アートプロデュース学科

2018年3月

  • LINEで送る

2018年3月25日  イベント

【展覧会情報】『DIVE 2018 京都造形芸術大学卒業生優秀作品展』 開催中!

75182c22fe2145773a110054ced49fd8-1-674x392

3月24日(土)からギャラリーARTZONEで『DIVE 2018 京都造形芸術大学卒業生優秀作品展』が開催されています。本展覧会は2017年度京都造形芸術大学卒業展において学長賞、優秀賞などを受賞した全16学科の卒業生による展覧会です。

企画をアートプロデュース学科の学生20名が行いました。作家とのミーティングを重ねての展覧会構成、搬入や作品設置まですべてを担当しています。

展示空間から作品まで、それぞれの学科の特色や卒業生のこれまでの学びのプロセスをみていただける展覧会となっています。関連イベントとして、3月26日(月)には本学副学長の本間正人先生をゲストに迎えてトーク・イベントを開催。4月1日(日)には映画学科作品上映会もございます。

みなさま、ぜひお越しください。

 

 

 

会期: 2018年3月24日(土) – 4月8日(日) 会期中無休

時間: 平日 13:00 – 20:00 / 土日祝 12:30 – 20:00

会場: ARTZONE

企画: 京都造形芸術大学アートプロデュース学科

 

 

【展覧会概要】

京都造形芸術大学アートプロデュース学科が運営するアート・スペースARTZONEでは、2017年度京都造形芸術大学卒業展において学長賞、優秀賞を受けるなど優秀な成績をおさめた卒業生による展覧会、「DIVE2018」を開催します。
本展を通じて、大学生活の集大成として卒業生たちが制作した作品を展示し、トーク・イベントなどを通じて、彼/彼女らが大学生活で何を得たのか、これからそれをどのようにして活かしていくのかを窺い知ることができるでしょう。本展が、芸術の路を志す学生たちにとって、これから何を学び、何を成すのかを考えるための、良き道標となることを願ってやみません。卒業生たちのこれまで歩みと、これから社会に羽ばたいていく姿をお楽しみください。

 

 

【出展作家】()内は出身学科
今川真史(キャラクターデザイン学科)
大塚紗瑛(こども芸術学科)
大町咲喜(文芸表現学科)
小川和泉(マンガ学科)
川本実弥(空間演出デザイン学科)
工藤梨穂(映画学科)
顧剣亨(美術工芸学科)
佐野照幸(空間演出デザイン学科)
下村洸太(歴史遺産学科)
千仁根(情報デザイン学科)
長岡三平(マンガ学科)
中原桜子(アートプロデュース学科)
細谷メリエル(環境デザイン学科)
堀江由利奈(情報デザイン学科)
三輪海斗(プロダクトデザイン学科)
渡辺たくみ(舞台芸術学科)
(50音順)

 

【関連イベント】(全て申込不要・参加費無料)
2018年3月26日(月)トーク・イベント
ゲスト:本間正人 (京都造形芸術大学 副学長)
会場:ARTZONE
第一部 【出展作家のこれまでとこれから】 17:00-18:00
第二部 【これからのARTZONE】 18:10-18:40

 

2018年4月1日(日)映画学科作品上映会 工藤梨穂「オーファンズ・ブルース」(89分)
上映開始時間:13:00- 18:00- 2回上映
トーク・ショー:18:00の上映会終了後
会場:MEDIA SHOP Gallery(ARTZONE隣)

 

【展覧会スタッフ】

青山蕗子、朝倉杏有、井上貴太、大場美葵、岡隆介、荻原里奈、上村双葉、川上日南子、吉良穂乃香、赤對美波、瀬戸山友紀、田染早都、谷真鈴、田原万琴、田原立樹、坪井はるな、西田太陽、平山希実、宮本花鈴、吉岡大希、米山友葵(アートプロデュース学科1回生)

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。