大学院

大学院は自分の専攻の担当教員だけでなく、異なる領域・分野の教員からも学べる領域横断型の指導体制です。様々な領域のスペシャリストから、様々な視点のアドバイスを受けることで、思いもよらない発見や新たな可能性の示唆が得られ、自らの研究や制作に深みと広がりをもたらします。専攻の枠や既存の価値観にとらわれない柔軟な発想で、研究・制作の可能性を広げるとともに、あらゆる芸術分野・表現への好奇心と探究心を持ち、社会における芸術のあり方を知り、総合的な視座を身につけることを目的としています。
続きを読む 閉じる