空間演出デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2020年1月20日  イベント

【2回生】かめおか霧の芸術祭へ出店しました!

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

今回は18日(土)、19日(日)に開催された『かめおか霧の芸術祭』で出店したマルシェの様子をお伝えします!

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

以前、お知らせしました ” 恵文社ゼミ “

かめおか霧の芸術祭では、作品の展示販売の他に芸術祭の運営にも関わりました!

 

 

 

 

開催会場の「ガレリアかめおか」では、多くの催しもあり、幅広い年齢の方が参加されていました。

 

 

晩秋から亀岡盆地を包む「霧」をキーテーマに、従来のアートのイメージを拡張させる芸術祭を目指し、

ガレリアかめおかと亀岡市内の文化施設やカフェを連携させ、

この1年間の活動の集大成ともいえるイベント”素顔のかめおか”として開催された芸術祭。

 

シンポジウムや美術作品の展示、亀岡のKIRICAFEの出店や、

亀岡市内や京都府内外から集まった生産者さんや作り手さんによるマルシェ、

芸術祭限定の楽しいイベントなど、盛りだくさんな2日間でした。

 

 

 

 

 

その中のマルシェと、運営を手伝ったKIRICAFEブースの様子をお伝えします!

 

 

▼会場となったガレリアかめおかの内観

吹き抜けや、広々とした空間にいろんなブースが!

IMG-0823IMG-0820

 

▼KIRICAFEブース

IMG-0800_DSC0027_DSC0022

普段もKIRICAFEにてアルバイトしている空デ学生の美味しいクレープの提供や、

ファッションコース酒井先生の珈琲の提供もありました★

(美味しそうに頬張ってるのは恵文社ゼミの2回生です)

 

 

 

 

▼かめおかアートマーケット(マルシェ)の様子!

_DSC0075_DSC0136_DSC0117_DSC0043

 

以前のブログでも紹介したように、今年度のテーマは「テーブルマナー」

 

いろんなアイテムやジュエリーが揃い、

足をとめて学生の説明を聞いてくださったり、可愛いー!と反応してくれていました。

 

▼学生自ら販売!

_DSC0060

 

 

 

また、初日の18日は芸術祭の参加メンバーでもあった山フーズの小檜山聡子(こびやま さとこ)さんに講評をいただきました!

 

▼まずは学生に山フーズの活動などをレクチャー

_DSC0152_DSC0147

 

講評会は夕方の17時くらいから開始したのですが、

いらしてた他のお客さんもなにかしら、と集まってくださったり、、、笑

 

レクチャーのあとは、それぞれのアイテムについてプレゼンをします!

 

_DSC0205_DSC0226

 

コンセプトや完成したもののストーリーなども合わせて発表。

小桧山さんも一人一人にコメントしてくださり、周囲で聞いているメンバーもメモをとったり、、

 

外部の方に講評いただくのもいい刺激になりますね!

 

 

 

 

▼販売される作品の一部を紹介、、、◯

 

_DSC0175_DSC0176_DSC0178_DSC0181

 

他にもまだまだ面白いアイテム揃っています!

 

明日より恵文社にて展示販売がスタートします!

芸術祭の時とは、また展示方法も変わりますので、ぜひ足をお運びください〜〜〜

 

 

 

日時:2020年1月21日(火)〜2月3日(月)

       : 10:00〜21:00 (最終日は16:00)

場所:恵文社一乗寺店 Gallery

         京都市左京区一乗寺寺払殿町10

 

 

 

 

お待ちしております!!

 

 

 

 

 

■ 山フーズ 小桧山聡子(こびやま さとこ)

>>>> SITE

>>>> Twitter

 

 

 

 

 

 

関連記事

<7891011>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。