キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年7月11日  イベント

中尾隆聖先生の特別講義が開催されました!

「中尾隆聖先生特別講義が行われました!

 

こんにちは!副手のコンです。

 

75()にアニメ「それいけ!アンパンマン」のばいきんまん役や

「ドラゴンボールZ」のフリーザ役などでご活躍の

中尾隆聖先生が「声優という生き方」(イースト新書Q)出版を記念して

特別講義にお越しいただきました!

 

nakao_ryusei2

 

ご登壇頂いた際に大きな拍手と同時に「おおっ」という学生の歓声が!

教室には100名以上の学生でいっぱいでした。

 

_MG_2125

特別講義の様子

 

 _MG_2134

講義中の中尾隆聖先生

 

講義の中では、声のお仕事に関わらず役を演じる上で大切なことは「呼吸」であるというお話が印象的でした。

 

 

 

声や台詞を合わせるのではなく、その役の“息”に合わせる。

そして舞台の場合、役だけではなくお客様とも呼吸を合わせようとする。

役とお客様との呼吸すべてが一致したときの快感。

これがたまらないんだ!ととびきりの笑顔でお話される中尾先生。

 

 

 

ご自身のお仕事に対する愛が伝わってきた場面でした!

 

 

 

その他にも、どんなに仕事がなくても自分のことを10人に認めてもらえなくても

11人目は認めてくれるかもしれない。

その11人目を「我慢」してどれだけ待ち続けることができるかが大切。

 

 

 

ただ待つだけではなく待ち方も大切。

何もないときに何をするのか。

 

 

というお話が心にしみました。

その他にもここには書ききれないほど素敵なお言葉がたくさんありました!

 

 

多くの声優の方々と家族のようにお付き合いしているという中尾先生。

人とのご縁を大切にすることも生きていく中でとても大切なことなのだと教わりました。

 

_MG_2137

楽しそうに講義を聴く学生たち

 

 

 

今回の講義は、声優など役者を目指していなくてもやりたいことに向かって頑張っている人や、人生に悩む若者みんなの心に響くお話ばかりでした。

 

 

学生たちからも

「今回の授業を聞いて自分の中にあった何かが弾け飛んだ気がします。(映画学科学生)」

 

 

「私も将来の仕事に対して中尾先生のような姿勢で挑みたいです(舞台芸術学科学生)

 

 

「一つこれを大切にしようと自信を持って言える人間にとても憧れを持ちました。

そして私もそんな人の目の前で憧憬をみせることができたらと。(キャラクターデザイン学科学生)」

 

などの感想が寄せられました!

 

 

今回はお忙しい中素敵な講義をしていただき本当にありがとうございました!

 

関連記事

<2122232425>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。