大学院

2019年11月

  • LINEで送る

2019年11月8日  ニュース

展覧会「和中庵を読むー近代邸宅の行間ー」開催のお知らせ

和中庵を読む

ー近代邸宅の行間ー

 

和中庵を読むオモテ

 

 

 

2018年度から三ヶ年で実施されることとなった〈和中庵プロジェクト〉では、京都造形芸術大学の大学院生、学部生、卒業生、教員による多様な専門領域の作品を展示公開しています。

昨年12月に第1回目の展覧会が実施された際、プロジェクトの参加者は〈一つの建築は一冊の書物として考えられる〉という提唱を共有して、和中庵がもつ歴史と空間的特色をそれぞれの視点から読み解き、アートやデザインの作品として和中庵の空間に展開させました。

昨年の「和中庵を読む」試みは、今回の第2回展でも踏まえられ、新たな参加者を加えた「近代邸宅の行間」と題する展示企画へと繋がっています。

鹿ケ谷に立地する美しい歴史的邸宅とその内外で展開するユニークな作品群を、ぜひご高覧ください。

 

【展示内容】

絵画、立体、写真、サウンドインスタレーション、テキスタイル、ガラス工芸、映像、テクスト、光を用いた空間表現、庭園調査報告、茶会プロデュース、etc.

 

【第2回〈和中庵プロジェクト〉参加者】

大学院芸術研究科芸術専攻(博士課程)

小山 龍介 RYusuke Koyama

曽 品ウン Tseng, Pinyun

田辺 真弓 Mayumi Tanabe

田中 宏治 Koji Tanaka

姚 シュウ Yao, Chong

 

大学院芸術研究科芸術専攻(修士課程)

菱野 裕馬 Yuma Hishino

陳 ゲントウ Chen, Yan-Tong

 

大学院芸術研究科研究生

アーロン・カープ  Aaron Karp

 

卒業生(ゲスト・アーティスト)

櫻井 彩 Aya Sakurai

 

そのほかにも学部生、教員の作品も多数展示されています。

 

和中庵参加者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:2019年11月7日(木)ー11月17日(日)

   午前10時~午後5時(会期中無休/最終日は午後4時まで)

会場:和中庵京都市左京区鹿ケ谷桜谷町

 

会期中イベント

日時:2019年11月9日(土)

   13時~15時 出展者による作品解説

   15時30分~17時 レセプション          

 

和中庵ホームページ:http://wachuan.notredame-jogakuin.ed.jp/index.html

 

 

主催:京都造形芸術大学/京都造形芸術大学大学院

協力:ノートルダム女学院中学/高等学校

 

 

 

 

・・・

 

〈和中庵プロジェクト〉は、歴史遺産である和中庵の新たな価値創造を重点課題とし、京都造形芸術大学特別制作研究費助成「芸術による近代建築・庭園遺産の活用ー学科・領域横断型展覧会の開催」(2018年度~2020年度/研究者代表:仲隆裕/共同研究者:八幡はるみ、松井利夫)により実施されています。

  • LINEで送る

2019年11月1日  ニュース

HOP 2019 開催中!(~11/11まで)

こんにちは、大学院準備室です。

昨日よりHOP 2019展がはじまりましたので、少しだけ写真にて様子をお伝えします。

大学院芸術研究科芸術専攻1年次生69名の作品をぜひご覧ください。

ご来場、お待ちしております。

 

 

IMG_8192IMG_8191IMG_8188IMG_8187IMG_8186IMG_8189

 

 

HOP(ホップ)展 2019 −京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術専攻 修士1年生 作品展

会 期:2019年10月31日(木)〜11月11日(月) 10:00〜18:00

    会期中無休

会 場:Galerie Aube ギャルリ・オーブ

   (京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階)

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。