映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年2月15日  ニュース

祝!! 『嵐電』が「キネマ旬報ベスト10」に入賞!!

【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』が、2019年度 第93回「キネマ旬報ベスト10」で第9位となりました!!

 

キャプチャ

 

先日の「映画芸術 」2019年日本映画ベストテンに第4位入賞したのに続き、【北白川派】始まって以来の輝ける快挙となりました!!

 

鈴木卓爾監督以下全スタッフ・キャストの皆さま、おめでとうございます!!

 

そしてこの映画に係わっていただきました皆さま、なによりこの映画を見ていただきました皆さま、誠にありがとうございました!!

 

IMG_4766

 

今回の受賞も、この作品に参加してくれた学生スタッフ・キャストたちにとって大きな誇りとなりました。

 

映画学科独自のプロジェクトである【北白川派】の意義は、プロと一緒に映画制作を通してキャリアを積むことにあります。

 

参加した学生ばかりではなく、映画学科の学生たちが各業界で活躍する先輩たちを追って、広く社会に羽ばたいて行くことを願っています。

 

IMG_6515

 

現在も『嵐電』は全国で公開中ですが、先日ブルーレイとDVDも発売され、レンタルも開始されています。

 

「オーディオコメンタリー」などの特典映像が多く収録されていますので、こちらの方もよろしくお願いします!!

 

IMG_5363

 

【北白川派】は第7弾として、山本起也監督『のさりの島』が今年公開を予定しています。

 

そして今月には第8弾となります福岡芳穂監督『チェイン-CHAIN(仮)』もクランクインします。

 

これからも映画学科の活躍にご期待ください!!

 

D0Za5qUUYAAYQYy

 

 

 

 

 

 

関連記事

<125126127128129>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。