク「映画技術VI」授業風景

2回生向けの「映画技術VI」(こやまあやこ先生・他担当)の授業が6月15日(土)、16日(日)に行われ、ゾンビのメイクをしました。

 

名称未設定-3

 

学生たちは普段よりもとても楽しそうに、声をあげながらメイクをしていました。

 

IMG_4758

 

メイクが完成すると高原校舎内で、恒例となりましたゾンビ映画のシーンを撮影しました。

 

05

 

最後はスタジオに入って、捕まえた人間を食べるシーンを撮りました。

 

03

 

本当はウインナーや鶏ハムですが、本物っぽく見えるでしょうか。

 

01

 

学生たちがいつかこの技術が活かされる映画に出演できることを願っています。

  • LINEで送る

2019年5月20日  授業風景

恒例「映画演技IV」鴨川デルタロケ

5月18日(土)に、毎年恒例となりました鈴木卓爾先生担当の「映画演技IV」の撮影が、鴨川デルタで行われました。

 

IMG_6201

 

この授業は5期生の学生たちと始めたもので、今年で8年目となります。

 

IMG_6196

 

あらかじめエチュードから立ち上げた演技を、鴨川デルタに集う人たちや、自然の中に入って撮影をしていきます。

 

IMG_6186

 

撮影スタッフも、背景となるエキストラも、順番に学生たちが担っていきます。

 

IMG_6249

 

この授業を通して、学生たちは未来に羽ばたくための「気づき」を得たことでしょう。

 

IMG_6230

  • LINEで送る

2018年12月17日  授業風景

映画技術II「ナイター撮影」授業風景!!

映画技術IIは、『海を感じる時』や『うた魂♪』など多くの劇場公開映画を撮影されている鈴木一博先生の授業です。

 

ippaku3

〈鈴木一博先生〉

 

この日は、日が沈んだあとの屋外でのシーンを想定して照明機材やカメラの設定を考え、撮影してみました。

発電機を稼働して、シーンの舞台となる校舎の中庭にいくつか光源を作ります。

 

kogen5

 

色味を足してみたり、校舎の電灯の光量を調整しながら、イメージする光を表現するのに試行錯誤です!

 

setting4

 

果たして…思いどおりのシーンが撮れたでしょうか?

屋外の夜のシーンはセッティングに多くの工夫が必要ですが、撮影の醍醐味も味わうことができる授業となりました!

 

last2

 

last

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月9日  授業風景

ボイストレーニング 授業内発表‼︎

「映画演技基礎III」は、作詞作曲も手がける、歌い手の古川真穂先生が担当されるボイストレーニングの授業です。

 

hurukawa02〈古川真穂先生〉

 

呼吸やブレスの方法など、発声に関する基礎を「歌うこと」を通して身につける授業ですが、今日は、課題曲のポップスをひとりずつ歌い、これまでの学びを発表する回でした。

 

voicetraining01

 

 

voicetraining04

 

自分自身が楽しんで「声にする」ことが大切! みんなで、手拍子を打って耳を傾けます。

 

voicetraining05

 

人前に立つ緊張感を経験しながら、これからも合評に向けて練習を続けます。

 

合評開催の折はこちらでもお知らせしますので、ぜひ学生たちの成果をご覧ください! 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月8日  授業風景

グリーンバック合成素材撮影!!

After Effectを使用しての合成の授業である「コンピューター演習III」(西尾健太郎先生担当)のグリーンバック合成素材の撮影がAスタジオで行われました。

 

IMG_0870

 

Aスタジオには2回生短編ゼミで旅館のセットが建てられていましたが、今回をそのセットを使って、窓外にグリーンバックを吊り込みました。

 

IMG_0871

 

カメラも照明も綿密な計算をして合成の素材を撮影していきました。

 

IMG_0869

 

また同時にこのセットを使っての1回生の美術の授業「映画技術基礎III」(嵩村裕司先生担当)も行われました。

 

映画は複数のパートが重なり合って作られている、と言うことが解る光景でした。

 

IMG_0857

 

今回撮影された素材を使ってどのような合成場面が作られるのかとても楽しみです。

 

 

1 2 3 19

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。