プロダクトデザイン学科

2018年4月

  • LINEで送る

2018年4月27日  イベント

舞妓さんとうちわづくりワークショップ!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

先日、都をどり 2018 in 春秋座 が千秋楽を迎えました!

大学内は都をどりのお客様たちで大賑わいでした◎

 

 

そんな中、プロダクトデザイン学科は

芸子さん・舞妓さんにデザインの面白さを知って貰う為に

うちわをつくるワークショップを行いました!

 

b

 

うちわは木から出来ていて、

うちわをあおぐのに最適な、よくしなる特別な木が使われています◎

 

DSCN9691 aranged

 

 

学生達が、自分たちが学んできたことを芸・舞妓さん達に教えながら

ワークショップが進んでいきます!

 

c DSC_2210DSC_2206

d

とてもすてきな色!

 

 

 

e f

その後、芸・舞妓さん達は思い思いにうちわに絵を描いています!

 

 

g

こんな可愛らしい絵や

 

 

 

h

こっちは、おしりかじり虫!?

 

 

個性豊かなうちわが完成しました○

 

i

学生:内野 陽南子(静岡県立掛川西高等学校 出身)

   大舩 直純   (大阪府立長尾高等学校 出身)

   福田 隼士   (大阪府立芥川高等学校 出身)

   藤田 あいの(私立履正社高等学校 出身)

   三島 章正   (私立名古屋大谷高等学校 出身)

 

担当教員:大江 孝明

 

 

 

そしてついに!今週末 春のオープンキャンパス が開催されます!

詳細はコチラ

 

プロダクトデザイン学科は、このTシャツが目印です!

 

 

j

このTシャツを見つけたら、どんどん話しかけて下さいね◎

みなさんにお会いできることを楽しみにしています^^

 

プロダクトデザイン学科 紹介動画も良ければ是非ご覧下さい! ⇒コチラから!

  • LINEで送る

2018年4月24日  授業風景

大学に 盲導犬 がやってきました!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

外に出ると少し暑く感じるようになってきました!

木々たちも青々としていて、清々しい気分になりますね

ご無沙汰になってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

 

 

突然ですが、先日大学に盲導犬がやってきました!

b

c

 

2,3年生が受けている授業の中で、

盲導犬とそのユーザーが使うものを新たにデザインする授業があります。

 

その授業の中で今回は、

実際に目隠しをして盲導犬と歩く体験をしました!

 

 

 

d e

まずは大学内での体験から◎

 

思った以上に盲導犬の歩くスピードが速く、

みんな引っ張られるように歩いています!

 

 

 

f

そして少し慣れてきたら次は大学の外へGO

 

 

 

g

少しでも段差があると立ち止まって教えてくれたり、

障害物に当たらないように誘導してくれたりと、

盲導犬はとっても優秀なのです!

 

 

 

h

暑い中お仕事お疲れさま、冷たい床が気持ちいいのかな。

 

 

 

 

i

その後、実際に盲導犬と一緒に生活されているユーザーにお話しを伺いました。

 

 

 

 

j

k

体験を通して感じた事や、お話を伺ったことで生まれた

様々な意見や考えを出し合っています!

 

これからどんなデザインが生まれるのでしょう!

とっても楽しみです♪

 

l

 

 

 

■■■■■■■春のオープンキャンパスのお知らせ■■■■■■■

 

4/29(日・祝)に 春のオープンキャンパス が開催されます!

時間は10001600の開催、申し込み不要です!

 

京都造形芸術大学ってどんな雰囲気なのかな?

プロダクトデザインってどんなことをするんだろう?

気になる方、ぜひぜひお越しください!

 

お待ちしてます^^

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。