プロダクトデザイン学科

2016年9月

  • LINEで送る

2016年9月13日  授業風景

ガチャガチャをフィンランドへ!

日本人にとってガチャガチャ(カプセルトイ)って、とても親しみあるオモチャですよね。 あのガチャガチャをまわす瞬間、「何が出るかな?」とワクワクして、 みんなで出てきたオモチャを見せ合いっこしていたのが懐かしいです。   今では、子供だけが楽しむものではなく、大人でも夢中になるガチャガチャも多く、 コレクター熱に火がついて、ついつい・・・という人も少なくないのでは?   そんな日本ではお馴染みのガチャガチャの魅力を分析し、新しいデザインを考えよう! というプロジェクトを、今年の2月、なんと北欧フィンランドで行ったのです!   今回のプロジェクトでは、この2点を中心に授業を行いました。 本物のガチャガチャをフィンランドに持って行き、フィンランドの学生達に体験してもらうこと。 「フィンランドでガチャガチャを置くなら中身は何にするか?」という問いに対するデザインを 紙に描いてもらい、中身に詰め替えて日本に送り返してもらうこと。   フィンランドでの授業を担当していただいたのは、大江孝明先生! そして、体験してもらうガチャガチャの中身のデザインは3人の学生が担当し、 試行錯誤しながら製作してくれました。   pd_160901a 「日本らしい雰囲気やしぐさを伝えたい」という想いから、ユーモア心たっぷりの粋なアクセサリーを デザインし、学生達の想いと共にカプセルに詰め込みました。   pd_160901d pd_160901b 帰国後、大江先生が録画してくださったフィンランドでの授業映像を観てみると、実際にガチャガチャを 体験した学生達が中身を見せ合いながらキャッキャと楽しそうにしている姿、嬉しそうにアクセサリーを つけてくれている姿を見て、製作した学生達も感無量だったようです。   そして、返ってきたカプセルの中身は、どれもお国柄の出るユニークなものばかり 今度はこちらがワクワクする瞬間を楽しませてもらいました。   自分達がデザインした作品が海を越えて人の手に渡り、実際に喜んで使ってくれている笑顔を見ることって、 なかなかできない経験ですよね。 これから壁にぶつかっても、みなさんの笑顔を思い出すことで、きっと色んなことを乗り越えていける 原動力になることでしょう!   ↓京都新聞に掲載されたプロジェクトの特集記事です。   pd_160901e 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。