マンガ学科

2018年1月

  • LINEで送る

2018年1月16日  ニュース

卒業生・赤池うららさんの単行本「はじめてのキス」1巻発売!

2人目のマンガ学科学生の単行本発売です!

3期生・赤池うららさんの“ぴゅあラブ”読み切りシリーズ

はじめてのキス」「告白プールサイド」「君待ちキャンディ」「はじめてを、もう一度。

を収録した単行本「はじめてのキス」1巻が112日発売されました!

 

キスする瞬間を切り取ったようなイラストカバーとなっております!

01

 

主人公の女子高生が恋をするのはもちろんのこと

部活動や修学旅行など高校ならではのシチュエーションで

読み手もドキドキしながらページをめくってしまうお話となっております!

赤池さんの優しい絵柄も相まってより主人公の気持ちが伝わってくる4作品構成です!

 

どのページを開いても赤池さんの胸がときめくストーリーを読むことができる

赤池さんファンなら必ず手に取るべき1冊です!

 

あとがきに「①ということは②もあるらしいです。」とのこと。

2巻の発売が待ち遠しいですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

学科ツイッターも随時更新しているので是非見てくださいね!

  • LINEで送る

2018年1月11日  ニュース

学生受賞&デビュー情報!!!

 

前回に引き続きデビューの情報です!

 

現在4回生のPN.小町さんぺい君が現在発売中の『ドラゴンエイジ 2月号』でデビューしました!

おめでとうございます!

 

1 2

デビュー作となった『群青や屋上。と、マヨネーズ』は必見です!

主人公である気弱な男の子が屋上でであった女の子がきっかけで好きな子に告白するというのは

一見よくある話をなぞっている様にも見えますが、話が進むにつれ見えてくる屋上の女の子の秘密など読者をつかんで離さないギミックがたくさん仕掛けられています。

変わったタイトルも読後は納得することでしょう!

 

ちなみにこの作品は小町君の卒業作品にも収録されています。

卒業展は2月10日(土)~2月18日(日)に開催されるので是非お越しください!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さらにうれしいお知らせが!

今月発売の『別冊フレンド 20182月号』で

2年生のPN.柿ミツキさんがAクラスに選ばれました!!!

 

01 02

 

 

前回の賞もAクラスでしたが今回は「画力が一気にアップした」

との高評価のコメントも頂いてます!

前回のアドバイスを活かし、頑張った成果がでてよかったですね。

 

これからの活躍に期待大です!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

学科ツイッター(リンク)も随時更新しているので是非見てくださいね!

  • LINEで送る

2018年1月10日  ニュース

1回生デビュー、受賞情報!

 

あけまして新年おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします!

 

さてさて、新年早々嬉しいお知らせです!

1回生PN.よしなお君が現在発売中の『まんがタイムきらら キャラット』でデビューしました!

1回生のうちにデビューするのはマンガ学科史上最速の記録です!

よしなお君の今後の活躍にさらに期待ですね!

page-0001 (2)page-0003  

さらにこちらも1回生の藤井健太郎君が昨年行われた『ジャンプスカウトキャラバン2017』にて

大阪会場のU-19歳賞を受賞しました!

藤井君も1回生での受賞ということで今後さらに上の賞をめざして頑張ってほしいです!

page-0007page-0009

1回生からデビュー、受賞と続いて新年良いスタートがきれました!

今週の金曜日は卒業生の赤池さんの初単行本発売も控えています。

今年のマンガ学科の学生の活躍、お見逃しなく!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

学科ツイッターも随時更新しているので是非見てくださいね!

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。