映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年8月18日  ニュース

「駒井家住宅」で五山の送り火

8月16日夜、「日本ナショナルトラスト」が保全する白川疎水沿いの「駒井家住宅」で「五山の送り火」を見て来ました。

 

0816-11

 

映画学科はここ「駒井家住宅」の屋内や庭などを卒制やゼミなどの撮影で使用させていただいており、学生たちも草取りなどの清掃や見学者のご案内などのボランティアに参加しています。

 

0816-9

 

この日は午後まで大雨洪水警報と雷注意報が発令される豪雨で開催されるか危ぶまれていましたが、夕方には小雨になり、日が暮れると雨もすっかり上がり、8時には例年通り東山如意ヶ嶽の「大文字」が夜空にくっきりと浮かび上がりました。

 

0816-12

 

8月は夏季休暇で「駒井家住宅」は見学出来ないのですが、この夜は近隣住民の方々を招き2階の窓から送り火を見ました。秋を感じさせる風と虫の音が気持ち良い夜でした。

 

0818-4

 

皆様もお時間があればぜひ一度「駒井家住宅」を訪れてみてはいかがでしょう。
またこの雰囲気の良い屋内や美しい庭を使った展覧会や上映会などを催すことも出来ますので相談してみて下さい。

 

P.S. スタッフの一人は「環境デザイン学科」の卒業生の方でした。

関連記事

<870871872873874>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。