キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2016年4月8日  イベント

「第12回ACジャパンCM学生賞」授賞式レポート

 

 

こんにちは! 四回生の小川円です。

先日お伝えした、新三回生の漁野朱香さんが受賞したACジャパンCM学生賞の授賞式が、先日東京で行われました。

今回は、広報担当として同行した小川がその模様をお届けします!

3月28日、東京赤坂、サントリーホール ブルーローズ!

ここで授賞式が行われました。

1

2

広いロビーは入っただけでわくわくしますね!

3

 続々と受賞者が集まるホール。

まずは優秀賞の発表、その後漁野さんが授賞した「審査員特別賞」の発表です。

4

大きなスクリーンで作品が上映されたあと、トロフィーと盾が贈られました。

5

6

今回、「審査員特別賞」は4作品が選ばれました。

グランプリ・準グランプリに次ぐ、栄誉ある素晴らしい賞です。

本当におめでとうございます!

7

野村先生とツーショット!

 8

四回生たちともパシャリ!

その後は去年に引き続き電通さんへお邪魔して、

現役で活躍されているクリエイターの方々を交えてお話を。

漁野さんの受賞作品や、四回生の作品集も見ていただくことができました。

ナマの現場でナマのクリエイターさんのお話を聞くことができ、たくさんの勉強になりました。

ACジャパンという誰もが知るCMの学生賞を受賞し、

公共CMの制作という初めての経験を通じて、色々なことが学べた一年間だったと思います。

この受賞を糧にして、今後もさらなる高みを目指してほしいと思います。

わたしも後輩に負けないようにがんばります!

漁野朱香さん、改めまして、「審査員特別賞」の受賞、本当におめでとうございます!

 

 

 

 

 

関連記事

<203204205206207>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。