美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2014年5月10日  イベント

【BUKATSU】超絶技巧!ミスターXの正体は…!?

こんにちは。油画コースです。

今日はとってもいい天気です。BUKATSU日和ですね★

 

5月最初の美術工芸BUKATSUは細密描写 超絶技巧で描くビー玉でした。

顧問はミスターX。

まずはその正体を発表します!!

 

_DSC3295

安冨洋貴さんです!(写真は鉛筆削りの解説中)

本学大学院の修了生で、現在は画家としてご活躍されています。

安富さんの作品はすべて、鉛筆のみで描かれています。今日は細密描写について、たくさん教えて頂きました!

 

安富さんのブログはこちら >> http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/

★作品画像もご覧いただけます。是非!

 

 

▼ちなみに、今日使った道具はたったこれだけ。画用紙、鉛筆、消しゴム、ねり消し。

これだけあれば、細密描写が出来ちゃいます。

_DSC3299

 

▼まずは鉛筆を削りましょう。とっても大事な作業です。

カッターナイフの持ち方、手の動かし方、芯の長さ、木の部分の長さ…。 描きやすくするためのコツがいっぱいです。

_DSC3296 _DSC3297 _DSC3294

▼ハイ。仕上がりはこんな感じ。美しいです。

_DSC3303

 

▼みんなで一緒に削ります。初めての人も、なかなか上手。

_DSC3313_DSC3305

そして、準備が整ったら下描き。ビー玉をしっかり観察しましょう。

よ~く見て、よ~く見て。

 

木村克朗先生にも来て頂きました!

▼光の方向と陰影について。かげはどんな風に出来る?じっくり解説してもらっています。

_DSC3335 _DSC3334 _DSC3349

 

ところで、今回の写真、少し暗く見えませんか??

部屋が暗いのにも、ちゃんと理由があります。蛍光灯を半分消して、光の方向と量を調節しているんです。

みなさんも、家でデッサンをする時はライティングに気をつけて下さいね!モチーフの見え方が変わりますよ。

 

▼安冨さんの作品も見せて頂きました。スゴイ!!超絶技巧ですね。

_DSC3320

 

 

▼みんな、とっても集中して描いていました。

 

_DSC3382 _DSC3389

▼休憩用のジュースとお菓子も用意していましたが、全然減らない…(笑)

休憩なんてもったいない!と、一生懸命デッサンしていました。

_DSC3361

_DSC3341

 

あっという間の3時間でした!

まだまだ描き足りない、との声もありましたが、今回はここまで。

部活の時間が終わってやっと、みんなでおやつタイムになりました♪

 

次週のBUKATSUは「ろくろマジック2」です!

春の部活はまだまだ始まったばかり。次の報告も楽しみにしてて下さいね。

 

BUKATSU申込はコチラから >> http://www.kyoto-art.ac.jp/bukatsu_02/

 

関連記事

<463464465466467>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。