映画学科

2019年2月

  • LINEで送る

2019年2月23日  ニュース

【北白川派】第7弾=山本起也監督『のさりの島』ベメさん登場!!

2月16日、【北白川派】の機材車積み込みに、颯爽と一人のドイツ人が登場しました!!

 

2月16日ーベメ06.00_18_19_11.Still002

 

彼の名前は「ベメさん」こと、マティアス"ベメ"エメリッヒさん。

高校卒業後ずっとドイツの映画業界で働いてきたベメさんは、過去には「MARVEL」作品の現場に入ったこともあるそうですが、日本の現場で照明の仕事をしたいと来日。今回【北白川派】山本組の現場に参加してくれることになりました。

2月16日ーベメ06.00_24_06_27.Still005

そんな彼が何故、今回【北白川派】山本組に入ってくれることになったのか?

高原校舎で直撃インタビューを行いましたのでどうぞご覧ください!!

 

素敵なご縁にも恵まれた【北白川派】山本起也監督『のさりの島』は絶賛クラウドファンディング進行中です!!

 

映画『のさりの島』製作支援PJ(天草を舞台に人間の希望を描く映画を世界へ届ける)

 

皆様どうぞご支援、ご協力をお願い致します!!

 

 

  • LINEで送る

2019年2月22日  ニュース

大西礼芳さん今夜『メゾン・ド・ポリス』に出演!!

大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が今夜「TBSテレビ」で放送される『メゾン・ド・ポリス』に出演します!!

 

02

 

関西では今夜「MBS毎日放送」で22時から放送されます。

 

 

鈴木卓爾監督『嵐電』の公開をひかえた大西さんをぜひご覧下さい!!

 

oonishi350

  • LINEで送る

2019年2月21日  ニュース

【北白川派】第7弾=山本起也監督『のさりの島』美術トラック積み込み!!

2月15日は朝早くから【北白川派】メンバーが集まり、ロケに向けての大掛かりな美術積み込みが行われました。

 

05

 

卒展中の先輩たちが手伝ってくれたおかげで、作業はハリウッド式の荷運びリレーで楽しく、さくさくと進めることができました。

 

ありがとうございました!!

 

03

 

美術部が半年以上かけてプランを練り、こつこつ作ってきた大切な美術セットたちは、4トントラックに詰め込まれて、ロケ地である九州・天草へと出発して行きました。

 

映画本編では、美術部の細やかな作り込みにもご期待下さい!!

 

02

 

先日よりインターネットサイト『Makuake』においてクラウドファンディングがスタートしております。

 

映画『のさりの島』製作支援PJ(天草を舞台に人間の希望を描く映画を世界へ届ける)

 

皆様どうぞご支援、ご協力のほどよろしくお願い致します!!

 

 

 

  • LINEで送る

2019年2月21日  ニュース

野島健矢さんCM出演!!

野島健矢さん(6期生・「チーズfilm」所属)が「イオン」のCMに出演しています!!

 

01

 

野島さんは4回生の人見崇太さんの自主制作に出演しており、高原校舎を訪れた際に0回生たちにお話をして下さいました。

 

 

 

野島さんの活躍にご期待下さい!!

 

03

 

 

  • LINEで送る

2019年2月18日  ニュース

土居志央梨さんが『21世紀の女の子』に出演!!

土居志央梨さん(5期生・「ファザーズコーポレーション」所属)が、現在公開中の『21世紀の女の子』に出演しています!!

 

doi_l_01

 

本作品は山戸結希監督が企画・プロデュースしたオムニバス短編集で、土居さんは金子由里奈監督『projection』に出演しています。

 

21seikionnnanoko_sita_1024

 

京都では2月23日(土)より「出町座」にて公開されますので、ぜひご覧下さい。

 

その他の劇場情報等は『21世紀の女の子』HPをご覧下さい。

 

 

 

映画、舞台に活躍する土居志央梨さんを引き続きよろしくお願いします!!

1 2 3 4 6

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。