マンガ学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年6月18日  ニュース

【マンガ学科特集】先生紹介①-倉田よしみ先生ー

特集

こんにちは。副手の齋藤です。

今回はいつもとちょっと違ったブログにしてみました。

 

なぜなら!

今週の日曜6/22に『1日体験入学』があり、

それを筆頭に、7/13(日)の1日体験入学・7/26(土)27(日)

夏のオープンキャンパス、そしていよいよ8/5(火)6(水)、

7(木)8(金)の夏期コミュニケーション入試がはじまり、

本格的な受験シーズンとなります…!

 

受験生の皆さんは真剣に進路について考え、

大学選びや入試対策をしている頃ではないでしょうか?

 

そこで、現役京造マンガ学科の学生たちに

『高校生の頃マンガ学科を受験すると決めた時、マンガ学科の何を知りたかった?』

と聞いてみました。きっと受験生の皆さんが知りたがっていることと同じはず!

 

・何が学べるのか?

・教えて下さるマンガ家の先生は、どんな作品を描いていらっしゃる方なのか?

・どんな授業をしているのか?

・在学生の活躍は?

 

などなど。。

 

教えてもらった、『受験生のみんなが知りたいこと』を

普段のマンガ学科ブログ更新とは別に、『ピックアップ特集』として

大学HPでもなく、パンフレットでもなく

一番マンガ学科に近い、マンガ学科研究室のブログから定期的に

発信していけたらいいなと思っています◎

 

 

今週末に1日体験入学もありますので、

今回はその授業を担当して下さる先生のご紹介をしたいと思います◎

 

 

 

 

Print

経歴

先生紹介_細井先生

1973年ちばてつや先生のアシスタントとなる。

1978年フリーとなり、翌79年『萌え出ずる…』で第4回小学館新人

漫画賞入選。同作品がデビュー作と なる。

『四丁目大リーグ』『青春チケット』等を発表後、1983年「ビッグ

コミックオリジナル増刊号」で『味いちもんめ』(原作:あべ善太)

を発表。1986年「ビッグコミックスペリオール」創刊と同時に『味

いちもんめ』連載開始、2014年現在も連載中。

 

現在は創作活動以外に国際文化交流活動にも積極的に参加しています!

(前回のマレーシアでの講演についてのブログはこちら!)

 

担当されている授業2

・ワークショップ演習

授業紹介ブログ→http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=972

 

・制作実習F

授業紹介ブログ→ http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=7631

 

 

などなど…

 

 

 

経歴

☆お知らせ☆

 

そんな、倉田よしみ先生が教えて下さる

「京都造形芸術大学1日体験入学!オープンキャンパス」は

6月22日(日)に開催されます。

 

事前予約制となっているので、是非申し込んだ上で来てくださいね!

 

体験授業紹介

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc6-22/

申し込みフォーム

https://w2.axol.jp/entry15/kyoto-art/step01?f=41

経歴

 

 

 

 

関連記事

<330331332333334>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。