美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2013年8月13日  イベント

【油画】合言葉は、「豊島で会おう、豊島に集まろう」

こんにちは。

久しぶりの更新、油画コースです。

 

毎日毎日ほんっとうに、暑いですね~

きのうは高知の四万十で41℃だったそう。ついに気温が体温を超えてしまいましたね…

こんなに暑いと外に出る気がなくなってしまいますが、そこをなんとか!!

皆さんに是非行って頂きたい場所があるんです

 

そう、豊島です!!

 

今週末、8月17日(土)から油画コースをはじめ、美術工芸学科の卒業生たちがグループ展を開催します!

せっかくの夏休み、お出かけしてみてくださ~い!

※熱中症には十分ご注意を。水分補給と暑さ対策は忘れずに。。

 

豊島おもて豊島うら

 

**** 豊島MEETING2013-ART in 片山邸 ****

 

会期: 2013年8月17日(土)~9月1日(日) ※火曜日休館 10:00~17:00(最終入館16:30)
会場: 香川県土庄町指定有形民俗文化財 片山邸(泉屋)

入場料: 500円(高校生以下無料)

 

【参加作家】  ◎は油画コースの卒業生

◎田中幹(博士課程3回生)、浅野夕紀(2006年度卒業)、小笠原周(2007年度卒業)、川上謙慈(2008年度卒業)

川上義弥、川北ゆう、小宮太郎(2012年度博士課程満期退学)、坂井良太(2009年度修了)

神馬啓佑(2010年度修了)、西垣肇也樹(2011年度修了)、北條裕人(2006年度修了生)、横山大介

 

 

★★ イベントスケジュール​

◆豊島史レクチャー 〜過去・現在・未来〜​

講師: 石井とおる(1960年豊島生まれ、元香川県議会議員)

日時: 8月17日(土)15:00〜16:30

参加費 :  400円

◆​豊島の民謡 × 即興パフォーマンス

出演: 角石博 (豊島盆踊り)、Yangjha (ダンス) & Jerry Gordon (サウンド)
日時: 8月31日(土)15:00〜

参加費 :  400円
【Yangjah + Jerry Gordon】
Yangjahは日本生まれ、大阪暮らしのコリアン・ディアスポラ。

アーティスト・ダンサー。パフォーマンスや映像作品を国内外で発表。
Jerry Gordonはロサンゼルス出身・大阪在住の即興音楽家/詩人。大阪・此花のMIIT Houseディレクター、で「Miniatures」を企画。
共に、さまざまなミュージシャン・ダンサー・映像作家・現代美術作家とのコラボレーションを通じて、即興の可能性を広げている。
http://miit-house.blogspot.jp/
http://yangjah.jimdo.com/

 

 

カフェ picnic cafe Ulala (ピクニック カフェ ウララ)

◆picnic cafe Ulala 豊島の食材を使ったカフェ
営業時間:11:00〜(火曜日定休)
会期中の平日、およびツアー日以外の土日

◆picnic cafe Ulala 島のおかあさんに習う手作り体験ツアー

日時:

ツアー1. 8月18日(日)10:00〜 ところてん、かんぴょうの手作り体験(@片山邸)
ツアー2. 8月24日(土)10:00〜 ごま採り体験(@片山邸※天候、作物の状態により体験内容の変更あり)
ツアー3 .8月31日(土)9:00〜 石釜でのパン作り体験(@藤崎邸)

参加費: 1500円(昼食付き)

定員: 18,24日は10名程度、31日は5名程度
応募〆切: 開催日の前日まで

連絡先: 090-9722-0263(担当:やまうち)、またはteshimameeting@gmail.comまでご連絡下さい。

 

 

詳細、アクセスはHPで確認 →→  http://teshimameeting.wix.com/art-in-katayamatei

 

さあ、みなさん!

豊島で会おう!豊島に集まろう!

 

関連記事

<567568569570571>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。