こども芸術大学

ニュース

  • LINEで送る

2013年6月3日  ニュース

巨大迷路

今日は対話の時間にダンボールを使い

迷路をつくる活動をしました。

 

 

まずは、グループに分かれ迷路会議。

わくわくするアイデアが次々と飛び出します。

ダンボールに向かうとすぐに手が動き出し、

みるみるうちにかたちになってきます。

 

 

つくるときの真剣な目つきは職人のようです。

そして手を動かしていくうちに更に新しいアイデアが浮かんできているといった表情。

ながーいトンネルや

巨大な恐竜の手が屋根になったおうち。

たくさんの魚が泳ぐ釣り堀まで!釣竿つき!

穴から外をのぞいて友達と内緒の話。

 

こどもたちが見ている目線に合わせてみると、

そこにはわくわくさせられる素敵な世界が広がっていました。

今日はこどももお母さんもとても集中して活動に取り組めた一日でした。

 

ちなみに今日使ったダンボールは先日の創作の時間のダンボールを再利用しました。

(小林)

関連記事

<224225226227228>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。