映画学科

2016年1月

  • LINEで送る

2016年1月16日  ニュース

大西礼芳さんが「プロフェッショナル研究」の特別講師

映画学科俳優コース卒業生の大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が水上竜士先生の担当される2回生向け「プロフェッショナル研究」の特別講師として来校されました。

 

04

 

折りしも前日から放送開始されたテレビドラマ『白鳥麗子でございます!』にレギュラー出演されていて、学生たちはご活躍されている身近な先輩の仕事に対する姿勢や、いろいろな経験などのお話を聞くことが出来ました。

 

02

 

学生側からも、特に俳優を目指す学生たちから様々な質問がされ、それらのひとつひとつに丁寧に答えていただきました。

俳優コース以外の学生たちも自分たちの将来に関わる興味深いお話に熱心に耳を傾けていました。

 

03

 

大西礼芳さん、本日は本当に貴重なお話をありがとうございました。

大西さんのこれからのご活躍を願うと共に、続く学生たちの未来に期待したいと思います。

 

IMG_3297 のコピー

 

最後に、大西礼芳さんの出演番組です。

お時間があればご覧下さい。

 

『白鳥麗子でございます!』HP

 

『わたしを離さないで』HP  第3話

  • LINEで送る

2016年1月14日  ニュース

水上竜士先生の映画上映

映画学科俳優コース長の水上竜士先生が出演した終戦70周年記念映画、高橋玄監督『陽光桜』が1月16日(土)より「京都みなみ会館」で上映されます。

 

yoko001

 

映画『陽光桜』HPはこちら。

 

「京都みなみ会館」HPはこちら。

 

お時間のある方はぜひご覧下さい。

 

 

  • LINEで送る

2016年1月13日  ニュース

卒制合評

2015年度卒制合評が1月10日と11日に行われました。

 

IMG_2340 のコピー

 

本年度の卒業制作作品は以下の通りでした。

田口組『オールフィクッション』

村上組『お姉ちゃんは鯨』

筒井組『海辺で』

柘植組『人間シャララ宣言』

エヴァ組『Sweetest Truth』

坂井組『ネコ物語』

四元組『642×612』

 

(執筆)

弓倉彩希『『ヘアスプレー』における「民族性」の考察』

高山真未『『攻殻機動隊』におけるヒューマニティの臨界』

永山紗椰『堕ちて』

 

IMG_2682 のコピー

 

本年度は教員以外に下記のゲストの方々が加わって合評が行われました。

 

仙頭武則さん(プロデューサー)
北條誠人さん(「ユーロスペース」支配人)
孫家邦さん(プロデューサー)
菊地美世志さん(プロデューサー)

 

特にゲストの方々からはプロフェッショナルな立場からの貴重なご意見を伺うことが出来ました。

 

IMG_2363 のコピー

 

今後は「卒展」に向けてさらなるブラッシュアップがされることと思われます。

これらを再び見る時を楽しみにしていて下さい。

 

IMG_2364 のコピー

 

 

  • LINEで送る

2016年1月12日  ニュース

叶絵里奈(4回生)のテレビ出演

俳優コース4回生の叶絵里奈が1月14日から始まるNHK木曜時代劇「ちかえもん」に出演します。

 

本人曰く、

どこにどれだけ映っているか私自身わかりません(笑)
物語を楽しみながら探してみてください(^^)

 

誰も知らない曾根崎心中誕生秘話
NHK 木曜時代劇「ちかえもん」
2016年1月14日(木) スタート
総合 毎週木曜夜8時00分
(再放送)総合 毎週火曜 午後2時5分

 

番組HPはこちら

 

  • LINEで送る

2016年1月8日  ニュース

鈴木卓爾先生出演『Dressing Up』上映とトークショー

映画学科の非常勤講師である鈴木卓爾監督が役者として出演されている安川有果監督作品『Dressing Up(ドレッシング・アップ)』が明日から京都「立誠シネマ」で上映されます。

 

poster2

 

それに伴い明日第1回上映後に鈴木卓爾先生と、やはり映画学科専任講師で映画評論家の北小路隆志先生のトークショーが行われます。

映画の第1回目の上映は13時20分からです。

 

映画『Dressing Up』HPはこちら。

「立誠シネマプロジェクト」のHPはこちら。

 

ぜひご来場下さい。

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。