映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年12月24日  ニュース

3回生ゼミ合評

昨日12月23日(金)に2016年最後の授業である「3回生ゼミ合評」がAスタジオで行なわれました。

 

IMG_5065 のコピー

 

今年の3回生ゼミ合評で発表された作品は以下の通りです。

 

【映画制作】

辻・村上組『しあわせのオカメウンコ』(青山・浜田ゼミ)

高橋・吉井組『B面』(福岡・鈴木卓爾ゼミ)

林組『THE CULT』(山本・栢野ゼミ)

 

【執筆】

閤師沙也華『「新世紀エヴァンゲリオン」における一体化への渇望』(北小路ゼミ)

植木咲楽『カルチェ』(安倍ゼミ)

宇佐美小春『猫とシャボン』(安倍ゼミ)

松見育穂『ma chérie』(安倍ゼミ)

 

IMG_4700 のコピー

 

3回生ゼミは脚本、批評ゼミもあり執筆された学生が先生方の講評を伺い、学生たちの質問に答えました。

 

IMG_4892 のコピー

 

この日は先週の2回生ゼミ合評と比べると先生方の批判がかなり多く飛び交い、活発な質疑応答が繰り返されました。

 

IMG_4680 のコピー

 

やはりこの日もBスタジオに実況中継され、他回生たちからの質問、意見も盛んになされました。

 

IMG_4679 のコピー

 

3回生たちは今日のたくさんの意見、批判などをそれぞれ真摯に受け止め、来期の卒業制作へと向かって行きます。

 

IMG_5241 のコピー

 

これから1年間かけてどう言った素晴らしい作品が出来るか期待しましょう。

 

IMG_4753 のコピー

 

関連記事

<465466467468469>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。