こども芸術学科

2013年8月

  • LINEで送る

2013年8月1日  ニュース

金沢ケーブルテレビネットで放送|こども芸術学科ニュース

4年次生Czemiの西尾涼花さんのイラストレーションがアニメーションになって

出身地の金沢ケーブルテレビネットで放送中です。

 

2013072021270000

 

 

西尾涼花さんは自分の生まれ育った金沢が大好きです。

西尾さんの作品は絵本が多いのですが、

どの絵本の文章も、殆どが金沢弁で書かれていたりします。

 

その大好きな金沢の金沢ケーブルテレビネットにて、

西尾さんの絵がアニメーションになって放映中だそうです。

毎週火、木、土、日の夕方放送の

「常田富士男さんと歩く加賀・能登むかし話の旅」という番組です。

昔話といえば、常田富士男さんの語りですよね。

 

西尾さんは第8話の「きつねの恩返し」というお話を担当したそうです。

影絵風のキャラクターで、アニメーションは紙芝居のような表現だそうです。

 

「母の知り合いが地元でナレーターの仕事をされていて、その方のご紹介で

このお仕事をいただきました。自分の絵がアニメ−ションになって、

たくさんの方に見ていただける機会があるなんて、思ってもいなかったので、

本当にたまたまいただいたお話ですが、とてもラッキーだったと思います!

まだ放映されているものは見ていませんが、オープニングタイトルのところに

自分の名前が書いてあっただけでも感激でした!」と西尾さん。

 

そして、また9月に放送されるアニメーションも担当することになったそうですよ。

すごいですね!頑張って欲しいです。

 

テレビに写っている画像の一部をお母さんから送られてきたそうです。

2013072021280000

2013072021290000

常田富士男さんの語り声が聞えてきそうですね。

 

夏休みに金沢へ行く機会のある人、是非金沢ケーブルテレビネットを要チェックですよ!

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション・グラフィックデザイン)

 

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。