アートプロデュース学科

2019年3月

  • LINEで送る

2019年3月1日  ニュース

「わたしたちがみた芸術と文化の現在 2018」が完成しました!

IMG_3104

無事本になりました!!!製本に関わった学生たち。

無事本になりました!!!製本に関わった学生たち。

 

この度、「わたしたちがみた芸術と文化の現在 2018 Student Rerort on ARTZONE」が刊行されました。

今年度で14冊目となる本紙は、アートプロデュース学科の学生が主体となって運営してきた、「ARTZONE」の活動に焦点を当てて制作されました。

3月末で閉廊となるARTZONEのこれまでの取り組みや、運営や展示に関わっていただいたアーティスト、来場者、

卒業生、在学生の声がまとめられています。

こちらは1冊1,200円(税込)で、期間限定で販売いたします。数に限りがございますので、購入を希望されている方はお早めにお買い求めいただくことをお勧めいたします!

そして、本調査にご協力いただいたアーティストのみなさま、来場者のみなさま、アンケートにお答えいただいた

みなさまには厚く御礼を申し上げます。

 

————————————

 

「わたしたちがみた芸術と文化の現在 2018 Student Rerort on ARTZONE」詳細

 

サイズ:210mm ☓ 297mm(A4)

ページ:240頁

発行日:2019.3.2発行

値段:1,200円(税込)

 

 

Contents

 

01:はじめに

02:contents

03:調査にあたって

06:ARTZONEをめぐる言葉

07:How to read 「わたしたちがみた芸術と文化の現在」の表記ルール

 

【第1章】 わたしたちにとってのARTZONE

・アートプロデュース学科在学生の関わりとその学びについて

・アートプロデュース学科卒業生の関わりと現在への影響

 

【第2章】芸大生とARTZONE

・京都造形芸術大学の学生におけるARTZONEの認知 ー制作と発表の実態を通してー

 

【第3章】社会の中のARTZONE

・出展アーティスト・クリエイターからみたARTZONE

・来場者のアートに対する意識変化 ーARTZONEでの体験を通してー

 

調査を振り返って

 

 

【販売について】

 

販売日程:3月2日(土)、17日(日)、21日(木)

販売時間:15:00-20:00

場所:ARTZONE (お求めの方は、受付スタッフまでお声がけください。)

 

————————————

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。