空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年5月28日  授業風景

【授業風景】1回生

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

最近は急に暑くなったりで着るものも悩みがちですが

空デの学生はオシャレな子が多く、

毎日のコーディネートも楽しみだったりしています、、、笑

 

/////////////////////////////

 

 

さて、今回の授業風景は、入学して1ヶ月が経ち、

だんだんと自分たちの個性が出始めている1回生を紹介します

 

 

1回生ではコース合同の授業が2種類あり、その内のひとつが【ラーニングリテラシー】という授業です

実際のシラバスから抜粋しますと、、

 

  ———–

大学で学ぶとは、どういうことだろう。
これまでの教科単位での学びとは違い、専門性を深く学んでいくことが大学の学びの中心となります。
しかし、いきなり専門的なことだけを与えられても、吸収できる状態にあるかどうかわかりません。

ここでは、どうすれば学びをきちんと受容し、それを次に生かしていくことができるのかを皆で考えていく時間とします。
入学前プログラムから続く、大学の学びへの接続授業です。

話すことや聞くことといった当たり前のコミュニケーションや、伝えるというプレゼンテーションなどを重視しながら、

学ぶとは、学んだとは、ということを学修していきます。

  ———————–

 

オリエンテーションやワークショップを通して

他者とのコミュニケーションを築き、自分たちの視点を見つけ出す授業になります

 

 

DSC_0058

この授業を通じて、1回生たちは仲を深めていけますよ

 

そして1回生にとって初めてのグループプレゼンが行われました

名画から自分たちで分析したことを、一枚の模造紙にデザインして発表します

 

DSC_0019

まずはチームに分かれてミーティング

DSC_0011DSC_0035DSC_0042DSC_0041

DSC_0055

DSC_0006

先生とも相談しながら、楽しげに進めていました

DSC_0048

DSC_0009

 

1週目をミーティングの時間とし、2週目にプレゼン!!

一部をご紹介です

 

 

DSC_0002

DSC_0003

プレゼンでもチームによって模造紙の使い方に工夫が見られ、

質問を投げかける発表方式などチームの色がでていて良かったです

DSC_0019 (1) 

発表するたびに先生より講評をいただきます

 

みんなの新しい視点で読み解かれた名画の分析や

そこから生み出されたストーリーは聞いていてとても楽しいものでした

 

DSC_0023 DSC_0025

 

ラーニングリテラシーは研修旅行を間に挟み、

前半後半とカリキュラムが分かれ、今週より新しい授業内容となります

 

またおもしろい作品たちを紹介できるかと思いますが、

次回はその研修旅行のレポートをしようと思います♩

関連記事

<7891011>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。