映画学科

2013年4月

  • LINEで送る

2013年4月12日  授業風景

キャンパスウォーキングツアー実施

本日、新入生に向けてキャンパスウォーキングツアー(学内施設の案内)を行ないました。
まだ大学という環境に不慣れな学生たちに、少しでも早く慣れ親しんでもらおうと
教員自らが学生を案内し、大学内を回りました。

 

キャンパスツアー①

キャンパスツアー②

 

キャンパスツアー

 

ツアーの最後は、学食でランチ。

 

みなさん、おつかれさまでした。

 

 

  • LINEで送る

2013年4月10日  授業風景

2013年度 授業スタート!

本日より2013年度の授業がスタートしました。
新入生にとっては入学後”初の”授業日となります。

 

IMGP0174

 

写真は1回生必修の『映画概論』授業風景です。
「映画とはそもそも何であるのか—」”総合芸術”と呼ばれる映画の特性や、その成り立ちを
映画学科の複数の教員が、様々な視点から週替わりで講義するバリエーション豊かな授業です。

初回は「映画の1秒は24コマである」をテーマに山本起也先生が熱い講義を展開。

 

IMGP0175

 

授業では実際に撮影や上映で使われるフィルムも配られ、
写真も映画もデジタルが主流になりつつある昨今、学生たちは
興味深げにフィルムを1コマ1コマ、まじまじと見つめていました。

 

IMGP0187

 

映画の仕組みを学んだ後、山本先生監督のドキュメンタリー作品『ジム』(01年)の
ラッシュフィルムを上映。撮影時のエピソードも織り交ぜながらの講義に、学生は
じっくり耳を傾け「目で見て、手で触れて」映画の奥深さを学んでいました。

  • LINEで送る

2013年4月6日  ニュース

春の顔見世展 只今開催中です。

4月1日よりギャルリ・オーブにて只今開催中の『春の顔見世展』。
今年の映画学科は、専任教員10名の映像作品を日替わりで上映しています。
普段余り見ることのできない映像作品を、
上映環境の整った空間で鑑賞することができるこの機会、どうぞお見逃しなく。

 

春の顔見せ_映画学科1

 

春の顔見せ_映画学科2

 

上映ブースと展示ブースは区切られていますので、人の出入りを気にせず映像をお楽しみ頂けます。

 

0406-1

 

撮影時の小道具や脚本なども展示しています。

 

詳細については、こちらをご確認下さい。
是非ご覧下さい。

 

  • LINEで送る

2013年4月3日  イベント

上川周作(俳優コース3回生)参加公演

本日19時より「京都芸術劇場 studio21」にて映画学科俳優コース3回生の上川周作が参加するスーパーコントユニット「Massachusetts」の公演が行われます。

 

0403-1

 

『Nippon no hito』

 

作・演出 きのせまさき
出演   上川周作・きのせまさき・田中祐気・福久聡吾
日時   4月3日(水) 19:00
     4月4日(木) 14:00/19:00
     4月5日(金) 14:00
料金   500円(予約・当日共)

 

予約・お問い合わせは mass1234conte@gmail.com までお願いします。

 

※ 新入生無料!! 要学生証提示

 

他の詳細はこちらへ

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。