環境デザイン学科

2018年2月

  • LINEで送る

2018年2月23日  ニュース

☆東京展☆

 

本日から2017年度、京造卒展を東京で開催しています!!

 

シュレディンガーの猫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境デザイン学科からも2名、出展しています。

 

学科長の城戸崎先生から東京展の様子が送られてきました~!

 

IMG_2800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の高さが今回の展示で最高の、東さん!

 

 

 

IMG_2801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁面展示が最長の、安彦さん!

 

 

 

IMG_2803

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な展示空間になりました~!!

 

 

 

IMG_2807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュレーターの片岡真実さんが東さんの作品を説明している様子でしょうか!

 

 

 

シュレディンガーの猫展は、上野にある東京都美術館で今月26日まで行われています^^

 

 

お近くの方は是非、お越しくださいませ☆☆

 

 

  • LINEで送る

2018年2月14日  ニュース

受賞作品、発表します。

 

 

 

2017年度

 

環境デザイン学科

 

卒業研究・制作の受賞作品を・・・

 

 

 

発表します!!

 

 

 

そして、発表する写真は前回の0年生プログラムで、

0年生(次年度1年生)が撮影した写真を紹介していきたいと思います★☆

 

 

 

 

 

 

学長賞(1名)

 

<0年生撮影>

メリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細谷 メリエル「阿佐ヶ谷住宅再計画」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

 

優秀賞(1名)

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江藤 壮太「Crack chair」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

 

奨励賞(8名)

 

<0年生撮影>

堀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堀  遥香「72個の石のはなし」

瓜生館1階

 

 

 

 

 

IMG_4299

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安彦 沙耶「のこる建築」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

<0年生撮影>

河野泰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内納 耀平「そこには大きな穴がある。ー石灰石砕石場跡地の地形のコンバージョンー」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中川 日向子「茨木のり子文学館」

人間館1階 NA102

 

 

 

 

 

<0年生撮影>

村山拓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中田 佳利「時間の中の都市~壁によって構成される道と場~」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

<0年生撮影>

佐々木詩菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平岡 早紀「ものでつながるまち」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三谷 將仁「夢道」

人間館地下1階ピッコリー前

 

 

 

 

 

<0年生撮影>

清水彩世

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髙橋 創「錦に住むー市場で働く人のための住宅と未来の受け皿となる空中歩道ー」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

 

同窓会特別賞(1名)

 

 

113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髙橋 創「錦に住むー市場で働く人のための住宅と未来の受け皿となる空中歩道ー」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

暦星賞(1名)

 

003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大野 菜々美「仁和寺門前広場」

人間館1階 NA102

 

 

 

 

審査員特別賞(4名)

 

<0年生撮影>

髙谷綸莉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堀  遥香「72個の石のはなし」

瓜生館1階

 

 

 

 

 

IMG_4301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安彦 沙耶「のこる建築」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

 

<0年生撮影>

福田將生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内納 耀平「そこには大きな穴がある。ー石灰石砕石場跡地の地形のコンバージョンー」

人間館1階ラウンジ

 

 

 

 

<0年生撮影>

野田陸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本 稜「建築の可能性」

人間館1階 NA102

 

 

 

受賞者のみなさん、おめでとうございます!

 

卒展は18日まで本学で開催中です。是非ご覧ください^^

  • LINEで送る

2018年2月12日  ニュース

ゼロ年生の模型写真

環境デザイン学科に春から入学予定のゼロ年生49人が、昨日来学し、卒業展でインタビューと模型撮影を行いました。一眼レフのカメラを持って来た人も多く、それぞれの渾身の一枚は、展示されている模型や空間を切り取った、素晴らしいものばかり。作品の内容の理解力もパーフェクトで、恐るべき1年生になりそうな予感。IMG_2550IMG_2554 IMG_2550IMG_2553 IMG_2555

  • LINEで送る

2018年2月12日  ニュース

<卒展2017>受賞者が決まりました!

 

 

卒業展初日の2月10日は、2017年度卒業研究・制作受賞者を決める講評会を行いました!

 

 

 

ゲストは、東京藝術大学・准教授の中山英之先生です^^

 

中山先生には中間発表の時から見ていただいていました!

 

 

 

RIMG0051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講評会終了後、中山先生より受賞者が発表されました。

 

 

栄えある学長賞は誰の手に!?

 

発表は次回の投稿で!!

 

 

 

卒業展は只今本学キャンパス内にて開催中です

 

2月18日(日)18:00まで!是非お越しください^^

 

 

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。